MENU

シャーマニックリトリートのイントロダクション動画
(現在、11月開催の動画になっていますが、ご了承ください。)

シャーマニックリチュアルで意識を拡大するリトリート

アムステルダムで特別なシャーマニックリチュアルを体験しながら、体外離脱やリモートビューイング、ドリームヨガワークショップを行い、バルセロナではガウディ作のサグラダファミリアやグエル公園などの創造を触れ合い、アカシックレコードにアクセスし自分の豊かな表現力を磨くためのリトリートを開催します。

テーマは意識拡大と創造力や表現力の活性化。

シャーマニックリチュアルという秘儀を体感することで、クリエイティビティの発揮や意識拡大に大きく働きかけます。

今回のリトリートでは、特殊な手法を用いたリチュアルをアムステルダム滞在中毎日行い、緩やかに、そして安全に意識の拡大を行います。その上で、体外離脱や明晰夢を強化させ、意識拡大のスイッチをオンにしていきます。

その後、訪れるバルセロナでは、ガウディの作品に触れながら、自分の中にある創造性や芸術性を拡大させ、日本に帰っても表現し続けるためにアカシックレコードに繋がり、今後の豊かな表現ができるための情報を得てきます。

自己探求とアウェイクニングプログラムを含め100回以上のシャーマニックリチュアルを行ってきた経験を活かし、意識拡大や創造力の強化のサポートをさせていただくための特殊なリトリートになります。

旅の前には、事前ワークショップとして、オンライン動画にて、スムーズにリチュアルを体験したり、意識拡大ができるためのトレーニングを行います。旅前から準備がスタートします。

オランダという国は、特に日本人が訪れると「自由」を強く感じさせてくれます。日本の集合意識を離れて、オランダという国で自由を味わいながらのシャーマニックリチュアルは深い体験が期待できます。更に、ゴッホやレンブラントと言った画家達の作品や、オランダのアートに溢れた街並みを歩くことも創造力を活性化に役立ちます。

バルセロナはガウディの作品を触れることももちろんですが、美食の街でもあり、本当に美味しい食をエンジョイできるのも大きな醍醐味。旅の終わりはバルセロナで乾杯し、これからの「生き方」をシェアします。

一緒にリトリートをエンジョイしましょう!

ワールドブルー 

主なリトリートの内容(予定)

【アムステルダム】
・意識拡大のためのシャーマニックリチュアル
・夢見のためのシャーマニックリチュアル
・体外離脱、ドリームヨガ、リモートビューイングのワークショップ
・ゴッホミュージアム、アムステルダム国立博物館見学(オプション)
・フォンデルパーク散策(オプション)
・運河クルーズ(オプション)
・アムステルダムの街の散策
・現地のスーパーマーケットで買い物をして自炊

【バルセロナ】
・アカシックレコードワークショップ
・サグラダファミリア見学と瞑想、グエルパーク散策
・バトリョ邸、カサミラ、コロニエグエル見学(オプション)
・地中海の散策
・現地のスーパーマーケットで買い物しての自炊
・スペイン料理で乾杯

※オプションはご希望や状況に応じての内容になります。

こんなテーマや興味をお持ちの方に

・日頃なかなか意識拡大体験ができない。
・シャーマニズムに興味があり、意識拡大体験をしてみたい。
・体外離脱、リモートビューイング、アカシックレコード、夢見・明晰夢など意識の探求に興味があるが、なかなか体験ができていない。
・抑圧した感情をリリースさせ、心身を癒したい。
・創造力・クリエイティビティ、ヒーリング能力、サイキック能力をより自分らしく活用したい。
・アウェイクニングプログラムの「創造の源」体験はまだ勇気が無かったり怖さがあり、躊躇している。
・海外で自由さや解放感を味わいたい。
・意識を拡大した視点で、芸術品やアートなどを味わってみたい。
・とにかく豊かな人生を創造したい。

スケジュール(予定)

