体外離脱と幽体離脱は体験が異なる

expandness

体外離脱も幽体離脱も意識が肉体の領域を越えて拡大する体験である点では同じで、ニュアンスや言葉の定義によっては体外離脱と幽体離脱をまとめて「体外離脱」として使うこともありますが、実際の体験は少々異なります。

 

体外離脱はエーテル体、幽体離脱はアストラル体へと意識が拡大する体験です。エーテル体への拡大は、リモートビューイングやバイロケーションとも呼べる体験で、集合的に合意された時空の中を体験します。アストラル体へ意識が拡大する幽体離脱は集合的に合意された時空から離れるので、時間の縛りも無く、また人類が今まで(+これから先)に創造した全ての概念・情報が入っているので、現実的な枠組みを超越した体験ができます。自分自身の意識がそのまま姿を表すような体験です。英語では、「アストラルプロジェクション」と呼ばれる体験で、アストラル領域に自分の意識を投影させた体験になり得ます。

 

現実的な時空を観察したい場合は体外離脱・リモートビューイングを行い、様々なインスピレーションや時空を超えた大きな視点から今の現実を捉えたい場合は、幽体離脱・アストラルプロジェクションを行うというのも一つのアイデアですね。共通しているのは、両方ともまだ「個」というユニークさがあるという状態。また「意識的」な体験となる場合は、体の感覚意識も一緒に旅をしている状態になります。なので、日常を生きている時と同じような感覚で体験をします。アストラルプロジェクションになると、五感や感情を超えている、もしくは五感・感情が統合されているような体験となります。

 

いずれにしても、この体験は誰もが日々行っていますが、無意識的になっているものです。これを意識的に行う事ができると、もっと日常がイキイキと輝きを増してきて、自分らしい人生が展開してきます。3月16日(日)は11時より体外離脱ワークショップを行いますので、ご興味ある方は是非ご参加ください。

 

3/16(日) ワンデイワークショップ 「 体外離脱ワークショップ~体外離脱への旅 」
意識的な体外離脱・幽体離脱を行うワークショップ。多次元的な自分に体外離脱を通して気付きます。東京開催。

日時:3/16(日) 11時~18時30分頃
料金:20,000 円(税込)
会場:ワールドブルー(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/obe.php

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。