ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

Love Like Pop 9 add.

   

317ec385.jpg7/22(金)に日本武道館で行われたaikoの追加公演ライブ「Love Like Pop 9 add.」に来日していたSunnyと行ってきました。

この前も書きましたが、Sunnyは当初22日に帰国するということで21日のチケットをオークションで取ろうとしましたが、実際に届いたチケットは22日のチケットだったんです。Sunnyのスケジュールと合うか心配を一瞬しましたが、チケットが届いてすぐにSunnyが到着し、スケジュールを確認したところOKでした。彼の直感が働き急遽スケジュールを変更し23日に帰国することにしていたんです。さすがっ!という感じでした。結局うまくなっているものです。

武道館は東京でのaiko最終日ということもありたくさんの人で混雑していました。夏休みに入った学生さんも多くきっと全国からあつまったんでしょうね。始まる前にaikoファンの友人と会いいろいろ話をしてから会場に入りました。
席はアリーナ席でちょうどステージの真ん中。しかも、ミキサーから2列ほど前ということで最高の条件でした。コンサートのポイントは、ミキサー付近が音的によいんです。

ライブ内容はこの前のNHKホールで行われたものとは全く異なりました。大きなモニターが2つステージの左右に用意されていたり、また実際のオーケストラとの共演などもあり、音の厚みがあるライブでした。
ニューアルバムの「夢の中のまっすぐな道」からの曲もありましたが、今回は様々な曲を聞くことができました。個人的に「赤いランプ」「be master of life」「かぶとむし」「花火」が聞けたのは嬉しかったです。
今回のライブはNHKホールで行ったライブよりもあまり観客との遊び?は少なかったようでしたが、その分aikoのボーカリストとしてのセンスをしっかり見れたような感じがしました。また、aikoの感謝の心やお客さんを一人ひとり大切にしている姿には、また感動をしました。ほんとに優しいなぁって思いました。


8/3に発売される新曲「キラキラ」で終わってaikoがステージを去ってから、大きなモニターで本日のキャストやスタッフを紹介するエンドロールが流れました。まるで1つの映画のような感じでしたね。そのバックで流れていた曲はすごーく感動的なバラードで、思わずSunnyと過ごした楽しい日々や、コンサートの感動がこみ上げてきて泣きそうになっちゃいました(^_^;)
しかも、帰りにaikoの直筆手紙がっ!!すごい感動!!

Sunnyはaikoの曲で日本語を勉強したということもあり、すごく楽しんでいました。特に「かぶとむし」はすごく感動したようでした。しかし、aikoの日本語は関西弁ということもあり、日本語を勉強したSunnyでも聞き取るのは難しかったようです。しかし、面白いタイミングで一緒にaikoのコンサートにいけて本当によかったと感じました。7年前に出会い、お互いスピリチュアリティを感じ、しかも同じaikoというアーティストに惹かれるというのは本当にすごい縁だなぁって感じます。同じソウルグループのメンバーだと感じています。

終わった後はaikoコンサートに行った友人とその身内の方々と一緒に焼肉屋さんに行き、aikoコンサートの感想やSunnyにアメリカや韓国の話等様々な話をしました。Sunnyはいろんな人と出会うのが好きなので、とても喜んでいました。

またaikoコンサート一緒に行けたらいいなぁ。

写真は武道館の正面付近の写真です。Club Aikoというネオンが掲げられているところですが、携帯ではうまく撮影できませんでした(^_^;)

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 音楽

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

シャンティマントラCD

平和のマントラであるShantih Mantra(シャンティーマントラ)と、純粋な喜びに繋がるためのマントラHare Krishna(ハレクリシュナ)のマントラを使ったオリジナルソングです。2011年 …

新作情報 TARANGA、ケルトアクセサリー

プレムジョシュアの2007年にリリースされた最新アルバム「Taranga」が入荷しました。Tarangaとはサンスクリット語で「波」「バイブレーション」を意味する言葉です。インドの独特なサウンドとラウ …

FUYU NO HI NO MELODY

横浜の神奈川県民ホールで開催された杉山清貴コンサートツアー~FUYU NO HI NO MELODY~に行ってきました。毎年恒例行事になりつつありますが、僕と全く同じ誕生日で、しかも同じく石を扱う仕事 …

no image
アトレイシアミュージックBLOGオープン♪

『アトレイシアミュージックブログ』をスタートしました。 意識を拡大する音のご紹介やサウンドの効果的な使い方等のコラムを今後掲載していく予定です。また、ネットラジオみたいなコーナーも作れたらなぁ、と思っ …

embrace

マントラの歌姫とも言われるDeva Premal(デーヴァ・プレマール)。日本でも最近は人気が出てきていますが、アメリカやヨーロッパでは高く評価されている女性シンガーです。最近インド料理のマスターにも …

CHILDHOOD’S END

CHILDHOOD’S END。最近ピンッと来ている言葉です。CHILDHOOD’S ENDとは日本語で言うと「幼年期の終わり」という意味になります。最近80~90年代のJ-P …

no image
A Thausand Years

スティングの1999年に発売されたアルバム「 Brand New Dayには神秘的な曲が収録されていて僕のお気に入りの一枚です。アラビアのマントラを使ったデザートローズ(Desrt Rose)もオスス …

no image
ヴェーダライブご参加ありがとうございます。

7月2日のヴェーダライブはお蔭様で予想以上にたくさんの方にお越しいただきました。この場を借りて、感謝をさせていただきたいと思います。ありがとうございました!ライブは本当に静寂さとダイナミックさが合わさ …

no image
LIVE AID

今日は実家に送っておいたDVD版「LIVE AID」が届き気が付けば一日観てました。このライブは1985/7/13にイギリスとアメリカで同時に行なわれ世界の飢餓を救うことを目的としたものです。全長10 …

サウンドワークショップシリーズ販売スタート♪

サウンドワークショップシリーズCDの販売をスタートしました。 ただ、聴くだけではなく、使うためのサウンドCDになります。自宅でできるサウンドワークショップです。 チャクラのバランスや活性化を意図した「 …