日付予定滞在先
2/6(木)午後4時アムステルダムスキポール空港に集合。
タクシーでアパートへ移動。
近くのスーパーで買い出し後、夕食+オリエンテーション。
アムステルダム
2/7(金)午前:のんびりと自由時間。
午後:アムステルダムの街を散策。
夕方:シャーマニックリチュアル+ドリームヨガ
深夜:シャーマニックドリームリチュアル
アムステルダム
2/8(土)午前:シェアリング+シャーマニックリチュアル
午後:美術館や公園など散策(オプション)
夜:シャーマニックリチュアル+体外離脱ワークショップ
アムステルダム
2/9(日)午前:シャーマニックリチュアル+リモートビューイングワークショップ
午後:アムステルダムの街を散策+夕食
夜:まとめのシェアリング+アカシックレコードワーク
アムステルダム
2/10(月)午前:スキポール空港からバルセロナ空港へ。バスにてアパートへ。
午後:バルセロナの街で遅い昼食~バルセロナの街散策や買い物
夜:アカシックレコードワークショップ
バルセロナ
2/11(火)午前:カフェで朝食。サグラダファミリア見学+瞑想。
午後:昼食後、グエル公園やバトリョ邸、カサミラへ(オプション)。
夜:アパートで夕食後、アカシックレコードワークショップ。
バルセロナ
2/12(水)午前:カフェで朝食後、地中海へ。
午後:地中海で昼食後、コロニエグエルへ(オプション)。
夜:レストランで夕食後、旅のまとめ。
バルセロナ
2/13(木)バルセロナ空港へ移動後解散。 
2/14(金)帰国 

※予定はメンバーの体調や進捗状況により変動します。
※オプションはご希望や進捗状況により変動します。
※アパートは参加人数が決定次第、予約をします。
※アムステルダムの夕食は現地ガイドが参加することもあります。

■リトリート概要

日程:出発 2019/2/6(木)~帰国 2019/2/14(金)【7泊9日】

場所:オランダ アムステルダム(4泊) スペイン バルセロナ(3泊)

参加費:
230,000円(税込) 早期割引特典9/30まで:220,000円(税込)
(参加費に含まれるもの:事前トレーニング費+ワーク費+リチュアルサポート費+宿泊費)
★特典割引:ワールドブルー主催のリモートビューイング、体外離脱、明晰夢、アカシックレコードワークショップにご参加の方は-10,000円になります。
AWAKENINGSメンバーの方は、-30,000円になります。

募集人数:6名まで(催行人数4名)

参加資格:
下記会員の方を優先募集します。
AWAKENINGS会員ENJOY NOW CLUB会員
ワールドブルーアウェイクニングコミュニティ会員
ワールドブルーアストラルプロジェクション会員
LINE@会員
シャーマニックジャーニー受講者・体外離脱、リモートビューイング、アカシックレコードのワークショップ受講者
・上記に当てはまらない場合、上記のいずれかにまずはご参加いただければと思います。詳細は下記リンク先をチェックしてみてください。

第一募集締め切り日:2019年11月30日

お申込み方法:このページの下のフォーム、もしくは直接トミまでメッセージください。

■ご参加の注意事項

・現地集合現地解散のリトリートになります。交通費は含まれておりませんので、ご自身で取得していただく形になります。ちなみに、現時点での直行便のKLM便では、成田→アムステルダムの往復が10万円前後、アムステルダム→バルセロナ往復が2万円前後になります。乗り換え便を利用する場合は8万円前後になります。取得する便によって航空券代は変動します。取得に不安な方はご相談ください。

・シャーマニックリチュアルは「アウェイクニングプログラム」で行うリチュアルとは異なります。「創造の源」への旅ではなく、意識を拡大させたり、明晰性を高めたり、体外離脱や明晰夢、創造力の強化、ヒーリングやサイキック能力の活性化などを意図したリチュアルになります。

・事前トレーニングは動画やライブでご参加いただきます。シャーマニズムや事前準備に関する内容になります。

・バルセロナには行かずに帰国することも可能です。その場合、参加費は-20,000円になります。

・滞在先はホテルではなく、アパートになり、基本的に参加人数にもよりますが相部屋となります。

・アパート備品類、リチュアルに必要なもの、食費や個人的なお土産などは参加費には含まれておりません。

・第一締切日は11/30を予定しております。

・催行人数に達しない場合は延期となります。

・シャーマニックリチュアルは予想以上に体力や精神力が必要になることもありますため、下記の方はご参加いただけません。

●現在、精神科または心療内科で治療中の方、並びに精神安定剤、抗うつ剤、抗不安薬等を服用されている方。
●アルコール等の中毒、発達障害、重度の精神病、統合失調症、自殺企図が強いなどの問題を抱えられた方。
●現在妊娠中の方。
●20歳以下の方。
●3キロほどの距離の歩行や、急な階段の上り下りが自力では困難な方。(アムステルダムやバルセロナの街の特性上、徒歩での移動が多くなったり、急な階段の登り降りが必要になります)
●健康面で不安がある方

アムステルダムってどんな街?

