ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

Q&A 意図について

   

今回は意図に関してご質問を頂いたので、その回答を掲載したいと思います。参考にしてみてください。

Q. 意図を明確にするのが苦手で、自分の意図したことが本当に結果になっているのか自信がありません。どの瞬間も自分の意図に気づいている在り方はすごく大変な気がします。

意図には2つあります。一つは本質的な意図、もう一つは何かを避けようとするような恐怖から発信される意図です。本質的な意図は「私は○○がほしい」とためらわず宣言できます。そこには誰から言われたり比較したりするものではなく、本心から宣言できるものです。逆に恐怖からの意図は「○○したくない」とか「(何かを隠したいから)○○がほしい」というような恐怖心が作り出す意図です。ここでは前者の本質的な意図について書かせていただきます。

確かに自分の意図を毎瞬毎瞬に意識していることは難しいですね。常にそのことだけを考えていると、それは意図ではなくて執着や期待になってしまいます。意図と執着・期待の違いは、意図は自分自身のビジョンが明確になっていて自分の状態、期待・執着は自分のビジョンが狭くなり、他者と比較をしたり、なかなか結果に表れない事に対する焦りや、「こうじゃなきゃならない」というような正しさ、見返りを求めてしまうような状態です。結果的に恐怖からの意図になりますね。こうなると私達は簡単に傷付いてしまいます。

意図した事が結果になっているかどうかは、今手に入れているモノや状況で分かります。どんな状況であれば、今の状態が満足している状態であれば、それは本質的な意図が結果になっていると言えます。

逆に、何かしっくり来ていなかったり、手に入れたモノが思っていたものと違ったり、現状に不満がある場合、意図が恐怖からのものになっていたり、本質的な意図だったにも関わらず、なかなか結果に表れないために焦って葛藤している状態になります。

意図とは、暗闇の中を進む船を照らす灯台の灯に例えられます。真っ暗の中を航海しているとどこにいってよいか分からず迷ったり元来た道を戻ろうとしたり、習慣に従って進もうとし、目的地に到着できないか、すごく時間が掛かります。灯台の灯があれば、シンプルにその方向に進めばOKです。なぜ光っているのかとか、どのように光っているか、どのように進もうか等いちいち考える必要はありません。そこに進めばよいだけです。

この意味で意図は一回できれば十分ということになります。何度も意図をし直す状態は意図ではなく執着や期待になってしまい、恐怖からの意図がパワーを増していきますし、自信も無くなって来てしまいます。

一切のプロセスを一旦脇に置いておいて、「どんな事が起こるか分からないけども結果的にこうなる」という意図を持っておくだけでOKです。「これを手に入れたら誰かに奪われてしまうかも」とか「これを達成するためにはやらなきゃならないことがたくさんあるから無理だ」とか「あの人は能力が高いから、自分には無理だ」みたいな想いが意図を曇らせてしまいます。

自信を得るためには、理論だけではなく意図が結果になっていくプロセスは体感する必要があります。まずは身近な所で、葛藤が無い些細な望みを意図してみます。ためらいなく「私は○○について知りたい」とか「私は○○を食べたい」等、葛藤が明らかに無い意図を宣言してみることが自信に繋がる一つの方法です。

意図ができたら、あとは今自分が興味ある事やクリエイティブな事、ずっと習いたかった事を勉強してみたり、自分自身の好奇心やワクワクを満たすような行動に集中していきます。まずは行動です。動くことで徐々に「在る」という状態になっていきます。この在るという状態が意図と結果が一致している状態、つまりは「実は既にほしいモノ、なりたい姿はいつでも自分の中にあったものなんだ」と気付く瞬間です。

以上ですが、参考になればと思います。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - Q&A, 意識・心・気付き

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アカシック情報のズレ

アカシックレコードはユーザーフレンドリーで、それはインターネットの検索エンジンのように知りたい情報を検索すれば、情報が示されます。 アカシックレコードを読むのは興味があれば誰もができますが、ただ、ポイ …

イリュージョン

私たちが見ているこの世界は、私たちが見たいように見ている世界。感じたいと思った体験・意図が、この時空間に投影され現実として創造されていきます。 私たちの本質にあるものは、様々な可能性を可能な限り観察し …

概念をリリースしてオリジナリティを発揮する

世の中には何かを身に着けたり、行ったり、到達するための手法・アプローチは本当に様々あります。そのアプローチによって、様々な概念が生まれシンプルなものが複雑になっていくことがあります。そして、自分の中に …

2012 Ascension Harmonics

ジョナサン・ゴールドマン(Jonathan Goldman)の作品「2012 ASCENSION HARMONICS」オーバートーン(倍音)やチベタンベル、チベタンボウルを使い、特殊な音の波を作り出し …

能力ではなく生き方

  誰しもがユニークであり貴重な存在としてこの世界で自分自身を表現しています。そして、その表現方法を通して自分自身を知るという体験をすることになります。   徐々に自分自身について …

no image
ずっと変わらないもの

地球という星に生まれて私達は生活を送っています。 今まで様々な国を訪れ、いろんな文化と触れてきましたが、地球は狭いという言葉があるように、まさにどこにいたとしても、そこには自分しかいないように感じます …

no image
喧嘩の中にいる自分

私たち人間は、あの金八先生も言っているように、文字通り「人と人との間」で生きています。自分という存在は、他者がいなければ、感じることができないのは確かです。 アカシックリーディングでも多いご相談の一つ …

no image
「矛」「盾」

矛盾・・・それは文字通り、矛と盾の話が語源となっている言葉ですね。 どんな矛さえも通さない最高の盾と、最高の矛(剣状の武器ですね)はどんな盾も貫く武器。この2つが出会った場合、そこには辻褄が合わない現 …

他者の人生と比較する事の儚さ

この世界で私たちは自分でプログラムしたイベントを体験しています。そのプログラムを通して、自分自身の本質に気付き、最終的には完了・バランスを迎えます。   プログラムの内容は一人ひとり皆違うも …

no image
ONE

リチャードバック著の「ONE(ワン)」は、まさにパラレルワールド(平行次元)、そしてオーバーソウルについてうまく表現している作品です。 ストーリーとして描き、分かりやすく多次元的な「私」について説明し …