ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

イルカと泳ぐ♪御蔵島リトリート2014レポート

   

11

9/19~9/21の日程で行ったネイチャー&ミスティックリトリートin御蔵島今年も無事に終了しました。ご参加頂いた皆様ありがとうございました。さすが近くて遠い島で出発日の9/19は台風の影響等で海の状態が心配でした。このソワソワ&ドキドキ感は毎度お馴染みの気持ちですね。御蔵島の桟橋は1つしか無く、しかも湾ではなくて大海にせり出していることもあり、天気がよくても海が荒れていると桟橋は海の下になったり波の影響で船が着かないこともしばしばなんです。9/18と19と何度も御蔵島に電話をして海の状態を確認していました。やはり島の事は島の方に聞くのが一番。島の人の話では「週末は船は大丈夫じゃないか」との見解。東海汽船の御蔵島行きの船も条件付ですが出港が決まり、開催を決定しました。

 

19日の夜9時30分に竹芝桟橋のターミナルで待ち合わせして、自己紹介等を行い今回のリトリートのしおりをお渡ししたりして待っていると、いよいよ乗船の時間になりました。そして、船は「橘丸」という今年6月末に就航したばかりの新しい黄色い船。新しい事もあり船内はキレイで快適な空間。予約してある船室に移動して荷物の整理をしていると、外国からのお客様も同室に。話をするとポーランドから来たご家族でした。ポーランドにも行きたいと思っていたので、ナイスタイミング。いろんな話をしてこれも面白い縁でしたね。船は10時30分に出港し、東京湾を通って、三宅島→御蔵島→八丈島と向かいます。途中、レインボーブリッジや羽田空港の側を通過していきます。船は週末ということで混んでいました。最近は、御蔵島も人気が出てきていて、予約も取りにくくなっていますね。朝6時の御蔵島上陸を祈りつつ11時頃就寝しました。

 

1

橘丸で出航

2

レインボーブリッジを通過します

台風も速度が遅く なった影響で、海の状態もよく無事に御蔵島に上陸できました。上陸できるかどうかというこの瞬間がとても緊張する瞬間ですね。ホッとしました。予約した宿の車が待っていてくれるので、車で宿へ。最近は民宿「しげを工房」さんに宿泊しています。この民宿は御蔵島で最も山のエリアに近いところにあるので、自然を満喫できるお宿なんです。宿に着くと、まだ前日から宿泊している方が部屋を使っているので、すぐのチェックインはできないので待合室で部屋の準備ができるまでゆっくりと過ごしました。9時頃に部屋に入れました。ドルフィンスイムの時間はお昼からなので、少々仮眠を取りました。

3

御蔵島が見えてきました。

4

御蔵島に無事上陸

 

いよいよドルフィンスイムです。準備をして車で港へ行きます。ちょっと天気がイマイチで雨と風がありました。船に乗ってイルカ達が暮らしている海の周りを周ります。波も少しづつ高くなってきました。しばらく行くと船長が「準備をしてください」と指示があるのでイルカと泳ぐ準備をします。それから、「入ってください」の合図で海に潜ります。いやぁ、すごく暖かい。温泉的なイメージです。黒潮の影響もあり海水温が高くなっているそうです。そして、イルカ達が現れました。たくさんの群れを作って泳いでいて、僕達の方へやってきてくれます。何度も御蔵島に行っていますが、これほどたくさんのイルカが連帯を作り絡んで来るのはレアじゃなかったかなと思うほどでし た。ドルフィンスイムのスタッフもガイドとして一緒に潜りますが、あれほどたくさんのイルカが群れをなして泳ぐのは珍しい光景だった、と言っていました。個人的には 子供が生まれたのもあり、親子のイルカと並んで泳げたことが印象的でした。その後、何度か一緒に泳ぎました。波がある分、イルカも上の方へやってきて波と遊びます。

5

たくさんのイルカの群れと戯れました

7

8

 

イルカと泳ぐ時は目を見る事がポイントです。そこからイルカ達の体に保存されている情報が共鳴して、私たちの中にある純粋さや刺激を受けます。やはりドルフィンスイムは深い体験になりますね。未だにエネルギーが動いています。このエネルギーは個人差もありますが、数日間続くことがあるんですね。イルカと泳いだ後は、体をゆったりとさせたりケアをすることがポイントです。

 