シャーマニックリチュアルは世界中の様々な地域で実践することができますが、ワールドブルーではアムステルダムを選択しています。その理由は下記の6点になります。

1.自由に基づいている集合意識の中でシャーマニックリチュアルを受けれる。

まずこれが最も大きな理由です。世界の様々な国で、シャーマニックリチュアルは体験することが可能ですが、日本人にとってオランダという国を体験すると、日本の集合意識とは異なり自由さと繋がりやすい。日本の集合意識は、和という合一な意識を持っている反面、他者と違ってはいけないという制限を味わうこともあります。また、個人個人ではもちろん異なりますが、全体的には日本の集合意識にはセンチメンタリズム(感傷主義)があり、特に無意識になると悲しみを求めてしまう傾向が全体としてあります。

オランダは、日本の逆で、自由主義です。自己責任を大切にし、また多様性を認めています。オランダ人からすれば、「自由過ぎる」という意見もあるようですが、日頃日本にいる私たちがオランダを訪ねると抑圧の無い事由を体験することができます。様々な国民(190ヶ国以上と言われています)が暮らすオランダは、多様性に富んでいます。出る杭は打たれるという日本的な概念には縛られていません。更に、オランダの文化はヨーロッパの中でも特に直接的。なんでもダイレクトに表現する民族です。

そんな中でシャーマニックリチュアルを体験することで、自分の中の制限から解放しやすく、意識の拡大体験がしやすいのです。

日本でシャーマニックリチュアルを行うとどうなるか?ですが、日本でリチュアルを行うことは日本の集合意識に繋がった状態で行うことになります。そうなると、家族の心配、会社の仕事、過去の後悔や未来への不安のことをついつい考えがち。すると、リチュアルでも例えば心配の世界を体験することになってしまうかもしれません。

でも旅、特に海外旅行の時ってどうですか?心は踊り、新しい土地への好奇心、そして解放感を感じませんか?そんな旅の気持ちの中でシャーマニックリチュアルを体験することがとても大切です。

ある神秘学の言葉で、「本当の自分に目覚めるのは海外である」という言葉があります。日本の集合意識から離れた土地がリチュアルには最適です。

2.オランダは日本からの直行便があり、更に治安がよい。

世界の様々な地域でシャーマニックリチュアルは体験できます。例えば、南米のジャングルなど。

シャーマニックリチュアルは心身がリラックスすることがとても大切です。南米の場合、日本からですとかなり時間が掛かります。それだけで体は疲れてしまいます。更に治安を考えた時、南米のジャングルの中などは過酷な環境であり、身の安全の確保に意識が向きます。

オランダへは毎日日本からアムステルダムスキポール空港に直行便があります。約11時間30分程の空の旅で到着します。また、空港から宿泊先となるアムステルダム市街までも15分~20分で到着して、すぐにアパートでのんびり過ごすことができます。

上記で書いたとおり、オランダは自由に繋がる国。治安もよく安全な街です。犯罪と言えば、スリ位なもので凶悪な事件は近年発生していません。

3.日本語を話せる現地のガイドがいる。

これは個人的な繋がりでの話ですが、僕のオランダ人の友人が暮らしています。彼は日本に興味が強く、日本語も話せるし、シャーマニックリチュアルについても理解しています。

そして、おもてなし感が日本人以上。何かあった際や、オランダの文化について教えてくれたり、現地情報をシェアしてくれたり、様々なサポートをしてくれるので、とても安心です。

ちなみに、オランダの母国語はオランダ語ですが、どこに行っても英語が使えます。

4.アパートが半端なく広い。

オランダのアムステルダムは17世紀に建設されたキャナルハウス(運河の家)が特徴的な街です。レンガ作りのキャナルハウスはとても美しいです。

滞在先は、基本的にこのキャナルハウスを利用したアパートになります。このアパート、一見見た目は長細かったりして狭い感じがするのですが、奥行きがあり、とても広い。

平均で100平米はあります。また、外見は伝統的なデザインですが、内装はリフォームがされていてモダンです。アウェイクニングプログラムの6期で滞在したアパートは一人一部屋利用した位広かった。

