ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

Cocoon(コクーン)

   

85年に製作されたデイヴィッド・サパーステイン原作、ロン・ハワード監督の映画「Cocoon(コクーン)」をDVDで観ました。
この映画は昔よくテレビでやっていて観るチャンスは結構あったんですが、なぜか避けていました。思い込みで難しそうなSF作品じゃないかと思っていた点が大きかった感じです。

しかし、友人の薦めもあり、また同時に気になり始めDVDを購入し本日遂に観る事ができました。まさに今のタイミングで見るべき映画だったと感じました。昔観ていたら、恐らく単なるSF作品として観ていたと感じます。

この作品はフロリダの老人ホームの老人たちと、アンタレス星から100世紀前にやって来てアトランティスの沈没と同時に海に沈んでしまった仲間を救出するために来たアンタレス星人との交流を描いた作品です。

場面はフロリダのメキシコ湾の美しい海を描き出し、象徴的にイルカ君達がたくさん描かれています。キーワードとしては、アトランティスの崩壊、イルカの存在、エイリアンとの交流、ヒーリング(アンチエイジング)、光の中に進むこと、等が挙げられると感じます。

イルカはまさに無邪気さ、無限の愛、遊ぶこと等を象徴している生命体です。イルカのように遊ぶ心が大切だというメッセージが描かれていると感じました。イルカとエイリアンとの関係性も印象的でした。
最後に老人達が光の中に進む場面があり、それをある子供が笑顔で見送るような場面がありますが、これはまさにこれからの私たちの進む道を象徴しているようでした。今、たくさんのクリスタルチルドレンと呼ばれるある意図を強く持った子供達が生まれてきているようです。

今月は、フロリダにイルカに会いに行ってきます。場所もほぼ同じで、この映画の意図のような展開になるような感じがしてゾクッとしました。フランスからお越しになったYさんのメッセージとも共鳴しますし。うーん、ほんとどんなものでもメッセージになっているんですね。そして、例え昔の古いものでさえも今に生かされているんですね。メッセージとの出会いは完璧なタイミングになっています。

この映画のもう一つのメッセージとして「永遠」についてがありました。
エイリアン達にとっては「永遠」という概念は無いと描かれていました。
これは、つまり全て存在し続けているということだと感じました。
始まりもなければ、終わりも無い状態。一見矛盾していそうですが、矛盾の間に本当の姿が隠されていることが多いものです。永遠とは「今」の連続ということなんでしょうね。

これからのユニティの時代に興味がある方でまだ観ていない方は是非観てみてください。続編があるようなので、また観てみたいと思います。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - イルカ・ドルフィン, 映画・本・演劇

Comment

  1. さかけん より:

    富君
    おおっ!!
    コクーン観たんだ!!
    (オープニングの光の柱とイルカのお迎えからして深いよね)
    富君がこの時期に観るのも流れを感じるよ♪
    なんてったってフロリダ直前だもんね。(場所もネ♪)
    おいらもこの間の小笠原ドルフィンツアーの直前に観たし。
    そうそう。例のチャネリングの方においらにとっての小笠原ツアーの意味を聞いたら「癒しに繋がる」「ハートでのコミュニケーションをした」と言われたよ。
    富君のブログをもう一度読み返そうと思います。
    >ウスシックス
    お勧めしてもらった幣立神宮に九州旅行で行ってきたよ。
    とてもパワフルだった!!
    そして九州の山奥に素晴らしい神社がひっそりとあるということに、日本の圧倒的な奥ゆかしさと素晴らしさを感じたよ。
    紹介してくれてありがとう。楽しんで幣立に行ってきてね!!

  2. より:

    >さかけんさん
    コメントありがとうです。コクーン紹介してくれてありがとうです。
    遂に見ました。ブログに書いた通り昔から気になっていたんです。
    イルカ君達のエネルギーの高さと意図を強く感じました。
    例のセッションも有意義だったようですね。小笠原はまさにジョイということだね。またブログを読んで思い出してみてください。
    あっ、ちなみに、ウスシックスは木村君ではないです(^_^;)
    謎の友人です。(^_^)きっとさかけんさんとも縁があると思いますよ。
    これを切欠に友達になるのはいいかもしれない。なんて勝手に思ってます。では!

