The Law of Attraction -The Secret-

先日のブログで現実化には時間が掛かると書きました。確かに時間は遅かれ早かれ掛かりますが、それは自分が抱えている葛藤と比例するようです。葛藤が無ければ無いほど、すぐに現実化します。完全に葛藤が無いと、瞬時に現実化することがあります。多くの聖者とも呼ばれるヨガのマスターや神秘家達等が達成している状態。葛藤は現実化への抵抗ということになりますね。

昨年、アメリカで作られた映画とそれに続く書籍で「The Secret」があります。まだ日本語訳はされていないようですが、現実化について詳細に、特に「類は友を呼ぶ」ということについて説明されています。英語では「The Law of Attraction」と呼ばれています。この類は友を呼ぶ法則が肉体の意識、物理世界での唯一の法則です。The Secretとの題名が付いていますが、特に秘密な事は書かれておらず、多くの人が忘れがちな素晴らしい自然の事を書かれているように思います。

ただ、類は友を呼ぶ、The Law of Attractionも、葛藤が大きく影響します。本当に純粋であり葛藤が無ければ、類は友を呼ぶ力はすぐに作用するでしょう。

The Secret」は今の所英語版のみのようですが、それほど難しい英語は使われていませんし、英語を勉強している方にとっては興味がある教材は最適だと思いますので、興味のある方は一度チェックしてみてはどうでしょうか。物理学者、哲学者、宗教学者、形至上学者など様々な分野の方がThe Law of Attractionについてたくさんの例を示しながら解説しているのでとても分かりやすい一冊だと思います。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

The Law of Attraction -The Secret-” に対して1件のコメントがあります。

  1. パオパオ より:

    とみさん、この「The Secret」にはサブリミナル映像が隠されているとネットで話題になったいわくつきの作品ではないかと。
    5分40秒あたりに電磁波と思われる攻撃を受け悲痛に叫ぶ男などなど。
    詳しい事は榎本さんのブログをご覧下さい。
    http://plaza.rakuten.co.jp/OmMaNiPadMeHum/diary/200707310000/
    他に
    Hiro-sanさんのブログも参考になります。
    http://supplement.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_ba6f.html
    ご存知なかったかと思います。

  2. とみ より:

    >パオパオさん
    コメントありがとうございます。映像の件は確かに話題になりましたよね。そのようなコントロールはいろいろな形で活用されていますが、それも結局は葛藤と関係があるように思います。ただ、The Secretは肉体意識が持つThe Law of Attractionについて分かりやすく説明している一冊だと僕は思います。重要な「言葉」の部分はあまり触れていないようですけどね。

  3. パオパオ より:

    「The Secret」そのものは、大きなヒントを与えてくれていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください