ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

アカシャ宇宙の叡智

      2010/09/01

ビュイック・ドライバー アカシャ宇宙の叡智 (超知ライブラリー 55)ゲリーの新しい書籍が発売されました。「ビュイックドライバー アカシャ宇宙の叡智」です。ビュイックドライバーの続編であり、今度は成長したゲリーが主人公の神秘のストーリー。現代は「Where Elephant Tango(像がタンゴを踊る場所)」というタイトルで、意味深な内容であることが伺えます。

ゲリーに会う度にこの本の話題になり、長年どのような内容なのかとワクワクしていました。「トミー、今度は『悪』が登場するよ」とか「『悪』とは一体何か分かるかい?」という話や、その他、それはまるで映画の世界のようでもある神秘な話を聞いていて、今までのゲリーのワークショップや書籍には語られていなかった内容が詰まっているように感じます。

また、翻訳された坂本さんともこの本について話を聞く機会がありましたが、何度も何度もゲリーと打ち合わせを重ね、時間を掛けてじっくりと翻訳され、坂本さんの熱意やゲリーの言葉をしっかりと伝えたいという気持ちが強く感じました。「トミ君、すごい内容だよ」と本の内容についても少し聞きましたが、ゲリーの今があるのは、やはり今までの体験があってからこそなんだなと感じます。結構厚い書籍なので、翻訳の労力もすごく感じます。

じっくりと読みたい一冊です。

ゲリーの本に興味があって、これから読み始める方にはビュイックドライバーシリーズが小説で読みやすいのでおすすめです。

ビュイック・ドライバー―新次元の叡智 (超知ライブラリー)
ビュイック・ドライバー―新次元の叡智 (超知ライブラリー)
アカシャ光の叡智 (超知ライブラリー)
アカシャ光の叡智 (超知ライブラリー)

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 映画・本・演劇 ,

Comment

  1. どい より:

    おぉー!!
    読んでみるっ!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

時間旅行

私たちは時間というツールに基づいて日々生活しています。時間とはとても便利で大切なもので、時間があるからこそ旅が出来たり、人とコミュニケーションを通して同じ場所で会うことができたり、様々なアート作品を作 …

Signs(サイン)

ナイトシャラマン監督作品のサインはとても分かりやすい形でシンクロニシティ(共時性:意味のある偶然的な出来事)を描いた作品だと感じています。 日本語タイトルは「サイン」ですが、英語タイトルは「Signs …

イルカの島

アーサークラーク著の「イルカの島」はイルカと少年とのコミュニケーションを描いたSF作品。設定が未来というのがとても興味深く、イルカと人間、イルカとのコミュニケーション、イルカと言葉などを描いている、ど …

明晰夢に効く映画 トゥルーマンショー

映画の世界には私たちの意識のシステムについて描かれているものがあります。今回ご紹介する映画は「トゥルーマン・ショー」。1998年公開のジムキャリー主演のSF作品です。 ジムキャリーが演じるトゥルーマン …

火の鳥 太陽編

手塚治のライフワークとも呼べる大作「火の鳥」。火の鳥は、宇宙の私達を作った存在や、宇宙エネルギーを象徴する鳥として描かれており、火の鳥はヤマト編や宇宙・生命編など、様々なタイトルがあります。その中でも …

サウンド・オブ・サンダー

映画「サウンド・オブ・サンダー」を見ました。この映画は、近未来が舞台。タイムトラベルを使って白亜紀に行き、恐竜ハントをするビジネスが立ち上がっています。全てコンピュータで管理されていて、過去を全く変え …

翼のない天使

ナイトシャマラン監督作品のメジャー映画作品の第一弾の「翼のない天使>」。英語タイトルが「Wide Awake」。小学生の男の子が、亡くなった祖父を探す旅に出て、「神様って本当に存在するのか?」の答えを …

アトランティスと現代

アトランティスは哲学者のプラトンによって記述され、今までに様々な検証がされてきている文明です。スピリチュアル的な観点から見れば、アトランティスは実験の場であり、何度も何度も実験が繰り返された文明です。 …

サマータイムマシン・ブルース

久しぶりにぐっと来る映画に出会いました。その名も「サマータイムマシン・ブルース」ヨーロッパ企画という劇団の代表作を映画化した作品ですが、時間の概念をうまーく描いているシュールなコメディです。よくある時 …

「夢」

福岡でのワークショップ&セッションが終わり、8月8日の結婚一周年記念日、そして今は実家の松本に帰省しています。 福岡については改めて書きたいと思います。 昨日は安曇野にある大王わさび農場へ妹夫婦達と行 …