  3. さかけん より:

    エー!!違うんだ。てっきりそうなんだと思ってた(笑)
    お二人に申し訳ないね(笑)
    ウスシックスさん!!直にお会いできるのをとても楽しみにしています。

  4. kiyo(kiyomi) より:

    今晩は、富くん、コクーン観たんだ!私も大好きで(いつかこうなる!素敵だな~って漠然と、思ってて…)何度も観ていました。(^o^)丿今日は吉野の玉置神社へ行って来ました。途中ネコマタの滝で龍と出逢い、山道では鳶が目の前で飛び立ったり食事中の鹿さんと目が会ったり三匹のサル…最後のしめは、蛇を捕まえた鳶達と出会えました。こんなに野生動物と出会うなんて!ワクワクルンルン♪(主人は襲われる!って慌てて窓を閉めてましたが(^-^;))楽しかったです。坐骨骨折も完治しパワーアップ!!フロリダのイルカ君達によろぴく(^_^)/~

  5. より:

    > kiyoさん
    コメントありがとうです。コクーンのような体験がきっとあるでしょうね。楽しみですね。
    吉野に行かれたんですね。非常に象徴的な出来事を体験されてますね。
    野生動物の様々な体験は、まさにご自身の現在の意識を象徴しているようですね。今後の展開も楽しみなところですね。
    骨折も完治されたようでなによりです。
    来週はいよいよフロリダでワクワクしています。またブログで体験談をご報告します。お楽しみに!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ドルフィンスイム

無事参加者全員がイルカと泳げました。一緒に並んで泳いだり。また明日が楽しみです。 The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 …

no image
ドルフィンスイム&ワークショップ

今年の7月に「イルカの島ネイチャー&ミスティックツアー」と題して、御蔵島でのワークショップが決定しました。アクリスとの初のコラボレーションになります。「本当に楽しんでいいんだ♪」ということを実感するた …

奇跡の輝き What dream may come

ロビンウィリアムス主演の「奇蹟の輝き」をご紹介。ちょっとストーリー自体は悲しいんですが、この映画は肉体から魂意識が離れて、再び転生をしてくるシステムを映画としてうまく描いている作品です。また、アートが …

no image
恋はデジャブ

「恋はデジャブ」という映画ご存知ですか?日本語のタイトルだとコミカルなイメージがありますが、英語タイトルが「Groundhog Day」と言います。ゴーストバスターズに出演しているビル・マーレイが主人 …

ドルフィンマインドの3要素

4/9(月)の19時より五反田JMAスペースにて第2回目のドルフィンマインドを開催しました。多くの方にご参加いただきました。ありがとうございました。 今回のドルフィンマインドは「イルカのようにチャンネ …

no image
イルカの声

イルカの持つ特徴的な能力、それは「エコロケーション」という音を使ったコミュニケーションテクノロジーです。メロン体と呼ばれる部分から音を響かせ、物体の音の共鳴をアンテナの受信装置のような口ばしで音の反射 …

no image
黄泉がえり

こんにちは!「黄泉がえり」を紹介してくれてありがとうです。遂に観ましたよ。その感想を書いてみました。

CHILDHOOD’S END

CHILDHOOD’S END。最近ピンッと来ている言葉です。CHILDHOOD’S ENDとは日本語で言うと「幼年期の終わり」という意味になります。最近80~90年代のJ-P …

MAKOTO

友人と日本映画「MAKOTO」を観てきました。 この映画はこの世にメッセージを残している存在達を見ることができるサイキックな監察医であるMAKOTOを主人公とした作品で、深いスピリチュアルなメッセージ …

no image
新・光の12日間

ゲリーの最新作『新・光の12日間―5次元へのシフト』が発売されました。以前発売された光の12日間を修正し、またゲリーのインタビューも追加されています。2011年~2012年のシフトと葛藤について、世界 …