ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

本当の自分のビジョンを知った後の罠

   

conscious_live

アウェイクニングプログラム第一期は折り返し地点になり、そしていよいよアウェイクニングプログラムの第二期も8月1日からスタートとなります。創造の源、それは私たちのインスピレーションやビジョンが存在している源で、文字通り創造力の源泉です。その体験は、自分自身のプログラムを事前に腑に落ちる形で知ってしまう体験で、お笑いや映画などのオチを知る瞬間でもあります。正直、自分の正体を知る事はある意味怖い体験にもなります。なぜならば、今まで生きてきた証が通用しなくなる体験で、ブロックや葛藤、過去の記憶の選択をベースにしていた生き方から、自らの意思・意図・ビジョンで生きざるを得なくなってしまうことになるからです。それでも、本当の自分の姿を知りたいという想いで参加いただいている皆さん、その勇気に感謝です。

 

さて、様々な体験や経験を通して自分のビジョン・意図・方向性を知った後に罠があります。それは、今までの生き方に戻そうとする自我(エゴ)のコントロールです。本質的には本来の自分の道・ビジョン・プログラムを知ってしまいます。なので、ワクワクとした気持ちで本来の自分の道を歩もうとしますが、今まで慣れ親しんでいた生き方にしがみ付いているエゴの管理がビジョンを生きる事を邪魔します。なぜならば、先ほども書きましたが、体は今まで通りの生き方が正しいと思っているからです。その方がちゃんと生きていけると思っているんですね。今まで同じ方が、例え傷付いた経験があったとしても、安全だからです。

 

もし、ビジョンを知ったのに、なんかうまく人生が展開しなかったり、億劫になっていたり、モヤモヤしているとしたら、それは体が抵抗している可能性があります。元の状態に戻ろうとする力動がある状態です。そんな時こそ、しっかりと体をケアする必要があります。考えていても何も変わりませんし、更にモヤモヤとしてしまうでしょう。なので、思いっきり体を動かしたり、温泉に浸かったり、瞑想したり、気の合う仲間とお酒を飲んだり、アドベンチャー的なアクティビティに参加したり・・・とにかく体をケアすることです。体がしっかりとケアされてくると、バランスが取れてきて、本来の自分のビジョンにフォーカスしやすくなってきます。

 

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き ,

  関連記事

no image
意味の怖さ

全ての環境は自分に対する鏡でありメッセージだと気づきました。弊社の近所に住むお客さんが石を購入していただき、近所ということで実際に会って手渡しさせていただきました。その方も石に囲まれている方で様々な物 …

no image
ヒラメキはゲートウェイ

突然、歯を磨いていた時、お風呂に入っていた時、トイレに入っていた時などに、今まで抱えていた問題の解決策やアイデア等、ひらめいた事ってありませんか?その時の状態っていうのが、一言で言えばリラックス状態。 …

no image
不安は「過去→未来」のリハーサルから

不安や恐怖という感情から様々な問題を体験することになります。不安や恐怖とはどのように生まれるかですが、「過去の体験」を分析・比較した上での、「見えない未来」を予測すると生まれます。この「過去の体験」を …

no image
視覚の幅が広がる

最近、僕の周りでは空間に様々なモノが見え始めている人が増えています。僕自身もふとした時に、「あれ?」と感じるものが見てたり。明らかに肉眼で捉える事ができます。僕は光子的なエネルギーの一種だと感じていま …

no image
夢とリアルの境界線

夢の世界とリアルの世界。私たちは意識的にも無意識的にも両方の世界を日々体験しています。 夢の中でも視覚、触覚、味覚、嗅覚、聴覚の五感を使うし、いろいろな思考や感情も体験しています。この点においては、現 …

no image
ジャッジを手放す

判断すること。英語だとジャッジすること。この「判断」することを手放すと本当に気持ちが楽になると感じています。判断とはこれが良いとか悪い、~により上だとか、~より良いなど全ての私達が個人個人受け取ること …

no image
太陽の光

ヨーロッパの旅から戻ってきて約1週間程経ちます。が、時差ぼけがまだ続いています。僕の体質として行くときはテンションも上がっていて大丈夫なのですが、戻ってきてからの時差ボケがしんどい。昨夜も夜中目が冴え …

no image
This is Life

私たちはこの世界に生きるために存在していると言っても過言ではありません。 どんな状況であっても、問題を抱えていようと、自分を知りたくても、どんなビジョンを持っていようと、ここで生きるからこそ「何か」の …

恐れの源は自分の中にある

私たちが感じる恐れの元。それは外側にあるものではなくて、そもそもは自分の中にあるものです。確かに、外側の現象がきっかけとなって「怖い」と思うかもしれませんが。結局、反応しているのは、内面にある恐れの源 …

オリジナルの方法

何かを作ったり、成し遂げたり、なりたい自分になるためには様々なアプローチがあるものです。 しかし、他者との比較や過去や未来との比較が入ってくると、「こうしなければだめだ」とか「これが絶対的な方法だ」と …