パンドラの箱から分かる不安や心配は始まりの証である理由

今回は不安や心配は終わりではなくて、始まりの証である理由についてパンドラの箱をテーマに書きたいと思います。

 

日常で不安や心配を感じると、「もうだめだ」「自分には無理だ」というように物語の終わりとして捉えてしまい絶望として捉えてしまうことってあるかもしれません。そうなると何もかもが絶望へと向かってしまいます。

 

パンドラの箱には希望が詰まっている

不安や心配はパンドラの箱を開けた状態と捉えることができます。パンドラの箱は一般的に「災い」や「厄介なこと」の象徴として使われていますが、実際はパンドラの箱の底には「希望」が残っています。

ギリシャ神話に出てくるパンドラの箱。全能の神ゼウスが地上に最初の女性のパンドラに持たせた箱で、「絶対に開けてはならない」と言われていたのをパンドラが好奇心であけてしまい、様々な災いや絶望が飛び出したが、最後に希望が残っていたという話。

 

このパンドラの箱はまさにこの世界で体を持って行動をする上での創造や現実化として捉えています。不安や心配が起こったということは、まさにパンドラの箱を開けた状態。ここで諦めてしまう、つまりは災いに参加すると絶望が強調されてしまうことになります。

しかし、その不安や心配を絶望としてではなくて、希望として捉えていくことで、そこから新しい何かが始まっていきます。

 

エゴの抵抗が不安や心配になる

不安や心配を味わうということは、エゴが抵抗をしている状態です。何か新しい環境に入っていくことや、今までできなかったことができるチャンスが来ていたり、ずっとほしかったものが手に入る時が来ているからこそ、今までの安全な生き方を絶対的に信じて守っているエゴが抵抗をしているということです。

パンドラの箱から表れてくる絶望や災いは、言わばエゴの抵抗。エゴの抵抗の裏には、本質的なワクワクのビジョンが隠れているということになります。

 

不安や心配を奇跡に変えていくポイント

不安や心配は決して終わりではありません。エゴの戦略として終わり、絶望のように捉えさせているだけで、本当は本質的なワクワクが始まる証です。

特に不安や心配を感じたら、とにかく体を動かしていくことです。

運動、エクササイズ、表現、創造力を使った活動を何でも構わないので日々の生活の中で行うことで、パンドラの箱の底に眠っている希望、奇跡が芽を出していきます。

 


ワークショップのご案内

2018/10/16(火) シータ波になるためのワークショップ
シータ波とは一般的に「夢を見ている状態」この時、問題解決、サイキックゲート、クリエイティビティが発揮されます。この状態を意識的に作るためのパワフルワーク!

オンラインセミナー(ウェビナー)


アウェイニングプログラム7期2018年10月27日スタート

シャーマニズムに基づき、約半年で準備を行い海外にてシャーマニックリチュアルを体験し、森羅万象が始まる瞬間である「創造の源」や多次元的な世界を体感し完全に腑に落とし自己覚醒のためのクイックプログラム「アウェイクニングプログラム」の第7期は2018年10月27日にスタートを予定しております。本当の自分の正体を知りたい方、この世界の仕組みを腑に落としたい方、そろそろ能力の人生から「どう生きるか?」の人生にしたい方、自分探しの旅をそろそろ止めて本当の人生を生きたい方のご参加お待ちしています。通学、通信、自己認識のみに特化したセルフディスカバリーコースの3コースご用意しております。

第7期(予定):2018年10月27日〜2019年7月13日(海外リトリート 6/14~)
詳細:http://www.awakening-program.com

アウェイクニングプログラム

動画コーナー

アウェイクニングプログラム

ワールドブルーアウェイクニングプログラムに関する動画です。参加メンバーのシャーマニックリチュアル体験談やプログラムガイダンス等の動画を紹介しています。

ワールドブルーチャンネル

ワールドブルーチャンネルは毎回様々なロケーションやテーマでワールドブルーのトミーやエリーがお送りするシュールな動画ニュースです。 毎回お馴染みのお葉書コーナーもあります。

ワールドブルー公式ライン

ワールドブルーのLINEアカウントでは、トミーによる「ワクワクする人生をゲットするためのワンポイントトレーニング」動画を限定配信+オリジナルマンダラをお送りしております。下記のQRコードやバナーボタンからご登録ください。IDは@worldblueになります。登録時にも、オリジナルマンダラ待受画像をお送りしております。是非お友達になりませんか?ラインからもお問合わせや質問などお気軽に。 友だち追加数
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。