12

10

9

ドルフィンスイムの後は、宿へ戻りリラックスタイム。ドルフィンスイムは結構体力使います。夕ご飯前には、山の方へちょっと散歩して御蔵島の大自然を堪能。次の日の午前中には山へのトレッキングを予定していましたが、雨の影響ともしかしたら午後の船が欠航になるかもしれないので朝の便に乗ることにしたため残念ながらキャンセル。なので短い時間ですが御蔵島の山を味わいに行きました。やっぱり御蔵島はイルカはもちろんですが、森も素晴らしいです。散策から戻ってきて夕食。夕食後は、今をエンジョイするためのアカシック座談会と題して、特殊なカードを使ってトークをしました。いろんな話をすることで様々な気付きやエネルギーを味わう事ができます。そして、そこにはアカシックからの情報が含まれています。
座談会後は、明日の朝に備えて帰りの支度と準備をして、早めの就寝。

13

御蔵島の山への道

14

三宅島の方向でサンセット

朝は5時前に起きて準備をしてから、宿の人に港まで送ってもらいました。無事に船も接岸し、乗船。一旦、八丈島へ行ってから、折り返しで東京へ向かいます。約14時間の船旅です。ただ海を眺めたり、ぼーっとしたり。船の上は不思議な時間が流れるんです。海の景色も美しいし、サンセットも魅力的。一緒に行った皆さんとお話を したりする時間は貴重な時間でした。

15

橘丸無事接岸

16

再び御蔵島を通過

17

海からのサンセット

 

そして、夜8時30分に無事に東京の竹芝桟橋へと帰港し、2014年の御蔵島リトリートは無事終了しました。

18

竹芝桟橋へ帰港

 

御蔵島は本当に魅力的な島です。海の状態によって船が接岸できないということもあり「近くて遠い島」と呼ばれる御蔵島ですが、だからこそ自然を強く感じられる島です。また来年の夏から秋頃に開催した いと思います。ご興味ある方は優先的にご案内しますのでご連絡くださいね。一緒に行きましょう。

 

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - イルカ・ドルフィン ,

  関連記事

ドルフィンワーク「プレイフルライフ」in八景島 2011

2011年10月22日(土)~10月23日(日) ~イルカと触れ合い喜びを日常に~ 横浜八景島にてトミーとイルカとのふれあいスイミング &トミーオリジナルワークの1泊2日! 毎年恒例の第3回目のワーク …

イルカのエネルギー

7月30日にワークショップ「ドルフィンマインド」を開催しました。多くの方にお越しいただきありがとうございました。ドルフィンマインドはイルカとの触れ合い体験から来る概念で、その3要素は「遊び心」「バラン …

神田明神のイルカ

先日、東京での初詣で神田明神に行ってきました。神田明神はパワースポットで龍を象徴している神社のように感じていますが、なんとイルカが描かれている像を発見しました。 少彦名命(すくなひこなのみこと)と呼ば …

ジープ島へ

いよいよ明日「ヒーリング&ミスティックワークショップ」でジープ島へ行ってきます。今回のワークショップではドルフィンスイム、ダイナミックメディテーション、セルフヒーリングや貝を使ったワーク、リモートビュ …

no image
イルカの声

イルカの持つ特徴的な能力、それは「エコロケーション」という音を使ったコミュニケーションテクノロジーです。メロン体と呼ばれる部分から音を響かせ、物体の音の共鳴をアンテナの受信装置のような口ばしで音の反射 …

イルカと泳げる不思議の島「ジープ島」ミスティック&ヒーリングツアー詳細決定

イルカと泳げる不思議の島「ジープ島」ミスティック&ヒーリングツアーの詳細が決定しました。日程は2007年2月6日(火)~2月11日(日)の6日間です。 今回のテーマは、「癒し」「変容」「星」です。ジー …

no image
ドルフィンスイム2日目 Day 4

ドルフィンスィム2日目です。今日も昨日と同じピンクドルフィンさんのドルフィンツアーに参加しました。 絶対に今日はイルカ君達と泳ぎたい!と一緒に行った仲間達も想っていたと想います。 出発して直ぐに現実化 …

ドルフィンマインド Vol.1

2月9日(木)に五反田JMAにて10周年記念イベント「ドルフィンマインド~イルカのような遊び心を日常に」を開催させていただきました。多くの方にご参加いただき感謝しております。 このイベントではイルカの …

no image
イルカのような無邪気さで♪

イルカの目や姿を見ると、時間が無い空間に入ったような感じになり、まさに今この瞬間に存在できる、そんな体験をすることができます。 そこにはイルカの行動や動き、愛嬌のある姿を見ることで、子供のような遊び心 …

ラリマーがやってきた♪

僕の気になるストーンの1つにラリマーという石があります。この石を初めて見たときは驚きました。色と模様がまさに海。イメージとしては、南の島の青空が海に反射した時の色。小さい頃から海が大好きだったこともあ …