ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

シャーマニズムの視点からのマンダラ(曼荼羅)の描き方

   

マンダラ(曼荼羅)とは?

曼荼羅(マンダラ)とはサンスクリット語で「輪」「円」という意味がある言葉です。マンダラは様々な文化や宗教、教義、実践の中で活用されてきたツール。

マンダラは世界中で活用されてきています。ヴェーダの文化、チベット密教、仏教、ネイティブアメリカンの文化、タオイズム、キリスト教、マヤ、アボリジニ等の文化で活用されてきました。マンダラはこの宇宙や生命のサイクルの象徴として捉えられ、全ての森羅万象との繋がり、覚醒や悟りへと繋がるための瞑想用ツールとして実用されてきています。

心理学者のカールユングもサイコセラピーにマンダラを用い、マンダラから抑圧した感情をリリースさせバランスを取るためや全体性・本質へと繋がるために使っていました。

現代では、宗教的、教義的な瞑想や実践の他に、心身のバランスを取るためや、リラクゼーションやヒーリングなどにも使われ、一般的なツールになってきているように感じます。

 

シャーマニズムの視点からみたマンダラの世界

シャーマニズムの儀式を数十回と体験してきて実感しているのは、この世界は全てがマンダラであるということです。マンダラとはサンスクリット語では「輪」「円」という意味があると書きましたが、シャーマニズムの世界では、マンダラは「本質を所持している色、形、模様、幾何学」というように捉えることができます。

 

森羅万象の始まりである「創造の源」「はじまりの瞬間」から放射されている衝動・ビジョン・本質は始めに一つの点として始まり、徐々に色や形や模様などになり、更にそれが様々な概念、物質や意味を創造して、今のこの体のある世界を創造しています。今の肉体や時空のある世界では、様々な概念や情報により複雑化していたり、物質社会として様々なモノとして現れています。そして、体のエゴ(自我意識)の働きにより、葛藤やブロック、ストレスなどの影響があり、本質の流れに人生をガイドするよりも、例え傷ついたとしても安全に生きていける戦略をガイドにして人生を展開させていくということが起こります。こうなると、人生は傷ついたり、不安になったり、と感情が抑圧してしまいます。

 

直感や創造力に任せてマンダラを描くことは、創造の源から放射されている源流に繋がることになります。いわゆる自分自身の本質に繋がっていくことになり、人生はワクワクとし、この世界で行うプログラムを具現化させやすくもなってきます。ある意味、マンダラを描くということは、感情やフィーリングというものを表現する作業です。なので、抑圧していた感情も緩んでリリースされていくことになります。

 

全ては創造の源から、文字通り創造されているので、現在目に見えていたり目には見えなくても感じているものは、全てがマンダラです。そして、それは様々な場面に表現されていますが、分かりやすいのは自然の中です。

花、植物、草木、動物などの姿の中に創造の源から放射されているエネルギーを味わうことができます。

マンダラの基本的な描き方

下記が基本的なトミー式マンダラの描き方になります。

マンダラの描き方
1.紙と気楽に使える色鉛筆やクレヨンなどの画材を用意します。

2.まずは深く深呼吸。意識的な呼吸は心を軽くして気持ち的に落ち着きますし、深い意識的な呼吸は私たちの本質・源につながります。

3.マンダラを描く意図をします。意図は何でも構いません。例えば、今必要な情報を得る、今の〇〇な気持ちをリリースさせる、〇〇を手に入れる、等。具体的な意図が無ければ、単に「リラックスする」だけでも構いません。

4.紙やスケッチブックに直感を使って一つの色を選び、大きな円を描きます。マンダラは基本的に円を描くところからスタートします。

5.円を描いたら、円の中を自由に直感を使って色を選んで描いていきます。模様やパターンを描いたり、ただ塗ったり、自由に手をダイナミックに動かして円の中を描いていきます。この時、大切なのは上手く描こうとしないことです。子供のいたずら描きのようなイメージです。直感に任せて手を動かしていきます。利き手とは逆の手を使っても構いません。間違いもありません。描いた線を消す必要もありません。もし間違えたと思っても、それは偶然ではありません。そこから何かが表現されていきます。

6.ある程度終わりかなと思ったり、納得したら終了となります。描くだけでもOKですが、完成したマンダラを目につくところに飾っておくことをオススメします。目についた瞬間にマンダラの意図が意識的に増幅するからです。

ポイントとしては、感情やフィーリングをマンダラとして納める、完了させるという気持ちです。創造の源の純粋なエネルギーは、感情やフィーリングとしてこの世界では味わっているので、感情やフィーリングはとても大切なエッセンスです。また、うまく描こう、正しく描こう、という想いではなくて、とにかく直感で描きます。

