ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

ターミナル

   

995f317f.jpg昨日は友人とトムハンクス主演「ターミナル」を観て来ました。
スピルバーグ監督作品ということで、きっと深い内容でシリアスな作品だろうと考えていました。しかし、実際はもちろん非常に深い気付きがありましたが、シュールな笑いがあり、Mr.Bean的な笑いを連想してしまうほど楽しい映画でもありました。

副題として「Life is waiting」があるように、まさに「待つこと」の大切さを描いているように感じました。


映画はトムハンクスが演じるビクターがクロコウジアという国からニューヨークのJFK空港にやってきますが、クロコウジアでクーデターが起こり国が消滅してしまうがために入国も帰国もできなくなるというところから始まります。結局ビクターは空港でクロコウジアが復活するまで待つことになります。ビクターはある約束を果たすためにニューヨークへやってきました。しかし、足止めでそれが実現できないまま待ち続けます。待っている間様々な人との交流を通していろいろなドラマがあり、ビクター自身も英語が話せるようになったりと進化していくんです。詳細は是非見てみてくださいね。

僕はこの映画を観て、「待つこと」とは「成長すること」であり、
今の私達の状態であると感じています。
待つという状態は、一見忍耐で辛いことのように感じますが、
実は待つことは、行動が伴い、待っているイベントを現実化するため
の共鳴要因を創造することだと分かりました。

私達もあるタイミングに向けて待っています。しかし、そのポイントに向かうには私達は行動をして様々な出来事を観察し「自分を知る」ことが必要だと感じます。

僕も今様々な出来事を待っている状態です。エンジョイすることを行動に移し待ちたいと思います。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 映画・本・演劇

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アバターと繋がるために

天使等の著書で著名なドリーンバーチューさんの「願いを叶える77の扉―大天使とマスターを呼ぶ」をおすすめします。この本は、アバターと呼ばれる存在や天使達の種類や意図を明確に記載されています。どんな状況の …

CHILDHOOD’S END

CHILDHOOD’S END。最近ピンッと来ている言葉です。CHILDHOOD’S ENDとは日本語で言うと「幼年期の終わり」という意味になります。最近80~90年代のJ-P …

アトランティスと現代

アトランティスは哲学者のプラトンによって記述され、今までに様々な検証がされてきている文明です。スピリチュアル的な観点から見れば、アトランティスは実験の場であり、何度も何度も実験が繰り返された文明です。 …

13F

仮想現実の概念を使ってこの地球のシステムを描いている作品「13F:The Thirteenth Floor」です。複数存在するタイムラインと空間の概念を分かりやすく表現しているように感じました。この世 …

火の鳥 太陽編

手塚治のライフワークとも呼べる大作「火の鳥」。火の鳥は、宇宙の私達を作った存在や、宇宙エネルギーを象徴する鳥として描かれており、火の鳥はヤマト編や宇宙・生命編など、様々なタイトルがあります。その中でも …

未来人ジョン・タイターの大予言

バハマから帰って来てから、様々な時間に関する情報が入ってくるようになりました。バミューダトライアングルという土地にはそのような意図があるのかもしれませんね。バハマから帰国してから、横浜の本屋さんに入り …

no image
となりのトトロ

言わずと知れた宮崎映画の傑作の「となりのトトロ」。テレビ等でも数回観た方も多いのではないでしょうか。この作品はいつ見ても何とも言えない懐かしい感じや、ファンタジーの世界、そして心温まる家族像、古き良き …

Cocoon(コクーン)

85年に製作されたデイヴィッド・サパーステイン原作、ロン・ハワード監督の映画「Cocoon(コクーン)」をDVDで観ました。 この映画は昔よくテレビでやっていて観るチャンスは結構あったんですが、なぜか …

「夢」

福岡でのワークショップ&セッションが終わり、8月8日の結婚一周年記念日、そして今は実家の松本に帰省しています。 福岡については改めて書きたいと思います。 昨日は安曇野にある大王わさび農場へ妹夫婦達と行 …

no image
恋はデジャブ

「恋はデジャブ」という映画ご存知ですか?日本語のタイトルだとコミカルなイメージがありますが、英語タイトルが「Groundhog Day」と言います。ゴーストバスターズに出演しているビル・マーレイが主人 …