ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

黄泉がえり

   

友人の薦めもあり映画「黄泉がえり」を観ました。
この映画は2年程前に映画館で観ようかなとは思っていたんですが
あらすじを読んで切なすぎて、観るのをやめた作品でした。
当時は祖母の死の後だったこともあって。

でも友達からの薦めもあったし、自分の中でそろそろ観るタイミングかな
と思って観ることを決断しました。

九州地方であるエネルギーの影響で亡くなった人達が蘇って、
家族の元へ戻り家族や恋人との間でドラマが展開するストーリーですが、
非常に大きな気付きがある映画でした。

映画の中では物理的に人間が蘇って家族達にメッセージを届けていましたが、
実際私達も映画と同じようなことが起こっていると感じています。


亡くなった人達は常に私達を見守り続けていると私は感じています。
私の場合は、祖母の死が大きな気付きとなりましたが、実際に祖母が無くなった日からお通夜に掛けて常に見守っている証が物理的に届きました。
そして、お葬式の後には、祖母の声でメッセージが僕の左耳から聞こえてきました。その時は納得してただ泣くしかなかったのですが、最近何を言っていたのか思い出してきました。その内容はまた別の機会に書きたいと思いますが、簡単に説明すると「常に守っている」というものでした。
祖母だけではなく祖父やその他天使と呼ばれるエレメントもどんな人にも必ずサポートとしてくれています。亡くなった祖母の声を聞いた時から
様々な変化が起こってきて、全てが順調に流れるようになってきました。
ポイントは存在達に気付くことだと思います。

「黄泉がえり」は私達に亡くなった人達の意図を気付かせてくれる映画だと僕は強く感じました。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 映画・本・演劇

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
“I see you” from Avatar

昨日、川崎のIMAXに二度目のアバターを観てきました。前回は、その映像で圧倒されてしまった面が大きかったので、今回はストーリーに注意を払って観てきました。 アバターには、現代の物質社会に対するメッセー …

千と千尋の神隠し

「千と千尋の神隠し」は僕が大好きな映画の1つです。 初めて見たとき大きな衝撃を受けたのをよく覚えています。 突然あの異空間に行き、そして湯屋での不思議な体験。 宮崎映画特有の綺麗な風景の描写や、ストー …

レディ・イン・ザ・ウォーター

ナイト・シャマラン監督の最新作「レディ・イン・ザ・ウォーター」を観にいってきました。ナイトシャマラン監督の作品は、いつも現代に対するタイムリーなテーマを提示しているように感じるので、今回は何も事前に情 …

オーロラの彼方へ(Frequency)

オーロラ。最近、僕の中でキーワードになっている言葉です。そして出会ったのが「オーロラの彼方へ(英題:Frequency【周波数】)」という映画。 この映画は30年振りに現れたオーロラが引き金となり、ハ …

no image
恋はデジャブ

「恋はデジャブ」という映画ご存知ですか?日本語のタイトルだとコミカルなイメージがありますが、英語タイトルが「Groundhog Day」と言います。ゴーストバスターズに出演しているビル・マーレイが主人 …

イルカの島

アーサークラーク著の「イルカの島」はイルカと少年とのコミュニケーションを描いたSF作品。設定が未来というのがとても興味深く、イルカと人間、イルカとのコミュニケーション、イルカと言葉などを描いている、ど …

no image
キッド(Disney’s The Kid)

実家に帰省していた時の話ですが、夜中1時過ぎ頃になっていて、そろそろ寝なきゃと思いつつテレビつけたらブルースウィリスの何やら映画がやってました。 何気に見ていたらだんだん面白くなってきてとうとう最後は …

no image
『5次元世界はこうなる』

ゲリーと高橋克彦さんとの対談本「5次元世界はこうなるが徳間から出ています。 様々な面白い情報が対話形式で展開するので、とても分かりやすく、また読みやすいと思います。 葛藤をリリースすることがキーですね …

no image
The Law of Attraction -The Secret-

先日のブログで現実化には時間が掛かると書きました。確かに時間は遅かれ早かれ掛かりますが、それは自分が抱えている葛藤と比例するようです。葛藤が無ければ無いほど、すぐに現実化します。完全に葛藤が無いと、瞬 …

夢の視点

今この瞬間も夢が続いています。寝ている時に見ていた夢は今も続いています。 一般的には、脳波がシータ波という状態になった時に私たちは夢を見ていると言われていますが、夢は様々なレベルで起こります。ふとした …