 

マンダラは私たちの本質を表現します。是非、日常に気楽にマンダラを活用して、ワクワク、イキイキとしたよりよい人生を表現していただければと思います。

 

明日の夜5/9(火)19:00からはマンダラナイトと題したマンダラを描いたり、マンダラからメッセージを受け取るワークショップを行います。オンラインでの参加も可能です。まだ残席ございますのでお気軽にご参加ください。

2018/5/9 19:00-21:00 マンダラナイト


ワークショップのご案内

2018/7/18(水) マンダラナイト
~創造力を活性化し、今に必要なメッセージを知るために
このワークショップでは、曼荼羅(マンダラ)にフォーカスします。マンダラとは私たちの本質をシンボルや絵に表したもので、言葉になる前の私たちの心の情景やメッセージを受け取れるツールです。マンダラを描き自分自身へのメッセージを受け取るためのワークです。
2018/7/25(水) シャーマニックジャーニー
シャーマニズムの体験(創造の源)から見るこの世界のシステムや個人の現実についてや、その体験談をお話させていただきます。アウェイクニングプログラムのガイダンスも行います。
2018/7/28(土)7/29(日) シャーマニックアカシックレコードワークショップ
~アカシックレコードを活用して自分を知る
シャーマニズムの視点からアカシックレコードを活用して本当の自分を生きるためのワークショップ。よりよい人生の在り方をアカシックから読み解きます。
2018/8/4(土) 体外離脱ワークショップ
~8つのシンプルなテクニックで意識的な体外離脱をマスターする
意識的な体外離脱・幽体離脱を行うワークショップ。多次元的な自分に体外離脱を通して気付きます。

ワールドブルー公式ライン

ワールドブルーのLINEアカウントを公開しました。下記のQRコードやバナーボタンからご登録ください。IDは@worldblueになります。登録時に、オリジナルマンダラ待受画像をお送りしております。随時、ワールドブルーの情報やメッセージなどをLINEを通じてお伝えしています。 友だち追加数
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

 

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き, 現実化・シンクロ(共時性) ,

  関連記事

no image
今を感じる

一瞬裏切られるような行為は新しい扉へのドアなのかもしれません。全ての縁はまさに円、つまり丸で繋がっているんですね。人と人との縁はどのように展開していくのか本当に分からないのだけれど、必ず自分の意識の成 …

動物の予兆について

  例えば、黒猫が目の前をよぎると不吉、カラスがたくさん鳴いているとよくないことが起きる、など動物にまつわるサインや予兆の話ってよくありますよね。   でも、それは人間寄りに捉えた …

no image
21日間

21日という数字は意味深い数字です。21については様々な解説がありますが、統合すると「成熟」「完成」「目標の達成」という象徴のようです。3という「創造」「維持」「破壊」という自然のプロセスが7回。7は …

無邪気な喜び

週末に妹夫婦の家に甥っ子の様子を見に行ってきました。 久しぶりに見ると本当に大きく、そしてプックリしていました。 笑顔も頻繁に見せるようになってきていて益々可愛くなってきました。 そして、首も据わった …

no image
言葉が作り出す世界

私たちが日々使っている言葉。この世界は音で出来ているとも言われますが、別の言い方で言えば、世界は言葉で出来ているとも言えますね。 日々使う言葉には、私たちの想いが入っています。感情的な言葉、真剣な言葉 …

「在る世界」と「無い世界」のバランスを取る

私たちが生きているこの世界は様々な概念が在る世界であり、その概念を使って行動して味わっている世界です。   そして、その「在る」というこの世界を創造している源、始まりの瞬間は何も無い「無い世 …

no image
光と影

この地球のシステムは光と影で構成されています。光が大きくなれば、影も必ず大きくなります。結局は、光=影という図式が成り立つことになるように感じます。メリットがあれば必ずデメリットも存在するし、正しいと …

オリジナリティを輝かせるシンプルな方法

日々、情報が拡大している 様々な情報や概念が拡大している時代ですね。日々、インターネットやテレビ等のメディアの情報も拡大しており、欲しい情報をいつでも手に入れることが容易になってきています。その反面、 …

ハートチャクラのシンボル

人間には主幹として7つのエネルギーセンターがあります。これはチャクラと呼ばれているもので、サンスクリット語で「輪」を意味する言葉です。そして、私たちのバランスを司っているチャクラが胸腺部分にあるハート …

柔軟な感覚

先日の続きの話です。エリーが出産する田中ウィメンズクリニックの両親教室での話では、田中医院長からいろいろと興味深い話を聞きました。 その中で、母親のお腹の中にいるときの記憶や五感の発達についての話があ …