ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

意識とテンプレート

   

今月から正式に大井町のスポーツクラブの会員になりました。
ヒップホップのダンスを中心に、軽くウェイトトレーニグなどを
目標を作らずにただエンジョイ&リラックスでやっていきたいと思います。
目標を作ると、「今日は○○しなければならない」とか
「今日は○○できなかった・・」というような義務感を伴う葛藤が生まれやすいんです。純粋に自分の体をエンジョイすることが大切だと感じます。

ところで、全ての出来事や出会いは意識の投影(現実化)した形(フォーム)であると強く感じていますが、意識状態と共鳴して起こる出来事はテンプレートという概念が関わっているようです。
僕は以前杉並のスポーツクラブに通っていました。そして、今回は大井町のスポーツクラブに入会した訳ですが、そこで出会う人や場の雰囲気などは杉並のスポーツクラブと非常に似ているんです。例えば、


対応してくれた受付のスタッフの方の名前が前のスポーツクラブのヒップホップのインストラクターと同じでした!しかも結構珍しい名前なんです。
そして、ヒップホップクラスの参加者の方の顔や年齢層が似ているばかりか、立位置まで同じ。ちなみに僕が立つ位置も前と同じです。インストラクターの雰囲気やダンススタイルもすごく似ている。これには驚きました。

結局、起こる出来事や出会いというのは、その時の意識状態と共鳴した出来事が起こるということです。これがテンプレート、つまり過去に体験した同じような出来事がコピーされたように起こるということです。今回の場合、スポーツクラブに通う意識状態は以前と似ている状態でした。もちろん、全く同じではなく今回は目標を持たず、ただエンジョイすることを目的にしていますから、今後起こる出来事は変化するのは当然です。

よく人は同じことを繰り返すと言われますが、これはテンプレート的な出来事と言えると思います。過去でも似たような意識状態があると、過去のテンプレートがコピーされて、似たような出来事が起こります。

しかし、私達は全く同じ意識状態ということはありません。様々な体験を通してスパイラル状にあるポイントに向かって進化しています。例え似たような出来事が起こったとしても、全く同じではないはずです。過去と似たような出来事が起こった時に、判断を手放してその出来事を感じることができれば、次のスパイラルの階層に進みます。

このことに気付いたのはある夢のヴィジョンからでしたが、それは長くなりそうなのでまたの機会に記録として書きたいと思います。

ちなみにですが、日本は世界のテンプレートであると言われます。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「分かる」感覚と繋がる

不安、悲しみ、心配、嫉妬、妬み、可哀想、恨み、傲慢さ・・・等々、日常には様々な感情的なストーリーがあります。このようなストーリーは、私たちの過去の体験や多次元的な記憶などによってリンクが作られた状態で …

no image
境界線の向こう側

ブログの読者の方から次のような質問をいただいておりましたので、今日はその質問の回答です。 「境界線を保ちながら、一体感を感じること」はできるのでしょうか? 「他者と自分の境界線がない状態」の時に、他者 …

時間旅行

私たちは時間を使って日常を生活しています。誰かと会うために、仕事を成し遂げるために、どこかに行くために、映画や音楽を楽しむために・・・私たちは時間を活用しています。寝ている時以外は、私たちは時間と常に …

グラウンディングなビート

グラウンディングとは「地に足を付ける」という意味があって、要するにこの現実を生きるために必要な要素ですね。このグラウンディングが弱くなると、ちょっとフラフラとしてしまい不安が強くなったり、迷いが出たり …

no image
集合の力

人が集まるところにはある種のハーモニクスがあり、集合的なエネルギー(集合意識)が作り出されます。家族、会社、地域、国等、大きい小さいは関係なく、人が集まるところにはグループの意図に沿ったダイナミクス( …

態度が現実を創る

今見ている世界は、どんな状況であっても自分自身が意図して見たいと想い作り上げられた世界と言えます。もっと言えば、自分の意図が五感・感情として表現された世界です。 本当はこうなりたいと想っているはずなの …

声の力

この世界は「音」だ。とよく言われています。静寂さえも音だとも言えます。そして、人間は「言葉」という音を作り出すシステムを持っています。 言霊という言葉があるように、まさに言葉には意識が宿っていて、言葉 …

五感・感情が導く多次元へのゲート

娘が生まれて100日。昨日はお食い初めの儀式を行ってきました。健やかに丈夫に、豊かに生きるための儀式でしたが、日本には様々な子供のための儀式があって、それぞれが家族との絆を強めるためのものなんだなぁっ …

no image
遊び心のパワー

子供は遊びの天才、と言われるように、幼少期の私たちは何でもオモチャになり、工夫をして遊びをクリエイトしてきました。 しかし、学校から社会へと出て、大人になってくると、いつしかその遊び心をどこかに置いて …

no image
一語のメッセージ

ゴールデンウィークで実家の松本に帰省した際、お隣のおばさんが他界されました。帰省した日の出来事で何らかの意図を感じましたが、お線香をあげに行った際、おばさんの魂意識はまだ中間世を漂っていて、僕に様々な …