ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

千と千尋の神隠し

   

「千と千尋の神隠し」は僕が大好きな映画の1つです。
初めて見たとき大きな衝撃を受けたのをよく覚えています。
突然あの異空間に行き、そして湯屋での不思議な体験。
宮崎映画特有の綺麗な風景の描写や、ストーリー展開にすごく魅力を感じました。
また何とも言えない懐かしさのような感覚もありました。

DVDを購入して何度も観ましたが、昨日改めて観たところ新たな衝撃がありました。

ハクが「ニギハヤミコハクヌシ」という川の主であり、千尋が小さい頃川に
落ちた時に助けたことを思い出した所が僕の中で最も感動し、「なるほどっ」
と感じた場面ですが、この「思い出す」ということは非常に大きなエネルギーが
生まれる瞬間だと感じます。
この場面でも、「龍」の姿をしたハクが思い出した瞬間大きな衝撃があり
龍の姿が破壊され、ハクの姿に戻りました。龍はこの3次元から5次元へと
繋ぐ乗り物(ネットワーク)の象徴です。

そして、最後の場面。湯屋を後にし、お父さんとお母さんと再会を
果たしたシーン。その瞬間は、湯屋での出来事がまるで無かったかのように
時空間を越えて元の現実に戻りました。しかし、千尋の紙には湯屋の世界で
一緒に旅をしたメンバーのエネルギーが入っている紫色の髪留めが使われています。
あの世界は幻想ではなく実在したということですよね。

「千と千尋の神隠し」は5次元と3次元の様子を分かりやすく描いている映画であると僕は感じました。そして、重要なのは「思い出す」ということ。
これは、英語で「Remember」ですね。Reは日本語で「再び」というニュアンスが
あります。つまり、Rememberとは「再びメンバーになる」ということです。

ハクが思い出したあの瞬間、それは本当に本当に大きな瞬間です。今までの出来事の一つ一つの意図が見え、なぜ今ここにいるのかの理由が瞬間に襲ってくる瞬間です。

その後、千尋はどのようにこの現実を生き、ハクはどのように進化をしていくのか興味があります。きっと、ある段階で千尋は湯屋の世界に戻るんじゃないかな、なんて思います。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 映画・本・演劇

Comment

  1. senjyunoitte より:

    「千と千尋の神隠し」ボクも大好きです。ジブリの中でも1番好きです。
    名前の『千』にも親近感があってw
    「思い出すという瞬間」ボクも感じてみたいなぁ~w

  2. とみ より:

    コメントどうもありがとうです。
    確かに「千」って付きますね。こういうのも面白い瞬間だし、何かのメッセージかもしれませんよね。
    「思い出す瞬間」は誰にでも来るものだと思います。その瞬間をお楽しみに!

  3. 千晶 より:

    こんにちはー、富さん。アムスの千晶です。
    その場面一番大好きなのですー。いつもここで号泣する私。
    そう、まさに思い出したーーっていう瞬間のエネルギーすごいですよね。
    映画ながら、震えましたよ。
    私もアムスにきて、少しずつ思い出してきました。不思議な街です。
    ドラゴンにも縁があるので、思い出せるのを楽しみにしていますー。

  4. とみ より:

    ハーイ、千晶さん。
    あの場面本当にいいですよね~。
    しかも川の主というところもポイントかなって思います。
    日本だと三途の川で表現されているように、次の次元の境界線を
    川で表現してるのかなって思いました。結構あの映画で川が描かれてますよね。
    アムスは本当に不思議な街だと感じました。ドラゴンも思い出せるかもですね。とりあえずは、ベルビューホテル近くの龍という中華料理屋さんに
    行くべし(^_^;)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

百億の昼と千億の夜

「百億の昼と千億の夜」はアトランティスの崩壊の意図から、今の地球のシステムの関係等を非常に上手くまとめている作品です。元々は光瀬龍さんの小説だったものを萩尾望都さんが漫画化した作品で、イラストでストー …

夢の視点

今この瞬間も夢が続いています。寝ている時に見ていた夢は今も続いています。 一般的には、脳波がシータ波という状態になった時に私たちは夢を見ていると言われていますが、夢は様々なレベルで起こります。ふとした …

MAKOTO

友人と日本映画「MAKOTO」を観てきました。 この映画はこの世にメッセージを残している存在達を見ることができるサイキックな監察医であるMAKOTOを主人公とした作品で、深いスピリチュアルなメッセージ …

no image
新・光の12日間

ゲリーの最新作『新・光の12日間―5次元へのシフト』が発売されました。以前発売された光の12日間を修正し、またゲリーのインタビューも追加されています。2011年~2012年のシフトと葛藤について、世界 …

3年B組金八先生シリーズ5

最近ふと気になり昔録画しておいた3年B組金八先生のシリーズ5を観ました。毎回金八先生は教育問題や社会問題を大きく取り上げていますが、第5シリーズは主に家庭についての問題も取り上げています。引きこもりの …

no image
恋はデジャブ

「恋はデジャブ」という映画ご存知ですか?日本語のタイトルだとコミカルなイメージがありますが、英語タイトルが「Groundhog Day」と言います。ゴーストバスターズに出演しているビル・マーレイが主人 …

Signs(サイン)

ナイトシャラマン監督作品のサインはとても分かりやすい形でシンクロニシティ(共時性:意味のある偶然的な出来事)を描いた作品だと感じています。 日本語タイトルは「サイン」ですが、英語タイトルは「Signs …

The Abyss(アビス)

ジェームズキャメロン監督の名作「アビス」は意識を大きく揺さぶられた映画です。人間のエゴや葛藤から作り出された現実により、自ら危機を作り出している時、「彼ら」は人類に警告を発するためにあるメッセージを送 …

イリュージョン

リチャードバックの作品「イリュージョン」はこの世のシステムを「ある状態」から描いた作品です。 遊覧飛行で生計を立てているリチャードが、かつては救世主だったと言うリチャード・シモダと出会うことからストー …

「夢」

福岡でのワークショップ&セッションが終わり、8月8日の結婚一周年記念日、そして今は実家の松本に帰省しています。 福岡については改めて書きたいと思います。 昨日は安曇野にある大王わさび農場へ妹夫婦達と行 …