ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

きっと、うまくいく

   

9月になり、残暑が残っていつつも、風は秋って感じがしています。この季節になると、個人的には杏里の曲を聴きたくなったり、映画をゆったりと観たくなります。ということで、久しぶりに映画のご紹介。

 

僕は長年インド映画好きで、90年代後半に日本に上陸した「ムトゥ 踊るマハラジャ」に衝撃を受けて、その映画の主人公でありインドのスーパースターのラジニカーントのファンクラブにも入りました。ちなみに会員番号は55番でした。インド映画のオールナイト映画イベントに参加したりもしておりました。インド映画というと、マサラムービーとも呼ばれ、ドラマ、アクション、ラブロマンス、コメディーなど全ての要素が一つに入っていて、何といっても印象的なのがミュージカルシーンですね。独特な音楽とダンス。僕の人生に大きな影響を与えてくれました。日常で活用しているマントラもインド映画で知りましたし、ヒップホップのダンスを始めたきっかけもインド映画でした。

 

90年代後半から2000年代のはじめがインド映画ブームが来ていましたが、ラジニカーント主演の映画は配給先の問題などでしばらく日本では上映されていませんでしたが、近年ロボットというラジニカーント主演映画が上陸を果たし、ここ最近またインド映画が注目を浴びはじめているようです。数年前にインドで上映になった、シャルクカーン主演の「オームシャンティオーム【原題Om Shantih Om】」も日本に上陸していたのを最近知りました。この映画は、まさにマントラがタイトルになっていて気になって、近所のバングラデシュ料理の奥さんに借りて観た事がありますが、輪廻転生を描いているラブロマンス映画でした。

 

前置きが長くなりましたが、最近僕が観たインド映画は「きっと、うまくいく【原題:3 idiots】」という作品です。大学を舞台に繰り広げる若者3人の人生を描いた作品です。一言でこの映画を説明するのはとても難しいので是非ご覧いただきたい映画ですが、この「きっと、うまくいく(ALL IZZ WELL)」というアファメーションがあり、彼らの人生が好転していくという展開。そして、インド映画では「あるある」ですが、過去と未来が交錯する時間軸を使った展開も面白いです。ちなみに、僕のお気に入りのバーシャというインド映画は、現在から過去に戻り、さらに過去に戻るという時間の大スペクタクルが巻き起こります。

 

この映画「きっと、うまくいく」のテーマは競争社会や「ほんとうにやりたいこと」です。競争することをストップして、本当にやりたいこと&楽しいと感じる事にフォーカスすれば、まさに「うまくいく」という事に気付かせてくれる映画でした。インド映画なので、様々なシーンがありますが、それも一つの映画としてご覧くださいね。

 

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 映像・動画

  関連記事

クリエイティブなやり方を見付ける

14世紀に始まったルネサンス頃から人間が持つ様々なクリエイティブ・創造力が高まってきています。これも時代の流れで、権力や戦い等に重きを置いていた時代から、人間が本来持っている可能性を追求していくという …

no image
I can see clearly now in Finland

今年2月に行ったフィンランドでのワークショップ「Self-Quest in Nature」でワークの一環として映像作品を作りました。参加者全員とフィンランドの友人Juhaにも参加していただき、面白い映 …

no image
イルカと猫

動物たちの世界は調和が保たれていて、人間が持っている思い込みや先入観、葛藤などアンバランスなものを存在させることができません。調和された状態、バランスが取れた状態というのを自然界から私たちは気付かされ …

no image
Walking Tour

私たちはどんな時でも、どんな人でも一人にはなり得ません。常に多くの存在、それは今一緒にいる人たち、昔出会った人たち、もう今はいない人たち、動物、植物、鉱物界の存在、スピリット達、アバターと呼ばれる存在 …

no image
フィンランドでのワークショップ間もなく締切です。

「Self Quest In Nature 自然の中で自分探し」をテーマにフィンランドでのワークショップを2月4日(水)~2月11日(祝)に行います。まもなく締め切りとなります。 フィンランドのヘルシ …

no image
コネクション

人と人との繋がり、もっと言えば魂と魂の繋がりはこの世界では切ることができません。極端な話、1人で山に篭ったとしても無理です。どんな環境にいても、私たちは意識的にも無意識的にも他の人々と繋がっているもの …

no image
World Blue Channel Vol.8 「Maharoty’sにて~動物と人間について」

長らくお待たせしておりましたが新しいワールドブルーチャンネルが完成しました。今回は自由が丘のドッグトリミングサロン「Maharoty’s(マハロティーズ)」にて、オーナーのめぇたん(川口め …

no image
ワールドブルーチャンネル Vol.5「旅」

第5回目になりました動画ニュースのワールドブルーチャンネル。今回はゲストにオランダアムステルダムの友人レナルド(Renaldo)を招いての旅について話させていただきました。レナルドは旅人で世界中を旅し …

no image
ワールドブルーチャンネルVol.6「2011年の予感+お葉書コーナー」

2011年初のワールドブルーチャンネル。今回で第6回目になります。今回は2011年の私たちの意識に関わるアカシックレコードからの情報と、恒例になっていて何気なく好評を頂いています「おはがきコーナー」を …

ワールドブルーチャンネル Vol.17 「Yoga@雑貨カフェhacco」

さりげなくファンが増えてきている印象が少々ある動画ニュース&レポート「ワールドブルーチャンネル」の最新作が完成しましたので公開します。 2014年2月14日、東京では大雪となったスノーバレンタインデー …