新しい1年へ

今日は記念すべき誕生日でした。多くの皆様から誕生日メッセージをいただきました。本当にありがとうございます。しかし、一年なんてあっという間ですね。

誕生日は今のカレンダーで定義されていて、違う時代や文化等に生まれていれば、もちろん違う月日になっているでしょうね。結局、誕生日はこの世界に生まれていることのラベルや指針のようなもので、自分の成長や進化、出来事等身の回りの体験を整理するために必要な数字だと僕は感じています。多くの方が誕生日の境目辺りで転機を体験したり、面白いシンクロニシティを体験していたり。誕生日を無意識もしくは意識的に活用していて、何らかの現実化を行なっているようにも感じます。

去年の日記を振り返ると「2006年の誕生日から何かが起こる」というようなことが書いてありましたが、まさに人生に大きな影響があるような変化がいろいろありました。去年も書いていましたが、自分の気持ちに正直になること、やっぱりこれが僕にとってキーだと感じています。来年の自分のために、忘れないようにブログに残しておきます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

画像をアップロード

ENJOY NOW CLUB

ENJOY NOW CLUBでは「ワクワクする人生をゲットするための情報」をテーマにした会員限定コンテンツをお届けしております。
様々なテーマでの会員限定動画や会員限定メッセージがご覧いただけます。会員登録は無料です。お気軽にご登録ください。

画像をアップロード

アウェイクニングプログラム

シャーマニズムの秘儀シャーマニックリチュアルを体験し、創造の源を知って生きるためのクイックプログラム「アウェイクニングプログラム」
現在、オンラインコースを開催中。メンバー募集中です。

画像をアップロード

ワールドブルー公式ライン

ワールドブルーのLINEアカウントでは、トミーによる「ワクワクする人生をゲットするためのワンポイントトレーニング」動画やオリジナルマンダラを随時お送りしております。QRコードや登録ボタンからご登録ください。IDは@worldblueになります。登録時にもオリジナルマンダラをお送りしております。是非お友達になりませんか?ラインからもお問合わせや質問などお気軽に。

新しい1年へ” に対して8件のコメントがあります。

  1. パオパオ より:

    お誕生日おめでとうございます。
    次の一年も楽しい一年になりますよ。ほんと。

  2. 花♪ より:

    トミーさん
    お誕生日おめでとうございます♪
    今年も貴重な一年になりそうですね。
    いつも講座をやさしく見守りつつ、助けていただいて、ありがとうございます。
    ☆花
    GBJ一期生です。

  3. チェリー より:

    お誕生日、おめでとうございます!
    いつもブログを楽しみにしています。こちらのブログを拝見して、わかることがあったり、「なるほど!」という体験をしたりして、とても感謝してます。
     私も、頭で考えたことに、身体が「うん」と言わなくなってきたので、自分の気持ちに正直に生きていこうかなと思っています。

  4. kizakura より:

    Happy Birthday To You♪
    ほんと一年て、あっという間だね。
    充実した素晴らしい一年を♪

  5. yasuko より:

    富さん、お誕生日おめでとう。
    そういえばゲリーと同じお誕生日なんですものね。おまけにゲリーにも、、、おめでとう。
    いつもブログ楽しませてもらっています。
    ありがとうございます。

  6. どいけん より:

    おめでとう!!
    誕生日。そういえばおいらは母親に命をかけて私を生んでくれてありがとうと伝えています。毎年。
    この日なら少しぐらい照れくさくても伝えられるしね(笑)

  7. とみ より:

    皆さん、誕生日おめでとうメッセージどうもありがとうございました。誕生日には残念ながら月食は天候の関係で見られませんでしたが、久々の大きな雷で何か目が覚めたような感じでした。今年一年も楽しんでいこうと思います。

  8. chiaki chiaki より:

    お誕生日おめでとう~!
    これからますます楽しくなりそうだね~
    近々、会いましょ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

Google Earthで宇宙の旅

次の記事

記憶の相違