ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

Q&A 意図について

   

今回は意図に関してご質問を頂いたので、その回答を掲載したいと思います。参考にしてみてください。

Q. 意図を明確にするのが苦手で、自分の意図したことが本当に結果になっているのか自信がありません。どの瞬間も自分の意図に気づいている在り方はすごく大変な気がします。

意図には2つあります。一つは本質的な意図、もう一つは何かを避けようとするような恐怖から発信される意図です。本質的な意図は「私は○○がほしい」とためらわず宣言できます。そこには誰から言われたり比較したりするものではなく、本心から宣言できるものです。逆に恐怖からの意図は「○○したくない」とか「(何かを隠したいから)○○がほしい」というような恐怖心が作り出す意図です。ここでは前者の本質的な意図について書かせていただきます。

確かに自分の意図を毎瞬毎瞬に意識していることは難しいですね。常にそのことだけを考えていると、それは意図ではなくて執着や期待になってしまいます。意図と執着・期待の違いは、意図は自分自身のビジョンが明確になっていて自分の状態、期待・執着は自分のビジョンが狭くなり、他者と比較をしたり、なかなか結果に表れない事に対する焦りや、「こうじゃなきゃならない」というような正しさ、見返りを求めてしまうような状態です。結果的に恐怖からの意図になりますね。こうなると私達は簡単に傷付いてしまいます。

意図した事が結果になっているかどうかは、今手に入れているモノや状況で分かります。どんな状況であれば、今の状態が満足している状態であれば、それは本質的な意図が結果になっていると言えます。

逆に、何かしっくり来ていなかったり、手に入れたモノが思っていたものと違ったり、現状に不満がある場合、意図が恐怖からのものになっていたり、本質的な意図だったにも関わらず、なかなか結果に表れないために焦って葛藤している状態になります。

意図とは、暗闇の中を進む船を照らす灯台の灯に例えられます。真っ暗の中を航海しているとどこにいってよいか分からず迷ったり元来た道を戻ろうとしたり、習慣に従って進もうとし、目的地に到着できないか、すごく時間が掛かります。灯台の灯があれば、シンプルにその方向に進めばOKです。なぜ光っているのかとか、どのように光っているか、どのように進もうか等いちいち考える必要はありません。そこに進めばよいだけです。

この意味で意図は一回できれば十分ということになります。何度も意図をし直す状態は意図ではなく執着や期待になってしまい、恐怖からの意図がパワーを増していきますし、自信も無くなって来てしまいます。

一切のプロセスを一旦脇に置いておいて、「どんな事が起こるか分からないけども結果的にこうなる」という意図を持っておくだけでOKです。「これを手に入れたら誰かに奪われてしまうかも」とか「これを達成するためにはやらなきゃならないことがたくさんあるから無理だ」とか「あの人は能力が高いから、自分には無理だ」みたいな想いが意図を曇らせてしまいます。

自信を得るためには、理論だけではなく意図が結果になっていくプロセスは体感する必要があります。まずは身近な所で、葛藤が無い些細な望みを意図してみます。ためらいなく「私は○○について知りたい」とか「私は○○を食べたい」等、葛藤が明らかに無い意図を宣言してみることが自信に繋がる一つの方法です。

意図ができたら、あとは今自分が興味ある事やクリエイティブな事、ずっと習いたかった事を勉強してみたり、自分自身の好奇心やワクワクを満たすような行動に集中していきます。まずは行動です。動くことで徐々に「在る」という状態になっていきます。この在るという状態が意図と結果が一致している状態、つまりは「実は既にほしいモノ、なりたい姿はいつでも自分の中にあったものなんだ」と気付く瞬間です。

以上ですが、参考になればと思います。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - Q&A, 意識・心・気付き

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

五感・感情が導く多次元へのゲート

娘が生まれて100日。昨日はお食い初めの儀式を行ってきました。健やかに丈夫に、豊かに生きるための儀式でしたが、日本には様々な子供のための儀式があって、それぞれが家族との絆を強めるためのものなんだなぁっ …

オリジナルの情報で生きる

情報がたくさんある現代でいかに自分自身と繋がり、ビジョンを現実化していけるかがキーだと感じています。 「自分はちゃんとしているか?」「このままで大丈夫なのか?」「他の人と違う事をしていてもいいのか?」 …

no image
シンクロとリモートビューイング

意味のある偶然的な出来事。このような体験をシンクロニシティと呼ばれていますね。 例えば、ふと友達の事を思い出したら、ちょうどその友達から電話が来たり、 いつもの電車に乗り遅れたら、その電車が事故になっ …

無邪気な喜び

週末に妹夫婦の家に甥っ子の様子を見に行ってきました。 久しぶりに見ると本当に大きく、そしてプックリしていました。 笑顔も頻繁に見せるようになってきていて益々可愛くなってきました。 そして、首も据わった …

no image
クリエイティビティ

自分自身のオリジナルのビジョンを体、思考、感情、五感、直感等を活用しながら、この世界で体感する事こそが私たちが今この世界で生きている一つの意義だと感じています。 クリエイティビティ(創造力)+イマジネ …

no image
傷つかないための反応

私たちは体験したいことしか体験できません。言い換えれば、体験したい事は体験することができる、という事になります。しかし、抑圧した感情や葛藤があると、そのほとんどが「過去」からの比較で自動的に行われてし …

no image
車山高原に行ってきました。

先日、信州の車山高原に行ってきました。友人がペンションで働いていて、仲間たちで行ってきたわけです。とても涼しいところで、料理も美味。車山登山に出掛けてみましたが、山の頂上で大雨にあい、慌てて下山すると …

オリジナリティを輝かせるシンプルな方法

日々、情報が拡大している 様々な情報や概念が拡大している時代ですね。日々、インターネットやテレビ等のメディアの情報も拡大しており、欲しい情報をいつでも手に入れることが容易になってきています。その反面、 …

no image
モード切り替え♪

人間は変わることはできません。なぜなら、生まれながら自分は自分だから。だから、自分を変えようなんて思う必要性は全く無く、自分自身を受け入れることがとても大切だと僕は感じます。 ただ、モードを切り替える …

no image
今この瞬間の反応へ

私たち、もっと言えば、この社会のシステムの一部は「過去」で出来ています。例えば、目の前にあるディスプレイや使っているパソコン。これは、過去に「パソコンだ」とか「ディスプレイだ」というように誰かやメディ …