Shantih Shantih Shantih

prayer

3.11。あれから3年経ちます。多くの他界された人々、愛する方を失われた人々、未だ困難な日々を過ごしていられる方々へ健やかな祈りを捧げたいと想います。

 

祈りとは、バランスのエネルギーですね。確かにあの出来事は悲惨でありましたが、私たちの現代の日本人には大きな意識の変容をもたらすイベントであったと思います。今までも、人類の歴史を見ると、多くの世知辛いイベントを都度通過し、意識の変容を体感してきています。

 

未だ多くの爪痕が残っていますが、外側の悲しみや切なさに意識を向けてしまうと、そのエネルギーは増幅してしまうものです。何かに反発すれば、その反発の対象も増幅していきます。本当に健やかであり、いつでも輝いている私たちの本質そのものは傷付くことはできません。でも、私たちの中にアンバランスさや不健康さ、分離があると、私たちの体は悲鳴をいつでもあげます。この点から祈りを捧げても、アンバランスさが増幅し、ますますアンバランスさは強調されるでしょう。

 

様々なメディアの情報に参加して戦ったり噂や憶測で心配したりすることも同じだと感じています。例えば、「テレビは悲しみや怒りに溢れているから、あえて見ないようにしている」という場合も、自分の中にある悲しみの根源から逃げてしまうことにも繋がります。様々な情報をどのように活用するかは個人の自由があります。

 

しかし、どんな時であっても、まずは一人ひとりの中にある平安で健やかさと繋がることが大切だと感じています。今見ている世界は、自分の意識の視点の象徴。まずは、自分自身に純粋で健やかなな祈りが大切だと感じます。純粋で健やかな状態にいつでもなっていれば、外側の世界も自然と平安な世界に溢れてきます。

 

平安を祈るマントラをご紹介します。自分の平安を認めて、世界の平安を認める意図があるシャンティーマントラです。

Asato maa sadgamaya

アサトー マー サッドゥガーマーヤー

Tamaso maa jyotirgamaya

タマソー マー ジョーティルガーマーヤー

Mityor maa amritam gamaya

ムリチョール マー アームリタム ガーマーヤー

Om shaantih shaantih shaantih

オーム シャンティッシュ シャンティッシュ シャンティヒー × 3

 

【意味】

非現実から現実へ、闇から光へ、死から不滅へ 我を導きたまえ

平安あれ 平安あれ 平安あれ

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。