ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

Q&A 意図について

   

今回は意図に関してご質問を頂いたので、その回答を掲載したいと思います。参考にしてみてください。

Q. 意図を明確にするのが苦手で、自分の意図したことが本当に結果になっているのか自信がありません。どの瞬間も自分の意図に気づいている在り方はすごく大変な気がします。

意図には2つあります。一つは本質的な意図、もう一つは何かを避けようとするような恐怖から発信される意図です。本質的な意図は「私は○○がほしい」とためらわず宣言できます。そこには誰から言われたり比較したりするものではなく、本心から宣言できるものです。逆に恐怖からの意図は「○○したくない」とか「(何かを隠したいから)○○がほしい」というような恐怖心が作り出す意図です。ここでは前者の本質的な意図について書かせていただきます。

確かに自分の意図を毎瞬毎瞬に意識していることは難しいですね。常にそのことだけを考えていると、それは意図ではなくて執着や期待になってしまいます。意図と執着・期待の違いは、意図は自分自身のビジョンが明確になっていて自分の状態、期待・執着は自分のビジョンが狭くなり、他者と比較をしたり、なかなか結果に表れない事に対する焦りや、「こうじゃなきゃならない」というような正しさ、見返りを求めてしまうような状態です。結果的に恐怖からの意図になりますね。こうなると私達は簡単に傷付いてしまいます。

意図した事が結果になっているかどうかは、今手に入れているモノや状況で分かります。どんな状況であれば、今の状態が満足している状態であれば、それは本質的な意図が結果になっていると言えます。

逆に、何かしっくり来ていなかったり、手に入れたモノが思っていたものと違ったり、現状に不満がある場合、意図が恐怖からのものになっていたり、本質的な意図だったにも関わらず、なかなか結果に表れないために焦って葛藤している状態になります。

意図とは、暗闇の中を進む船を照らす灯台の灯に例えられます。真っ暗の中を航海しているとどこにいってよいか分からず迷ったり元来た道を戻ろうとしたり、習慣に従って進もうとし、目的地に到着できないか、すごく時間が掛かります。灯台の灯があれば、シンプルにその方向に進めばOKです。なぜ光っているのかとか、どのように光っているか、どのように進もうか等いちいち考える必要はありません。そこに進めばよいだけです。

この意味で意図は一回できれば十分ということになります。何度も意図をし直す状態は意図ではなく執着や期待になってしまい、恐怖からの意図がパワーを増していきますし、自信も無くなって来てしまいます。

一切のプロセスを一旦脇に置いておいて、「どんな事が起こるか分からないけども結果的にこうなる」という意図を持っておくだけでOKです。「これを手に入れたら誰かに奪われてしまうかも」とか「これを達成するためにはやらなきゃならないことがたくさんあるから無理だ」とか「あの人は能力が高いから、自分には無理だ」みたいな想いが意図を曇らせてしまいます。

自信を得るためには、理論だけではなく意図が結果になっていくプロセスは体感する必要があります。まずは身近な所で、葛藤が無い些細な望みを意図してみます。ためらいなく「私は○○について知りたい」とか「私は○○を食べたい」等、葛藤が明らかに無い意図を宣言してみることが自信に繋がる一つの方法です。

意図ができたら、あとは今自分が興味ある事やクリエイティブな事、ずっと習いたかった事を勉強してみたり、自分自身の好奇心やワクワクを満たすような行動に集中していきます。まずは行動です。動くことで徐々に「在る」という状態になっていきます。この在るという状態が意図と結果が一致している状態、つまりは「実は既にほしいモノ、なりたい姿はいつでも自分の中にあったものなんだ」と気付く瞬間です。

以上ですが、参考になればと思います。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - Q&A, 意識・心・気付き

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
億劫や面倒を乗り越える

意識は一つに繋がっているのだと改めて実感しました。よく「人の噂をしていたら本当にその人が現れた」という話がありますが、それは偶然じゃないんですね。全て「意識」です。本日はある出来事があり少し納得がいか …

Shantihという音の平安の本質

サンスクリット語で詠われる古代ヴェーダの叡智で最も有名な言葉の一つに「SHANTIH」という音・言葉があります。このShantihは映画「マトリックス レボリューション」のエンディングJuno Rea …

2015年の個性の時代にあるパワーと罠

18日は新春ワーク+シャーマニックリチュアル報告会&新年会を開催しました。予想以上に多くの方にご参加いただき、とても盛り上がるイベントとなりました。ありがとうございます。そして、そこでワールドブルーの …

no image
内と外から中心へ

スピリチュアルやニューエイジの概念として「外側の世界は内側である」「内側を見詰める事が大切」というような言葉があります。 確かにある段階までは外側で起こっている事は私たちの心が作り出した世界であると言 …

no image
アウターチャイルド

インナーチャイルドという概念があります。これは小さな頃の体験が癒されていずに残っている概念になります。子供の頃の体験が今に影響を及ぼし、反応が出てくることがあります。その場合、子供の頃の体験をよく観察 …

no image
Shantih Mantra–平安のマントラ

久しぶりのブログになってしまいました。4月中旬は新潟上越市でリモートビューイングワークショップ、マントラ、曼荼羅のワークショップ等を開催してきました。季節は春。上越の高田公園は日本三大夜桜のひとつとい …

no image
地震と葛藤の関係性

北海道で大きな地震が起こりました。地震に見舞われた皆様、心よりお見舞い申しげます。自然の力は本当に偉大でありますが、時にはその力により私達は試練を受けます。台風や地震などの自然災害は私達の恐れの部分に …

no image
ループから抜けるために

物事がうまく進まなかったり、何か邪魔や障害というものが起こった場合、例えそれが外側の出来事であったとしても、大きく見ると自分自身の中にある抵抗が作り出していると言えます。 私たちは、何かが起こったとき …

この世界を生きるために必要な個性

この世界の誰もが個性・オリジナリティを日々の中で表現して生きています。この世界では皆違って当たり前、と言うか違わないと成立しない世界。個性・オリジナリティは簡単に言えば、この世界を生きるためにあるとし …

no image
他人への現実化 Law of Threefold Return

自然界は人間(魂意識、ソウル)のコマンドに従うという法則があります。これを、よく宇宙の法則(Universal Law)なんて呼ばれたりもしますが、これが現実化の根本的な力動になっています。 そして、 …