WBC Vol.1 「リモートビューイングワークについて」動画ニュース

ワールドブルーがお送りするニュース動画、名付けて「World Blue Channel」です。その第1回は先週掲載させていただいたリモートビューイングのワークショップについてです。若干、映像的に粗いかもしれませんが、第1回ということでご容赦ください。今後改善していきます。内容もゆるい感じでご覧ください。もちろん、僕の頭の上にある光は電気ではなくて天使の輪的なものかUFOです。そんなテカリ具合もエンジョイしてください。

httpv://www.youtube.com/watch?v=ziWYMlG7Dns


8/21(土)・22(日)に仙台にて「リモートビューイングワークショップ in 仙台」を開催。ゲリーボーネル氏と共同開発したプログラムです。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

WBC Vol.1 「リモートビューイングワークについて」動画ニュース” に対して1件のコメントがあります。

  1. saorin より:

    リモートビューィングの動画ニュース観ました~。
    スゴイです。
    インド料理の質問に答えているのも、親近感がわきました。
    きっと、トミーさんに会った事がない人も、「会ってみたい」と思うかもしれないですね~♪
    動画ニュース、楽しみにしてますね~。

    1. とみ より:

      >saorinさん
      こんにちは。動画のニュースをご覧いただきありがとうございます。ざっくばらんでありながら、和気藹々とした雰囲気が伝われば嬉しいです(^_^;)第二回目の動画ニュースも近日公開しますね。

  2. UFO より:

    こんにちは、いつもブログ楽しく拝見させていただいております。
    私は、以前リモートビューイングを習ったことがありますが、富さんとゲリーさんのコラボでのRVは一味違いそうですね。
    ところで、昨日富さんのお勧め本「新・光の12日間」を読み始めたんです。
    読んでいるうちに、だんだん眠くなり…
    夢と現実のはざ間のようでしたが、本に書いてあるような内容のとても奇妙な体験をしました。
    言葉では言い表し難いのですが、とにかく本に書いてるような内容で、ころころ場面が変わり…
    今まで、体験したことのない感覚を覚えました。
    ある場面では、心地よく。また、ある場面では葛藤に苦しみ。
    苦しんでいるとき、私の幼い娘が起こしにきて
    「ママ、起きて!」と、私を現実へ引き戻してくれました。
    不思議なことってあるんですね~。
    今日は、本の続きを読みたいと思います。

    1. とみ より:

      >UFOさん
      こんにちは。コメントありがとうございます。
      興味深い体験をされましたね。その体験も一つのリモートビューイング(バイロケーション)体験ですね。
      夢と現実の狭間であり、意図が書籍に向いているので、脳波はアルファ派~シータ派に向かっていたと思います。
      その時にバイロケーションが起こります。書籍も物質で、作者のフィーリングが入っているので一つのロケーションなんですよね。
      今度のリモートビューイングのワークでは、この辺についても触れていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください