ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

ターミナル

   

995f317f.jpg昨日は友人とトムハンクス主演「ターミナル」を観て来ました。
スピルバーグ監督作品ということで、きっと深い内容でシリアスな作品だろうと考えていました。しかし、実際はもちろん非常に深い気付きがありましたが、シュールな笑いがあり、Mr.Bean的な笑いを連想してしまうほど楽しい映画でもありました。

副題として「Life is waiting」があるように、まさに「待つこと」の大切さを描いているように感じました。


映画はトムハンクスが演じるビクターがクロコウジアという国からニューヨークのJFK空港にやってきますが、クロコウジアでクーデターが起こり国が消滅してしまうがために入国も帰国もできなくなるというところから始まります。結局ビクターは空港でクロコウジアが復活するまで待つことになります。ビクターはある約束を果たすためにニューヨークへやってきました。しかし、足止めでそれが実現できないまま待ち続けます。待っている間様々な人との交流を通していろいろなドラマがあり、ビクター自身も英語が話せるようになったりと進化していくんです。詳細は是非見てみてくださいね。

僕はこの映画を観て、「待つこと」とは「成長すること」であり、
今の私達の状態であると感じています。
待つという状態は、一見忍耐で辛いことのように感じますが、
実は待つことは、行動が伴い、待っているイベントを現実化するため
の共鳴要因を創造することだと分かりました。

私達もあるタイミングに向けて待っています。しかし、そのポイントに向かうには私達は行動をして様々な出来事を観察し「自分を知る」ことが必要だと感じます。

僕も今様々な出来事を待っている状態です。エンジョイすることを行動に移し待ちたいと思います。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 映画・本・演劇

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

砂漠の知恵

大野百合子さんのブログで紹介していたいだいた「砂漠の知恵」を早速読んでみました。この作品は古代エジプトの砂漠で生活していたキリスト教の師父母たちの言行録で、日本風な墨絵のイラストと共にメッセージが書か …

no image
AVATAR

川崎109シネマズIMAXの3DでAVATARを観てきました。いやぁ、驚きました。遂に新しい映像の世界に突入という感じですね。 IMAXの大画面での3D映像。しかも、映画の内容もスピリチュアル的な要素 …

no image
“I see you” from Avatar

昨日、川崎のIMAXに二度目のアバターを観てきました。前回は、その映像で圧倒されてしまった面が大きかったので、今回はストーリーに注意を払って観てきました。 アバターには、現代の物質社会に対するメッセー …

オーロラの彼方へ(Frequency)

オーロラ。最近、僕の中でキーワードになっている言葉です。そして出会ったのが「オーロラの彼方へ(英題:Frequency【周波数】)」という映画。 この映画は30年振りに現れたオーロラが引き金となり、ハ …

no image
スピリチュアルかあさん

友人のゆりっぺ(大野百合子さん)の娘さんの大野舞さんがコミックエッセイを発売しました。そのタイトルも「スピリチュアルかあさん」。 ゆりっぺの生態?を楽しく描いている作品で、ほのぼのと楽しく読めます。ゆ …

千と千尋の神隠し

「千と千尋の神隠し」は僕が大好きな映画の1つです。 初めて見たとき大きな衝撃を受けたのをよく覚えています。 突然あの異空間に行き、そして湯屋での不思議な体験。 宮崎映画特有の綺麗な風景の描写や、ストー …

イルカの島

アーサークラーク著の「イルカの島」はイルカと少年とのコミュニケーションを描いたSF作品。設定が未来というのがとても興味深く、イルカと人間、イルカとのコミュニケーション、イルカと言葉などを描いている、ど …

The Abyss(アビス)

ジェームズキャメロン監督の名作「アビス」は意識を大きく揺さぶられた映画です。人間のエゴや葛藤から作り出された現実により、自ら危機を作り出している時、「彼ら」は人類に警告を発するためにあるメッセージを送 …

ハート・オブ・ザ・シー

千葉県和田浦を舞台にした映画「ハート・オブ・ザ・シー」は僕にとって、とても思い出深い映画です。杉山清貴さんのビーチクリーンコンサートを開催するまでのストーリーの中に、海の自然や、そこで暮らしている人た …

百億の昼と千億の夜

「百億の昼と千億の夜」はアトランティスの崩壊の意図から、今の地球のシステムの関係等を非常に上手くまとめている作品です。元々は光瀬龍さんの小説だったものを萩尾望都さんが漫画化した作品で、イラストでストー …