ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

柔軟性をビジョンから

   

日常、私たちは様々な思考が頭をよぎります。ある想いによって支配されてしまい、一日中そのことから離れられなかったり、ふとした瞬間に過去の体験がよみがえり、後悔という形でしがみついてしまう等、このような体験をされた方いるかと思います。

私たちの誰もが「柔軟性」を持っています。どんな気持ちになったとしても、この柔軟性からその気持ちを自由に変化させることができます。なぜなら、楽しい気持ちも悲しい気持ちも外側の影響とは関係なく、内側に私たちはその源を持っているからです。

柔軟性は今までの体験によってどのように発揮できるかはもちろん個人差がありますが、そのポイントになるのは「意図」「ビジョン」だと感じています。意図・ビジョンがあれば、たとえ一時的にぶれたとしても意図通りに人生は進むでしょう。

しかし、意図やビジョンが明確でない場合、ほんんどのケースで私たちは悲しみに惹きつけられる傾向があります。ビジョンが見えない場合、まずは今この瞬間の空間をよく観察してみてください。意外にビジョンのヒントが隠されているかもしれません。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Comment

  1. かこ より:

    相変わらず、意図なしビジョンなし。
    だから、今を見てみます。
    自分の外側でなく内側を。
    しっかし、これが結構大変。
    だって見れば見る程何も無い。
    そして、全て自分が創り上げたものだと気付き、対した事が無い事に気付く。
    書いていて気付く事もあるんですね。
    最近のテーマは、無私の私。
    ですかね。
    ジョークに気付いた後は、無私の私でしょうか?
    あっ、ジョイJOY!を放てばよいんですね!
    またまた気付いてしまいました★
    あっ、そう云う事だったんですね
    有難うございます!!

  2. キノピー より:

    ある想いに支配されてしまうこと
    以前よりは短くなりました
    でも、恋愛って・・・
    好きな人の事すぐ考えてしまいます。
    それって今この瞬間に生きてないですよね
    何かテクニックありますか

  3. モノ より:

    とみさん、こんにちわ。
    モノです。
    前回の書き込みから、色々な出来事?がありまして、、、
    今の私は「発生した感情を否定せず、観察する」という事がテーマとなっています。
    暗い考えや、寂しさ、嬉しさ、その他もろもろの感情を、ただ味わおうとしています。
    少し前までは「感じると苦しくなるから、感じないように」頑張っちゃっていました・・・。
    それと同時に、他人の感情に対しても、否定しないよう、努め始めました。
    少しだけ、楽になれた気がします。
    今の現実&出来事に対する感情(後悔?とか)も沢山あって、自信も無くし気味ですが、まずはここから、やっていこうと思います。

  4. とみ より:

    >かこさん
    こんにちは。あっ、コメントを書かれていて自ら答えを発見されてますね(笑)
    無私の私、その状態には恩恵、恵みがあります。「私」や「他者」という
    境界線が無い状態。まさにジョイを放った状態ですね。

  5. とみ より:

    > キノピー
    コメントどうもありがとう。
    > でも、恋愛って・・・
    > 好きな人の事すぐ考えてしまいます。
    > それって今この瞬間に生きてないですよね
    > 何かテクニックありますか
    いいじゃない。それが恋愛なんじゃないかな、って僕は思います。
    好きな人の事をいつも考えてしまう気持ちは恋愛には大切だと思います。
    それが無かったら恋愛じゃない。
    ただ、執着になってしまうと確かに問題になることも。特に恋愛は自分と相手という分かれた状態なので、傷付きやすい体験になる。期待なども入りやすいし。
    執着は何処から来るかと言うと、結局自分の不信感なんだよね。
    ありきたりの言葉かもしれないけど、自分を信頼すること、素直に自分らしくいることが恋愛を辛いものではなく、どんな結果になろうとも人間らしい素敵な体験へと導いてくれるように思います。

  6. とみ より:

    > モノさん
    こんにちは。コメントありがとうございます。
    感情はエネルギーです。それをただ観察することで、そのエネルギーを自分を傷付けるためではない形で味わうことができますね。他者の感情も否定せずに認める態度も大切ですよね。個人的に外側の出来事を深刻に捕らえない気持ちも自分を中心へと戻してくれます。

  7. キノピー より:

    トミさんありがとうございます
    やっぱり信頼ですか!
    今まで、自分自身を信頼していないことが多かったなぁと最近つくづく思ってます。
    期待、執着を手放しありのままを受け入れようと思います

  8. とみ より:

    >キノピー
    そうだね。やっぱり自分を信頼することが何事にもポイントになるよね。
    素直にダイレクトが信頼に繋がるよね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ゆーーっくりとマイペースで過去から「今」へ

私たちは過去の記憶で生きてしまう傾向があります。それが、思考パターン、行動パターンや無意識の癖や習慣を作り、日々同じような行動を取ります。そして、自ずと結果も同じになります。もし日常に不満があるとすれ …

人類初の体験

私たちは誰しも様々な体験・体感をして、「知っている」状態へと近づいています。そして、人類の全てがこの地球での体験をし終えたとき、集合意識でもあるアカシックレコードのデータが一杯になり全ての観察体験が終 …

壁は必ず乗り越えられる

私たちは意識的であろうと無かろうと、どんな状況であろうと、自分自身らしい道を歩んでいます。個人的に臨死体験をしたとき、全ての過去も未来も今という瞬間に繋がっていて、実はシンプルな世界だということに気付 …

穏やかな人間関係

嫉妬や妬み、恨みや傲慢さ等は他者との比較から生まれますが、その根本にある想いは他者や社会から認められたいという想いです。自分以外の人に自分自身を説明して理解をしてもらいたい、分かってもらいたいという思 …

シンプルに遊びの中にあなたの真実が表れる

この世界には様々な考え方や概念、社会的通念などがあります。生まれてからすぐに親や家族の中で育ち、その後に学校をはじめ、社会に出て私たちは成長をしていきます。そのプロセスの中で、私たちは自らの安全や正し …

偶然とは?

偶然とは「たまたま何の関係性も無いのに思いがけないことが起こること」で たまたま起こった出来事のことですよね。 この言葉はよく様々な場面で使われると思います。 「たまたま行ったレストランで昔の友人と会 …

他者を認めた上でのコミュニケーションの必要性

現代は多様性の時代ですね。様々な考えを持つ人がいて、様々なテクノロジーや概念が生まれ、様々な生き方ができるようになってきました。そして、時代は個のパワーの時代になってきています。個性と個性が繋がり、大 …

色とりどりの世界で生きる

この世界は色とりどりの世界。般若心境の有名な一節に「色即是空 空即是色(色とはすなわち空であり、空とはすなわち色である)」という言葉がありますが、これをシャーマニズムの視点からとらえると、始まりの瞬間 …

運がいいとか悪いとか

  運がいいとか悪いとかって話がよくありますね。ラッキー、アンラッキーの概念。   考えてみれば、運がいいとは、欲しいものが手に入ったり、やりたいことができたり、なりたい自分の姿に …

オリジナリティを輝かせるシンプルな方法

日々、情報が拡大している 様々な情報や概念が拡大している時代ですね。日々、インターネットやテレビ等のメディアの情報も拡大しており、欲しい情報をいつでも手に入れることが容易になってきています。その反面、 …