ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

キッド(Disney’s The Kid)

   

実家に帰省していた時の話ですが、夜中1時過ぎ頃になっていて、そろそろ寝なきゃと思いつつテレビつけたらブルースウィリスの何やら映画がやってました。
何気に見ていたらだんだん面白くなってきてとうとう最後は感動で泣いてしまいました。最近見た映画の中では自分の中でナンバーワンくらいの映画でした。東京戻ってきてから早速DVDを購入してしまいました。

この映画は「キッド【英語タイトル:Disney’s The Kid】」というタイトルでブルースウィルス主演のものです。

40歳の誕生日を目前に控えたイメージコンサルタントである主役の元に
なんと8歳を目前に控えた子供の頃の自分自身が現れます。
はじめは幻覚かと思っていたのが幻覚ではなく現実であると認識します。
そして何故子供の頃の自分が現れたかを意識しはじめ、それは自分の内側に
子供の頃の眠っている想いがあるからであると気付きます。
最後はその想いに気付き、そしてある人物と出会い全ての夢を現実化しはじめる。と、これから観る人もいると思うのであいまいにまとめてみましたが、
こんな感じの映画です。

この映画にはたくさんの夢を現実化させるヒントが隠されています。
この辺はさすがディズニーの映画だなと思いました。
ディズニーの名言、
「If you can dream it, you can do it.」
(夢を見ることができれば、なんでも実現できる」
がありますが、まさにこのことを描いている映画だと強く実感しました。

現実化法としては、今の時点から未来のヴィジョンを描き行動することですが、この映画からそのヴィジョンの描き方と行動についての気付きがありました。
それは、「実際に自分がその夢を現実化するなら今何をすべきか」
ということです。
そして、「自分が思い描く夢というものは、全て現実化できるものだ」
ということがこの映画で実感できました。

夢がなかなか実らない、今何をすべきか分からない、本当に自分は何がやりたいのか、等不安に思っている方にお奨めしたい映画です。
また夢の現実化に興味ある方も是非観てみてください。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 映画・本・演劇

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ONE

リチャードバック著の「ONE(ワン)」は、まさにパラレルワールド(平行次元)、そしてオーバーソウルについてうまく表現している作品です。 ストーリーとして描き、分かりやすく多次元的な「私」について説明し …

no image
救世主入門とニジンスキー寓話

有吉京子さんのコミック「救世主入門」を先日読みましたが、とても深くて鋭い作品だと感じました。 1巻と2巻のみで、オムニバス形式でストーリーは展開していきますが、それぞれのストーリーが今この瞬間を生きる …

千と千尋の神隠し

「千と千尋の神隠し」は僕が大好きな映画の1つです。 初めて見たとき大きな衝撃を受けたのをよく覚えています。 突然あの異空間に行き、そして湯屋での不思議な体験。 宮崎映画特有の綺麗な風景の描写や、ストー …

ターミナル

昨日は友人とトムハンクス主演「ターミナル」を観て来ました。 スピルバーグ監督作品ということで、きっと深い内容でシリアスな作品だろうと考えていました。しかし、実際はもちろん非常に深い気付きがありましたが …

ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コードが映画化されたとのことで、公開初日に早速観にいってきました。さすがに上下二冊の内容を2時間30分程にまとめるのには困難があるように感じましたが、様々な映像を駆使して一つのストーリー …

時間旅行

私たちは時間というツールに基づいて日々生活しています。時間とはとても便利で大切なもので、時間があるからこそ旅が出来たり、人とコミュニケーションを通して同じ場所で会うことができたり、様々なアート作品を作 …

イリュージョン

リチャードバックの作品「イリュージョン」はこの世のシステムを「ある状態」から描いた作品です。 遊覧飛行で生計を立てているリチャードが、かつては救世主だったと言うリチャード・シモダと出会うことからストー …

no image
2010

2010年まで後2年ちょっとですね。その次の年は遂に2011年に・・・この世界では時間って本当に貴重だなと思います。時間があるからこそ、悲しみだけでなく、日々楽しさや喜びを感じられますし、展開していく …

no image
黄泉がえり

こんにちは!「黄泉がえり」を紹介してくれてありがとうです。遂に観ましたよ。その感想を書いてみました。

「夢」

福岡でのワークショップ&セッションが終わり、8月8日の結婚一周年記念日、そして今は実家の松本に帰省しています。 福岡については改めて書きたいと思います。 昨日は安曇野にある大王わさび農場へ妹夫婦達と行 …