ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

加東和さん

   

168e3e02.jpg昨日、加東和さんという龍・鳳凰の絵をメインに描くアーティストの個展に行きました。加東さんはライブペイントも行い、それはイキイキとした龍や鳳凰等の絵を描きます。その絵は生きています。見るだけで、クンダリーニエネルギーと繋がる感じがすごいです。

個展を見終わった後、加東さんと一緒にお茶をし今後の展開などを話し合いました。これから加東さんとのコラボレーションが始まります。

加東さんは、レムリアの儀式を行っていた末裔の血が流れている感じが強くしました。絵を描いているときは、ある意味「何か」の力によって描かされているんですね。前回お会いした時は、「体の中にレッドドラゴンが入った」と仰ってました。まさに今の時代の意図を受けて活動している方だと強く感じています。

加東さんの個展は恵比寿の「まある」というギャラリーで開催中です。
6月1日まで行っていますので、是非興味ある方足を運んでみてください。

ギャラリーまある
住所:東京都渋谷区恵比寿4-8-3 神原ビル1F
TEL:03-3475-5054
地図はこちら

鯉が滝を登る作品がありますが、それは飛翔のエネルギーを見るだけで引き起こしてしまうパワーがあります。
また、龍が火を吐くのではなく、吸い込む絵がありますが、これもすごいものがあります。その火の中には不動明王の意識が込められているとのことです。

クンルンを実践している方、また様々なエネルギーワークを実践している方は特にお奨めの個展です。見てドラゴンや鳳凰の意識を共鳴させてくるだけで大きな価値があります。

龍は3次元と5次元を繋ぐパイプのような役割を象徴し、鳳凰は5次元へ移行する乗り物を象徴しています。

加東さんとのコラボもご期待ください。

沖縄での加藤さんの個展も開催します。沖縄の方、是非行ってみてくださいね。

加藤和作品展 「黒潮源龍」
場所:沖縄市プラザハウスショッピングセンター内 グローバルギャラリー
開催期間:6/1~6/15
電話:098-932-4480(代表)
6/4(土)5(日)の午後3時からライブペインティングのパフォーマンスが予定されています。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

一粒の水滴もたくさん集まると岩を砕く力に

たった一粒の水滴も、たくさん集まれば岩をも砕く程のパワーを持ちます。   これは、どんな事でも少しづつの力がいつの間にか大きなものになることの例えですね。塵も積もれば山となる。ということでも …

no image
Raisin Theory

Raisn Theory(干しぶどう理論)という面白い理論があります。これはお笑いのバナナマンのネタの中で使われている話ですが、お腹が一杯の時、しかもデザートは別腹とかも無くてもう何も食べれない時、そ …

本日の雲

本日正午頃の雲です。縦に流れる幾筋もの雲が一点に向かって進んでいました。大地の揺らぎのエネルギーとの共鳴で無ければいいのですが。 The following two tabs change conte …

砂漠の知恵

大野百合子さんのブログで紹介していたいだいた「砂漠の知恵」を早速読んでみました。この作品は古代エジプトの砂漠で生活していたキリスト教の師父母たちの言行録で、日本風な墨絵のイラストと共にメッセージが書か …

Miracle

私達の体験・体感は自由です。どんな体験をしようともなりたい自分になれ、ほしいモノを現実化させる力があります。 傷付いて不安に溢れる人生を選択することもできますし、楽に努力やためらいの無い人生も選択でき …

no image
時空間のズレを探す

日常生活に巻き込まれずに、自分自身の周りを観察することができてくると、この世界の矛盾や「おや?」っと思う点に気付いてきます。それは科学では説明がつかないことだったり、常識とかけ離れていることだったり。 …

奇跡であって奇跡じゃない

奇跡、この言葉は予想を超えて起こった素晴らしい出来事、神様が起こした超自然な出来事、あり得ないことが起こった時などに使われますよね。「これは奇跡的なことだ」というように。科学や一般常識では考えられない …

no image
今から始まるストーリー

今この瞬間に人生の第一幕が終わって、第二幕が始まるとしたら、どんな脚本を書くでしょうか?どんな五感や感情を感じていくでしょうか。 これからの未来(実際は過去さえも)は今この瞬間の意図で決まります。誰し …

極端からバランスへ

今の大きなエネルギーの中、私たちの内面に存在している想いというものが浮上し、そして具現化・現実化しやすくなってきています。 それは、ずーっと望んできた事、やりたかった事でもあると同時に、ずっと抑圧して …

他者と比較すればするほど現実化が遅くなる理由

私たちは本当の自分の姿を知る旅をしています。そして、本当の自分の姿を知るために必要になるのが他者の存在。他者は必要であるし、あなたは他者にとって大切な存在です。   しかし、不満や葛藤、抑圧 …