ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

祈りは自己承認。操作は自己否定。

      2014/02/24

dolphin_joy

他者に対して、明晰性やその人がその人らしくいるために自然に祈りを捧げることは、自分自身の中にも同様に、現実化や「なりたい自分になる」という道が加速的にやってくることになります。有名な話で、あのプロゴルファーのタイガーウッズが例えライバルであっても負けていても相手のボールがカップに入ることを祈っている、というのが分かりやすい例かと思います。

 

逆に相手との合意なしに直接的に介入して他者に対して代わりにやってあげたり、相手の意思に反してよかれと思って何か手助けをしたりすると自己否定を高めることにも繋がります。全ての人が、オリジナルのプロセスを歩んでいます。自分で自分を知るためには、誰かにしてもらうのではなくて、自分自身でしなければなりません。そのため に、様々なプログラムをこの世界で体験していきます。その人生の道を他者が介入してしまったり、逆に介入を許してしまうと、相手を依存させてしまったり、傷付けたり、邪魔になったり、 自分の人生を他者に委ねてしまい、結果的に自分を知るのに長い時間が掛かることになります。

 

相手のタイムラインに介入をしたいという想いがあるということは、自分の中に何か満たされていない想いや自己憐憫があったり、「私はこんなにすごいんだ、特別なんだ」というような自己重要性や傲慢さの表れと言えます。これは、外側に自分のパワーや自己価値の証を求めるパターンで、この状態のままでいると自分を認める事ができないループに入り、外側に対して要求が増えキリがありません。

 

結局、最終的には誰もが自分自身を知ることができるし、なりたい自分になれます。日々の体験は、そのための通過点。まずは自分自身を意識的に生きることがキーです。五感・感情を大切にして。他者のプロセスはその人に任せましょう。もし、相手がヘルプやサポートを求めてきたら、出来る範囲で相手のサポートをすればOKです。同意が無い状態で、相手を助けたくなったら、その想いがどこから来ているのかをまずは確認。その結果、サポートをココロからしたいと思ったら、まずは相手とコミュニケーションをして「今私はあなたに対して何ができますか?」とか「あなたのために○○しましょうか?」というように聞く事です。それでも、相手は「特にありません」「必要ありません」と言ったら、直接的にできることは何もありません。できることは、相手を認めて「どんな事が起こるか分からないけど、結果的にその人はその人らしくいられますように」というような全体性や健やかさへの祈りです。祈りは本当にパワフルな瞑想であり、エネルギーであり、自己承認です。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き , , , ,

  関連記事

no image
リモートビューイングの可能性

今月の21日22日に仙台からスタートするリモートビューイングのワークショップにお問い合わせをいただいておりますが、やはり多いご質問がリモートビューイングを実際に日常にどのように役立てることができるのか …

no image
瞬間と瞬間の間の瞬間

なんだか、瞬間続きのタイトルになりましたが、「瞬間」という言葉は、言葉としては分かるのですが、実際の体験となると時間がある世界にいる限り「瞬間」を見たり触ったりすることはできません。この瞬間、と思った …

no image
子供の心のちから

僕より約20も離れているけど、子供の心を忘れていない従兄弟がいます。その従兄弟は磁力(マグネティックエネルギー)を使う力が顕著に現れていて、機械を壊してしまうし、例えば傘を持つとカッターで切ったように …

認識している世界は一つの箱の中にいるようなもの

  今認識している世界は一つの箱の中にいるようなものです。ある種の境界線を作り、その先には行けずに、この箱の中で完結しているようなイメージです。   意識を拡大させる、もしくは拡大 …

オリジナルで生きる怖さ

オリジナリティをこの世界で自然に表現することができれば、自分自身を知るということに繋がりますし、ある意味それが誰にとっての人生のテーマであると言えます。 とは言っても、この社会の中で自分の個やオリジナ …

情報に一喜一憂せず本質で生きるために

僕のブログでは毎度お馴染みになっているキーワード「現代は情報社会」。本当に日々情報は加速的に、そして倍々ゲーム的に増えています。TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアの影響もあり、私 …

no image
I AM

「今ここに在る」これを英語では「I AM」と阜サされます。I AMは「私は~です」と和訳されていますが、本来は「存在」浮キ言葉なのだそうです。「今」を生きることは非常に大切であり、それしかないのだが、 …

怒ったっていい。怒りのエネルギーの処方箋

理不尽なことや納得がいかないことがある時、私たちは怒りという質を持つ感情やエネルギーを味わいます。人間であれば、怒りを味わうことは当然のことであり、それはこの世界を生きている証とも言えます。だから、怒 …

本当の自分のビジョンを知った後の罠

アウェイクニングプログラム第一期は折り返し地点になり、そしていよいよアウェイクニングプログラムの第二期も8月1日からスタートとなります。創造の源、それは私たちのインスピレーションやビジョンが存在してい …

大きな木のような根を創り現実化を加速する

大きな木のような状態になると私たちは体と心が一致し、そしてこの世界で体験すべきビジョンを輝かせることができます。   その状態とは、しっかりと根を大地にはり、滋養を得ることで、自分らしい実を …