ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

スピリチュアルかあさん

   

友人のゆりっぺ(大野百合子さん)の娘さんの大野舞さんがコミックエッセイを発売しました。そのタイトルも「スピリチュアルかあさん」

ゆりっぺの生態?を楽しく描いている作品で、ほのぼのと楽しく読めます。ゆりっぺの日常がよく分かるし、ほのぼのとスピリチュアルな事、日常を楽しく過ごす事などもとても分かりやすく、そして面白く描かれていて、つい笑っちゃいます。

メッセージもたくさんもたくさんで、おすすめの一冊です。

やはり、笑いですね。百合子さんそのものが笑いで溢れているし、なかなかのプライバシーの公開になっちゃいましたね。 (to ユリッペちゃん。)

以前にブログでも書きましたが、ユリッペとの出会いも面白くて、以前勤めていた英語の資格学校の卒業生のメーリングリストにユリッペのメッセージが流れてきました。その時に、前世療法やヒプノセラピー等についての記載があり、コンタクトを取り、それが切欠でメル友になりました。メールでのやり取りを進めている内に、ユリッペの前世療法を受けることになり、それと同時にゲリーを紹介してもらいました。いろんな繋がりで今までいろいろな所に旅に行ったり、ワークショップやスクールで一緒になったりと、心の友ですね。

是非、皆さんも読んでみてくださいね。

 

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 映画・本・演劇

Comment

  1. ゆりっぺ より:

    トミー
    いやあ、百合子さんそのものが(笑)であふれてるって…
    そうです。(笑)こそスピリチュアル。
    トミーとの出会いも面白いよね。地球上での長い長いご縁にいまさらながらに感謝です。
    ピグでもいつもありがとう。

  2. とみ より:

    >ゆりっぺ
    コメントありがとう。いやぁ、楽しくて家族の愛が溢れていて、笑えるコミックだね。ゆりっぺのキャラがバッチリ表れているしね。ほんと笑いがキーだねぇ。
    こちらこそ、多少の縁・・・じゃなくて他生の縁に感謝です。

  3. ゆうと@ないき より:

    とみさん

    > こちらこそ、多少の縁・・・じゃなくて他生の縁に感謝です。

    うまいですねぇ(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

翼のない天使

ナイトシャマラン監督作品のメジャー映画作品の第一弾の「翼のない天使>」。英語タイトルが「Wide Awake」。小学生の男の子が、亡くなった祖父を探す旅に出て、「神様って本当に存在するのか?」の答えを …

奇跡の輝き What dream may come

ロビンウィリアムス主演の「奇蹟の輝き」をご紹介。ちょっとストーリー自体は悲しいんですが、この映画は肉体から魂意識が離れて、再び転生をしてくるシステムを映画としてうまく描いている作品です。また、アートが …

Signs(サイン)

ナイトシャラマン監督作品のサインはとても分かりやすい形でシンクロニシティ(共時性:意味のある偶然的な出来事)を描いた作品だと感じています。 日本語タイトルは「サイン」ですが、英語タイトルは「Signs …

レディ・イン・ザ・ウォーター

ナイト・シャマラン監督の最新作「レディ・イン・ザ・ウォーター」を観にいってきました。ナイトシャマラン監督の作品は、いつも現代に対するタイムリーなテーマを提示しているように感じるので、今回は何も事前に情 …

ハート・オブ・ザ・シー

千葉県和田浦を舞台にした映画「ハート・オブ・ザ・シー」は僕にとって、とても思い出深い映画です。杉山清貴さんのビーチクリーンコンサートを開催するまでのストーリーの中に、海の自然や、そこで暮らしている人た …

no image
AVATAR

川崎109シネマズIMAXの3DでAVATARを観てきました。いやぁ、驚きました。遂に新しい映像の世界に突入という感じですね。 IMAXの大画面での3D映像。しかも、映画の内容もスピリチュアル的な要素 …

no image
となりのトトロ

言わずと知れた宮崎映画の傑作の「となりのトトロ」。テレビ等でも数回観た方も多いのではないでしょうか。この作品はいつ見ても何とも言えない懐かしい感じや、ファンタジーの世界、そして心温まる家族像、古き良き …

時間旅行

私たちは時間というツールに基づいて日々生活しています。時間とはとても便利で大切なもので、時間があるからこそ旅が出来たり、人とコミュニケーションを通して同じ場所で会うことができたり、様々なアート作品を作 …

Cocoon(コクーン)

85年に製作されたデイヴィッド・サパーステイン原作、ロン・ハワード監督の映画「Cocoon(コクーン)」をDVDで観ました。 この映画は昔よくテレビでやっていて観るチャンスは結構あったんですが、なぜか …

ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コードが映画化されたとのことで、公開初日に早速観にいってきました。さすがに上下二冊の内容を2時間30分程にまとめるのには困難があるように感じましたが、様々な映像を駆使して一つのストーリー …