プロセスや手段を一切考えずに現実化させる

trinity_knot

年末ですね。今日は大掃除をされている方もいるんじゃないですかね。一年の区切りとして掃除をして、来年を明るく迎えるのは気持ちもスッキリしますね。

 

新しい年を迎えるに当たって、来年はどんな年にしたいですか。どんなビジョン(五感・感情)を現実で体験したいのかということになりますが、そのキーは今この瞬間にあるものです。つまり、欲しいものやなりたい自分は今私たちの中に既に存在しているということです。

 

これを忘れてしまうと、全てを外側から求めようとしたり、外側からの証明を期待したりするようになってしまいます。すると、頭の中でいろいろとリハーサルを繰り返し、例えば、「独立したい」というビジョンがあるとすれば、「○○をして、●●をして、□□できてから、独立をする」というように、手段やプロセスに執着をするようになります。○○がなかなか達成できない場合、その達成できなかったことを後悔したり、達成できていないことに執着し、結果的に「独立する」というビジョンは人生の後ろの方へと後回しになってきます。

 

ポイントはプロセスや手段を一切考えず、「(何が起こるか分からないけど)結果的に独立している」という大きなビジョン(五感・感情)を味わうことです。もちろん、ビジョンにはあるポイントまでプロセスは体験しますが、今できることやインスピレーションでピンときたことをやりながらですね。すると、あっという間に現実化していることに気付くでしょう。

 

「こうでなければならない」と考えてしまう癖を捨てることが、純粋に自分の体験を展開していくためのポイントだと感じています。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。