シャーマニックリチュアルは本当に心身のリラックスが大切です。この意味で、広いスペースがあるアパートでの滞在はとても大切な要因です。

ただ、難点があるとすれば、建物のスペースを有効活用しているキャナルハウスは、階段がとても急です。

5.面白いグルメがたくさんある。

オランダ自体は隣国のベルギーやフランスとは異なり、食文化はそれほど正直繊細ではありません。パンケーキ、フライドポテト、クロケット(コロッケのオリジナル)などシンプルで素朴な印象がオランダ料理にはあります。ただ、これらは日本人にとってみるととてもおいしい。フライドポテト(フリッツ)は日本のよくあるフライドポテトと違って、濃厚な味で食べ応えがあります。特にファーストフード的な料理が発展していて、日本では味わえない食体験ができます。

例えば、FEBOというお店。コロッケが有名なチェーン店ですが、様々な種類のコロッケがあり、それぞれに毎に扉が付いていて、お金を入れると扉が開いて、そこに入っている食べ物を取り出して食べます。オランダ版の自動販売機ですね。

それと、オランダは乳製品が充実しています。日本で乳製品と言えば、牛乳、チーズ、ヨーグルト位だと思いますが、オランダには、その他にフラー、クワルクという種類のものもあります。

また、1で書いたように多種多様の民族が暮らしています。なので、本当に様々な国のレストランがあります。僕が知っているものだけでも、

アルゼンチン、タイ、中国、日本、ギリシャ、ベトナム、アメリカ、フランス、スペイン、イタリア、ベルギー、コートジボワール、スリナム、インドネシア、アラブ・・・

なかなか日本では味わえない料理を堪能できますし、スーパーでも売っているので購入してみんなでアパートで食べるというのも面白い体験になります。

好奇心を満たしていくという点は、シャーマニックリチュアルにとってとても大切なエッセンス。どうせ旅をするのであれば、食も楽しみたいですよね。

6.バルセロナに近い。ヨーロッパ各国へ移動しやすい。

シャーマニックリチュアル体験後は、統合のプロセスになり、スペインのバルセロナへ行きます。そのまま日本に帰国することもできますが、シャーマニックリチュアル体験後にいきなり日本に帰国すると統合という意味では、突然日常に戻るため、ギャップを感じてせっかくの体験がうまく統合できないというリスクがあります。

そのため、ワンクッション置く意味で、スペインのバルセロナに行きます。統合にはバルセロナがとてもよいんです。

と言うのも、バルセロナのアントニガウディの作品の中に意識の世界で味わった世界が描かれているからです。

サグラダファミリア、バトリョ邸、カサミラ、グエル公園、コロニエグエルなど、ガウディ作品を体でリアルに味わうことで、シャーマニックリチュアル体験が心身に統合されやすくなります。

特に、サグラダファミリア。あんな大きな構造物に意識の世界が見事に表現されています。サグラダファミリアでは、統合のための瞑想をします。

バルセロナへは2時間弱のフライトです。また、オランダのスキポール空港は、ヨーロッパ近隣諸国へのハブ空港になっているので、ヨーロッパ各国へ移動しやすいです。

そして、スペイン料理は日本人の口にもすごく合います。バルセロナでは、サングリアで乾杯しバルセロナ料理を堪能します。

イベリコ、ハモンセラーノ、タコのグリル、パエリヤ、フィデウア(麺のパエリア)、そしてスペイン風寿司とも呼ばれる、ピンチョス。

バルセロナでアムステルダムでの体験をシェアしつつ、日本に帰ってからどう生きるのかについて語り合います。

お申込みフォーム

ご参加希望の方は、下記のフォームに必要事項をご入力の上送信ください。お問い合わせも下記からしていただけます。

必須 お名前

必須 メールアドレス

必須 住所

必須 電話番号

必須生年月日(必須)

必須 現在の参加資格をご選択ください(複数可)

Awakenings会員ENJOY NOW CLUB会員アウェイクニングコミュニティ会員アストラルプロジェクション会員LINE@会員体外離脱ワークショップリモートビューイングワークショップアカシックレコードワークショップ明晰夢ワークショップシャーマニックジャーニー

任意 お問い合わせなどありましたらご入力ください。

リトリートの注意事項を確認し合意しました。

PAGE TOP