ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

「 生き方 」 一覧

制限のある世界で自分を自由に創造していくポイント

もちろん、この世界は他者との共存で成立しているので、前提としてモラルや世の中の法律を破るという意図ではないのですが、そんな制限のある時空の中でも自由に自分らしい現実を作り出すことができます。 &nbs …

続きを読む

新しいチャレンジに表れる心身の異常はうまくいっている証

新しい事ややりたい事を始める。そんなときによく起こるのが、体の調子がいまいちになったり、気持ちが落ち込みやすくなったり、などの心身に異常が起こるような状況。そうなると、心身の不具合に意識が向いてしまい …

続きを読む

信じている事を一旦止めることでワクワクした人生が手に入る理由

私たちの周りには様々な概念、情報が存在しています。現代は、インターネット・SNSなどのネットワークの進化が著しく、まさに情報社会。その発展によっても、昔では触れられなかったような情報が簡単に入手できる …

続きを読む

他者は変わらないし、変える必要も無い

全ての事象や出来事は完璧です。それだけでOK。何も変える必要は無く、パズルのピースとピースは完全です。なぜならば、この世界は「私」という存在が全てを意図通りに創造しているし、「世界」というプログラムが …

続きを読む

劣等感をありのまま包み込み自尊心へと変換させる

他者との比較の中で私たちは様々な劣等感・コンプレックスを持つことがあります。羨ましさ、妬み・嫉妬を生み、更に罪悪感や自己否定感を保持してしまいます。学歴や容姿、能力、恋愛・・・様々な領域に劣等感は生ま …

続きを読む

体のケアで本来の生き方に繋がる

昨日のアウェイクニングプログラム5期のワークショップは大野百合子さんをゲスト講師に迎えて行う恒例のヒプノセラピーワークショップでした。 百合子さんの経験に基づく深いヒプノやボディーワークで11月に行う …

続きを読む

動と静のバランスに響く自分の正体

自分らしさ、自分の本質を生きるためには動と静のバランスが大切です。   動というのは、運動をする、表現をするなどの体を動的に動かすこと。現実を生きるために必要なのが動です。 静とは、リラック …

続きを読む

偏見や先入観を無くすために必要な新しいチャレンジ

トムソーヤの作者であるマークトゥエインの名言にこういうのがあります。 「旅は偏見、頑固さ、狭い心を無くさせる。(Travel is fatal to prejudice, bigotry, and n …

続きを読む

知識や情報のみでは本当の自分を生きれない

私たちは体の感覚を通して、この世界を体験しています。体がある理由、それは五感や感情という感覚意識を味わいながら、この世界の創造も味わっていくことにあります。   この意味で、体感を意識してい …

続きを読む

8月18日に想うこと

8月18日は愛妻エリーの誕生日でした。家族で「食べる温泉」と僕は呼んでいますが天香回味の薬膳鍋でお祝いをしてきました。 育児前は一緒にワールドブルーで活動し、娘が生まれてからは育児ライフとなっています …

続きを読む

どんな問題や疑問の中には自分の答えがある

  シャーマニズムの体験から理解したのは、この世界は「無・空」から「有」が放射されて創られていると言うことです。始まりは「無」ではありますが、その中にはこの世界の森羅万象・全ての概念を育ませ …

続きを読む

ワクワクな表現とビクビクな表現

私たちは日々自分を表現して生きています。よく「私は表現できていない」という話を聞きますが、そんな事はなくて、この世界に生きているということは、誰しもが表現をして生きています。   表現には二 …

続きを読む

「在る世界」と「無い世界」のバランスを取る

私たちが生きているこの世界は様々な概念が在る世界であり、その概念を使って行動して味わっている世界です。   そして、その「在る」というこの世界を創造している源、始まりの瞬間は何も無い「無い世 …

続きを読む

センチメンタルから抜けて自由になるために

私たちは日々の生活の中で文化や社会という集合意識と触れ合いながら生きています。その影響は心身の内側と外側に大きく影響を受け、バランスが取れていないと心身に不具合が生じてしまい、自分の正体を見失ったり、 …

続きを読む

答えは生きることそのものの中に響いている

何か特別な存在にならなくても私たち一人ひとりは特別な存在であり、生きる証を日々の中で表現してまさに生きています。   それは普遍的に広がっている意識そのものの表現の一つで、個性やオリジナリテ …

続きを読む