ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

チベットマントラ~Deva Premal & The Gyuto Monks

   

デヴァプレマールの最新作がやってきました。今回の作品のタイトルは「Tibetan Mantras for Turbulent Times」日本語訳すれば「混乱した時代のためのチベットのマントラ」。デヴァプレマールがチベットのギュートー僧院の僧侶達と一緒に8つのマントラを、それぞれ108回唱えている非常にパワフルな作品です。

チベットのギュートー僧院は深い倍音のチャンティングのマスターで、その倍音は、ドラムやディジュリドゥの共鳴音と比較され、葛藤を除去し、覚醒への道を示すなどの意図があると言われています。ギュートーの密教修道院は1475年に設立され、1959年に占領されるまでラサの中心にありました。1400年前にチベット仏教の到来を記念して建てられた2つの寺院の一つです。ギュートー寺院は今日ダライラマのホームであるダラムサラに新しいランポチェ寺院で生活しているとの情報があります。

ディープなギュートー僧院僧侶のパワフルな倍音サウンドと、デヴァプレマールの癒しの声が見事にマッチしている作品で、何度も何度も聴きたくなるアルバムですね。 108回唱えるのは、日本ではよく「煩悩の数」と言われていますが、ヴェーダや密教の伝統では、私たちには経絡(ナディ)がありその主要な経絡が108あると言われています。つまり、108回唱えることで全ての細胞に音の価値が響き渡るということになります。

収録されているマントラは、慈愛、浄化、仏陀マインド、完全性、ホワイトターラ、叡智、ヒーリング、豊かさ・繁栄の8つ。ライナーノーツにはそれぞれのマントラの解説があるので、一緒に詠うことができます。

これほどパワフルな作品はあまり無いと個人的に感じています。音を聴いた瞬間に意識がすっとするような、心身のバランスが取れます。パートナーのエリーは「聴いているとすごい集中ができるけど、それは癒されながら集中できるような感じ」と言っています。

下記のリンクで「Perfection(豊かさ・繁栄)」のマントラを試聴できます。日本でもお馴染みの般若心経のチベット版です。

Perfection

チベットに興味がある方、マントラにご興味がある方、瞑想やヨガを実践されている方、または深い癒しやリラクゼーションを求めている方に特におすすめしたい傑作です!!

▼3月のワークショップのお知らせ
2Daysワークショップ「リモートビューイングワークショップ」 in 東京
ゲリーボーネル氏と一緒に開発したゲリーボーネルジャパン公認プログラム。
バイロケーションを体感し、意識を拡大すると共に、多次元的な自分を知ったり、思考パターンや葛藤のリリース、現実化などに役立つ体感型ワークショップです。
意識的なタイムトラベルを体感します。体外離脱に興味ある方にもおすすめのプログラムです。
日程・時間:3月12日(土)13日(日)
ワーク:両日とも11時~18時
料金:48,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ。
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/bilocation.php

1Dayワークショップ「明晰夢を見る」・・・意識的に夢をコントロールする実践と日常への活用方法をお伝えします。
日程・時間:3月26日(土)11時~18時
料金:20,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(品川区東中延)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/luid03.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 音楽 , , , ,

Comment

  1. tamakumi より:

    先日はCD送っていただいて、ありがとうございました。

    感想です
    最初大音量で1回聞いた時は肉体に変化がおきました。
    だるくなったり、前頭葉辺りが痛くなったり・・・・
    ですが、夫は気に入って一晩中小さい音でかけていました。
    馴れるんですかしら・・・・
    もう、肉体の変化は起きません。
    そして、夢が変化しました。
    前向きに映画音楽を仲間と作っている夢で、とってもリアルでした。
    音楽には関係無い仕事をしていますので、夢の内容にはピンときませんが・・・
    仲間と前向きに一つになってもの造りをしているのは、とても気分爽快でした。

    こんな体験できたのはCDのお陰と思っています。
    ありがとうございました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
LIVE AID

今日は実家に送っておいたDVD版「LIVE AID」が届き気が付けば一日観てました。このライブは1985/7/13にイギリスとアメリカで同時に行なわれ世界の飢餓を救うことを目的としたものです。全長10 …

シャンティマントラCD

平和のマントラであるShantih Mantra(シャンティーマントラ)と、純粋な喜びに繋がるためのマントラHare Krishna(ハレクリシュナ)のマントラを使ったオリジナルソングです。2011年 …

グラウンディングなビート

グラウンディングとは「地に足を付ける」という意味があって、要するにこの現実を生きるために必要な要素ですね。このグラウンディングが弱くなると、ちょっとフラフラとしてしまい不安が強くなったり、迷いが出たり …

no image
Shantih Mantra for 2011/3/11

Shantih Mantra for March 11th, 2011 震災後の平安の祈り降りてきたサウンドを平安のマントラであるシャンティーマントラと合わせた曲です。これからの創造を祈る意図を込めて …

SONGS OF KUAN YIN ソングス・オブ・観音

観音(KUAN YIN)は慈愛、慈悲を象徴するアセンデッドマスター(菩薩、アバター)として様々な文化で伝えられています。元々はサンスクリット語のAvalokiteśvara(アヴァローキテー …

Self Control

「Self Control」とは「克己心」という意味があります。克己心とは、自分の感情・欲望・葛藤に支配されない平常心のことを意味しています。「Self Control」は1987年にリリースされたT …

no image
ヴェーダライブご参加ありがとうございます。

7月2日のヴェーダライブはお蔭様で予想以上にたくさんの方にお越しいただきました。この場を借りて、感謝をさせていただきたいと思います。ありがとうございました!ライブは本当に静寂さとダイナミックさが合わさ …

FUYU NO HI NO MELODY

横浜の神奈川県民ホールで開催された杉山清貴コンサートツアー~FUYU NO HI NO MELODY~に行ってきました。毎年恒例行事になりつつありますが、僕と全く同じ誕生日で、しかも同じく石を扱う仕事 …

16光年の訪問者~1974

TM NETOWORKの1984年の作品「16光年の訪問者~1974」はアルバム「RAINBOW RAINBOW」に収められている曲です。この曲はまさに時空を越えた旅やある存在との出会いを描いているよ …

声の力

この世界は「音」だ。とよく言われています。静寂さえも音だとも言えます。そして、人間は「言葉」という音を作り出すシステムを持っています。 言霊という言葉があるように、まさに言葉には意識が宿っていて、言葉 …