無敵

無敵。と聞くとゲームなんかで敵にやられず全てをやっつける状態を思い出す人もいるかもしれませんが、無敵とは文字通り「敵が無い」状態のことですね。でも、僕がここで思うのは、それは他者を力で排除したりする事ではなくて、敵対する存在がいなくなるというような、全てを包み込むような状態になることですね。無敵の逆が「傷付く」という状態だと感じています。

敵が無い状態は、「他者」と「私」という境界線が無く完全に融合している状態。私たちが傷付く一つの理由は、「私」という視点と、「他者」という視点が分かれている点にあります。この意味で、この地球上ではあるポイントまでは傷付かない人はいないということになりますよね。

でも、そのパターン(これは「誘惑」とも言えますが)に気付き始めれば、徐々に無敵な状態になってきます。それは、子供の頃の無邪気さや遊び心というところに戻るような感覚。

例えば、どこかの場所へ行って体調が悪くなったりする等「他人のエネルギーを受けてしまう」という話がありますが、これは他者のエネルギーではなくて、自分自身のエネルギーなんです。確かにある意味他者のエネルギーを感じているように感じますが、反応しているのは紛れも無く自分自身の体の反応。それは「私」と「他者」というように分離させているストーリーを作るマインドのパワーです。ポイントは、ストーリーを今の感情に結び付けない事です。ただ「今」という瞬間に感じる感情や感覚にフォーカスすることが無敵な状態になるための秘訣だと感じます。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

メールマガジン

ENJOY NOWでは「ワクワクした人生をゲットするための情報」をテーマにしたメールマガジンを発行します。購読は無料。お気軽にご登録ください。

無敵” に対して1件のコメントがあります。

  1. ken より:

    >「今」という瞬間に感じる感情や感覚にフォ
    >ーカスすることが無敵な状態になるための
    >秘訣だと感じます。
    富さん。お久しぶりです。
    僕も最近そう感じています、
    今の自分の感情等を、
    頭で良い悪いを考えてしまって嫌ってしまい、
    理想の状態を演じているのは変化を受け入れていない事だと感じました。
    一見違うように見えてもすべては成長できる意味のある素晴らしい方向に向かっているので、
    まずは今の感情や感覚を受け入れ認めて、
    なんというかその中にしっかり入ってそれごと自分として次に連れて行く感覚というか、
    そうするとどういう状況でも楽しもうと思えてくるので、それこそが、
    なすがままにする=無敵
    だと思います。

  2. emiko より:

    この前は、ありがとうございました。
    自分の疑問に答えをもらえてすっきりしています。
    =無敵=
    おもしろい表現だなぁと思いました。(スーパーヒーローですね)
    以前、私は電車とかデパートとかに行くと具合が悪くなり他人と同じものが自分の弱いところと共鳴していて反応しているんだ。
    いつまでこの状態が続くんだろう?と苦しんでたりしました。
    トミーさんと出会い、ワークに出るようになってからは「私」と「他者」の関係がスムーズに理解出来るようになりました。
    あとは、どこまで理解できているか実践するのみです。

  3. marron より:

    話が少しずれるかもしれませんが、
    最近、よく思うことがあります。
    ヒーリングで、訪れるクライアントさんは、
    すべて鏡だということ。
    境界線がないな~と感じます。
    これは、ユニティへ向かっている証かな~と
    思ったりします。

  4. とみ より:

    >ken
    コメントありがとう。そうだね。今感じているフィーリングを「今」の自分で認める事が楽しみに繋がっているんだよね。まさにLet it beだ。

  5. とみ より:

    >emikoさん
    コメントありがとうございます。「私」と「他者」の関係性がある以上、人は傷付きますよね。その対極から統合へと行けば、全てがスムーズになりますね。まさに、頭で理解だけではなくて、実践あるのみですね。

  6. とみ より:

    > marronさん
    コメントありがとうございます。分離の時代では、私達が出会う人々はあるポイントまでは全て鏡になっています。そして、葛藤をそのまま相手に投影しています。だからこそ、私たちは他者を通して今の自分を理解することができるんですよね。ユニティの時代は鏡を構成している分子が溶けて融合するような感覚になるように感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください