ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

キッド(Disney’s The Kid)

   

実家に帰省していた時の話ですが、夜中1時過ぎ頃になっていて、そろそろ寝なきゃと思いつつテレビつけたらブルースウィリスの何やら映画がやってました。
何気に見ていたらだんだん面白くなってきてとうとう最後は感動で泣いてしまいました。最近見た映画の中では自分の中でナンバーワンくらいの映画でした。東京戻ってきてから早速DVDを購入してしまいました。

この映画は「キッド【英語タイトル:Disney’s The Kid】」というタイトルでブルースウィルス主演のものです。

40歳の誕生日を目前に控えたイメージコンサルタントである主役の元に
なんと8歳を目前に控えた子供の頃の自分自身が現れます。
はじめは幻覚かと思っていたのが幻覚ではなく現実であると認識します。
そして何故子供の頃の自分が現れたかを意識しはじめ、それは自分の内側に
子供の頃の眠っている想いがあるからであると気付きます。
最後はその想いに気付き、そしてある人物と出会い全ての夢を現実化しはじめる。と、これから観る人もいると思うのであいまいにまとめてみましたが、
こんな感じの映画です。

この映画にはたくさんの夢を現実化させるヒントが隠されています。
この辺はさすがディズニーの映画だなと思いました。
ディズニーの名言、
「If you can dream it, you can do it.」
(夢を見ることができれば、なんでも実現できる」
がありますが、まさにこのことを描いている映画だと強く実感しました。

現実化法としては、今の時点から未来のヴィジョンを描き行動することですが、この映画からそのヴィジョンの描き方と行動についての気付きがありました。
それは、「実際に自分がその夢を現実化するなら今何をすべきか」
ということです。
そして、「自分が思い描く夢というものは、全て現実化できるものだ」
ということがこの映画で実感できました。

夢がなかなか実らない、今何をすべきか分からない、本当に自分は何がやりたいのか、等不安に思っている方にお奨めしたい映画です。
また夢の現実化に興味ある方も是非観てみてください。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 映画・本・演劇

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

レディ・イン・ザ・ウォーター

ナイト・シャマラン監督の最新作「レディ・イン・ザ・ウォーター」を観にいってきました。ナイトシャマラン監督の作品は、いつも現代に対するタイムリーなテーマを提示しているように感じるので、今回は何も事前に情 …

翼のない天使

ナイトシャマラン監督作品のメジャー映画作品の第一弾の「翼のない天使>」。英語タイトルが「Wide Awake」。小学生の男の子が、亡くなった祖父を探す旅に出て、「神様って本当に存在するのか?」の答えを …

no image
新・光の12日間

ゲリーの最新作『新・光の12日間―5次元へのシフト』が発売されました。以前発売された光の12日間を修正し、またゲリーのインタビューも追加されています。2011年~2012年のシフトと葛藤について、世界 …

The Blue Butterfly

「天国の青い蝶(The Blue Butterfly)」という映画があります。この映画は人間の可能性について非常に興味深く描かれています。話は余命僅かの少年が夢であった幻の青い蝶「ブルーモルフォ」を捕 …

アカシャ光の叡智

ゲリーの最新作「アカシャ光の叡智」が徳間書店から発売されました。これは前作の「ビュイック・ドライバー」の続編になり、ゲリー少年の幼少期の体験を元に、光の12日間やアカシャについて、そして今この瞬間を葛 …

no image
恋はデジャブ

「恋はデジャブ」という映画ご存知ですか?日本語のタイトルだとコミカルなイメージがありますが、英語タイトルが「Groundhog Day」と言います。ゴーストバスターズに出演しているビル・マーレイが主人 …

Cocoon(コクーン)

85年に製作されたデイヴィッド・サパーステイン原作、ロン・ハワード監督の映画「Cocoon(コクーン)」をDVDで観ました。 この映画は昔よくテレビでやっていて観るチャンスは結構あったんですが、なぜか …

no image
2010

2010年まで後2年ちょっとですね。その次の年は遂に2011年に・・・この世界では時間って本当に貴重だなと思います。時間があるからこそ、悲しみだけでなく、日々楽しさや喜びを感じられますし、展開していく …

CHILDHOOD’S END

CHILDHOOD’S END。最近ピンッと来ている言葉です。CHILDHOOD’S ENDとは日本語で言うと「幼年期の終わり」という意味になります。最近80~90年代のJ-P …

アカシャ宇宙の叡智

ゲリーの新しい書籍が発売されました。「ビュイックドライバー アカシャ宇宙の叡智」です。ビュイックドライバーの続編であり、今度は成長したゲリーが主人公の神秘のストーリー。現代は「Where Elepha …