ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

ジャイアントコーズウェイ

   

79ddabcf.jpgジャイアントコーズウェイという六角柱のストーンが敷き詰まっている世界七不思議の一つとも言われるパワースポットへ行きました。アイルランドは天候が刻々と変化し訪れた時はヒョウの嵐。体にぶつかりとても痛い。。今までの僕の体験で無い程の過酷状態。全身ヒョウがぶつかったためびしょぬれで、しかも寒すぎ。強風で体のバランスも失いかけ。しかし、内側の体験はパワフルでした。ここは、意識のネットワークのゲートと共鳴している場の様です。アカシックレコードへアクセスしやすくさせてくれ、また想念波をクリアにしてくれ現実化にも影響を与える様に感じました。写真はジャイアントコーズウェイです。たくさんのオーブが簡単に映りました。携帯写真ですがよく見ると確認できると思います。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - アイルランドの旅 2005/11-12

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

スケリッグマイケル

残念ながら上陸できませんでしたが見晴らしがよい場所からスケリッグマイケルを見ました。スケリッグマイケルはエネルギーの送受信装置的な島でピラミッドと同じような場のように感じます。周囲にはイルカもいて島に …

成田空港

〓今からアイルランドへ向け出発です。どんな旅になるか楽しみです。 とみ The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 富 一弘 …

おまけ

出発前にユリコさんと記念のツーショット。今回の旅行では大変お世話になりました。 The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 富 …

ロンドン到着

ロンドンに到着しました。夕方四時で曇ってます。これから乗り換えてアイルランドのダブリンに向かいます。 The following two tabs change content below.この記事を …

ロンドンへ

コークの空港にいます。これからロンドンへ向かいます。アイルランドは神秘的な国でした。また来ることになるのかな? The following two tabs change content below. …

ロンドンへ向かう空の上。 The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 富 一弘 大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会 …

トリニティーカレッジ

トリニティーカレッジにきました。ここは、ケルトの記録が保存されている図書館があります。 The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の …

もうすぐ

まだ時間があるので記念写真。乗る飛行機です。それでは今から乗車しまーす。 The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 富 一弘 …

キラーニー

キラーニーという町にやってきました。今晩は自由時間があり、ホテル近くのライブパブに行きました。アイリッシュフォークソングを聴きながらの地ビールでまったり。 The following two tabs …

ハニーハイムハット

修道者が過ごした蜂の巣構造の石小屋。気になる所です。 The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 富 一弘 大学時代に英語教育 …