ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

黄泉がえり

   

友人の薦めもあり映画「黄泉がえり」を観ました。
この映画は2年程前に映画館で観ようかなとは思っていたんですが
あらすじを読んで切なすぎて、観るのをやめた作品でした。
当時は祖母の死の後だったこともあって。

でも友達からの薦めもあったし、自分の中でそろそろ観るタイミングかな
と思って観ることを決断しました。

九州地方であるエネルギーの影響で亡くなった人達が蘇って、
家族の元へ戻り家族や恋人との間でドラマが展開するストーリーですが、
非常に大きな気付きがある映画でした。

映画の中では物理的に人間が蘇って家族達にメッセージを届けていましたが、
実際私達も映画と同じようなことが起こっていると感じています。


亡くなった人達は常に私達を見守り続けていると私は感じています。
私の場合は、祖母の死が大きな気付きとなりましたが、実際に祖母が無くなった日からお通夜に掛けて常に見守っている証が物理的に届きました。
そして、お葬式の後には、祖母の声でメッセージが僕の左耳から聞こえてきました。その時は納得してただ泣くしかなかったのですが、最近何を言っていたのか思い出してきました。その内容はまた別の機会に書きたいと思いますが、簡単に説明すると「常に守っている」というものでした。
祖母だけではなく祖父やその他天使と呼ばれるエレメントもどんな人にも必ずサポートとしてくれています。亡くなった祖母の声を聞いた時から
様々な変化が起こってきて、全てが順調に流れるようになってきました。
ポイントは存在達に気付くことだと思います。

「黄泉がえり」は私達に亡くなった人達の意図を気付かせてくれる映画だと僕は強く感じました。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 映画・本・演劇

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アカシャ宇宙の叡智

ゲリーの新しい書籍が発売されました。「ビュイックドライバー アカシャ宇宙の叡智」です。ビュイックドライバーの続編であり、今度は成長したゲリーが主人公の神秘のストーリー。現代は「Where Elepha …

Cocoon(コクーン)

85年に製作されたデイヴィッド・サパーステイン原作、ロン・ハワード監督の映画「Cocoon(コクーン)」をDVDで観ました。 この映画は昔よくテレビでやっていて観るチャンスは結構あったんですが、なぜか …

no image
『5次元世界はこうなる』

ゲリーと高橋克彦さんとの対談本「5次元世界はこうなるが徳間から出ています。 様々な面白い情報が対話形式で展開するので、とても分かりやすく、また読みやすいと思います。 葛藤をリリースすることがキーですね …

no image
The Law of Attraction -The Secret-

先日のブログで現実化には時間が掛かると書きました。確かに時間は遅かれ早かれ掛かりますが、それは自分が抱えている葛藤と比例するようです。葛藤が無ければ無いほど、すぐに現実化します。完全に葛藤が無いと、瞬 …

13F

仮想現実の概念を使ってこの地球のシステムを描いている作品「13F:The Thirteenth Floor」です。複数存在するタイムラインと空間の概念を分かりやすく表現しているように感じました。この世 …

イルカの島

アーサークラーク著の「イルカの島」はイルカと少年とのコミュニケーションを描いたSF作品。設定が未来というのがとても興味深く、イルカと人間、イルカとのコミュニケーション、イルカと言葉などを描いている、ど …

no image
スピリチュアルかあさん

友人のゆりっぺ(大野百合子さん)の娘さんの大野舞さんがコミックエッセイを発売しました。そのタイトルも「スピリチュアルかあさん」。 ゆりっぺの生態?を楽しく描いている作品で、ほのぼのと楽しく読めます。ゆ …

呼吸の必要性

毎日している呼吸。いつも無意識になりがちですが、呼吸には非常に優れたパワーがあります。体内のエネルギーは食事として認識されがちですが、ほとんどのエネルギーは呼吸から吸収されています。体温を一定に保つの …

The Blue Butterfly

「天国の青い蝶(The Blue Butterfly)」という映画があります。この映画は人間の可能性について非常に興味深く描かれています。話は余命僅かの少年が夢であった幻の青い蝶「ブルーモルフォ」を捕 …

ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コードが映画化されたとのことで、公開初日に早速観にいってきました。さすがに上下二冊の内容を2時間30分程にまとめるのには困難があるように感じましたが、様々な映像を駆使して一つのストーリー …