ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

価値観の相違で分かること

   

価値観という言葉があります。価値観とは物事の尺度を測る際の基準や判断のことですね。価値観は人それぞれ異なるのが当然です。それが、アイデンティティです。

この世の全ての人は皆自分とは異なります。それが自然であり、他の人と違うからこそ「自分を知る」ことができます。それぞれのアイデンティティが大切で、もし全員が同じ価値観であったら自分とは誰なのか分からず、ここをエンジョイすることもできません。自分のアイデンティティを大切にし、価値観を手放すことがとても大切だと僕は感じます。

僕の妹は赤ちゃんを昼間託児所へ預けて働いています。その話を聞いたとき、僕は赤ちゃんは3歳位までは一緒に育てるのがいいんじゃないかなと思っていましたが、僕は妹ではないですし、それは妹の育て方の工夫であり、また赤ちゃん自身の生まれてきた意図により決定されていることなので、今では「妹のような育て方もあるんだなぁ」って納得し、自分の中で何か新しい気付きが生まれたような感じがしています。

僕のセッションで起こしいただく方でも家族内の価値観の違いによる問題や、結婚に関する相談がありますが、全ては自分の価値観(判断)が作り出す出来事だと感じます。特に結婚して新しいパートナーシップを構築する際は、お互いのアイデンティティを尊重し、自分の価値観を手放す、と言うか基本は全員自分とは異なる感覚を持っていると知って、その中で自分を知っていくことが大切じゃないかなって思います。

日常、自分とは異なるアイデアが出てきたときは、自分を知るチャンスです。だからと言って、他の人の言う事を全て聞くことではありません。その人のアイデンティティを尊重し、「あぁ、そういうアイデアもあるんだな」という感じで聞いて、活用できる点は活用していけばOKだと感じています。結局、人は相手を通して自分を知っていくものですよね。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Comment

  1. さかけん より:

    そうなんだよねぇ。
    人はいろいろな価値観をもってその人の世界を生きているんだよね。
    大きなことから小さなことまで。
    いかに自分の持っている価値観を淡くしていくかで、より愉しく自由に生きていける。
    これからの時代に必要なスキル?かな。
    そしてそれは正に今からでもできることだー♪

  2. より:

    価値観って邪魔をするよね。プライドと言う事もできるかな。まぁ、この地球は制約があるというのがある種ゲームのルールみたいなところがあるけど、そのルールに気付くことで、そのルールを活用して自由にエンジョイすることができちゃうと思います。まさにこれから必要なスキルだと思います。
    そうですね。今からでもできちゃうことですよね。お互いますますエンジョイだ~!!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ピンチ→チャンスへ

大きなチャンスの前には必ずそれと同等なピンチ的な出来事がやってくるもの。これは本当に面白い自然の流れです。この事を知っていれば、例えピンチ的な出来事が起こっても「チャンス」として捉えることができるよう …

no image
人と人との繋がり

よく「運命的な出会いだ」と聞きますが、人と人との縁はどんな関係性であっても、全て運命的だと感じています。この前もブログに書いたかもしれませんが、人の縁とは長さで測れるものでもなく、例え瞬間的な出会いで …

no image
流れ

流れに任せる、流れに乗る等「流れ」という言葉は日常よく使われる言葉ですよね。では流れとはどのような意図がある言葉でしょうか。場面によって日本語での使われ方はいろいろありますが、よく使われる意味としては …

no image
時空間のズレを探す

日常生活に巻き込まれずに、自分自身の周りを観察することができてくると、この世界の矛盾や「おや?」っと思う点に気付いてきます。それは科学では説明がつかないことだったり、常識とかけ離れていることだったり。 …

no image
諸行無常と諸行常住

「諸行無常」とは仏教用語で「この世の全ての万物は一定ではなく、常に移り変わっていくものだ」というような意味です。まさに自然のサイクルを表している言葉のように感じます。この世に自分自身と全く同じ人はいま …

時間旅行

私たちは時間を使って日常を生活しています。誰かと会うために、仕事を成し遂げるために、どこかに行くために、映画や音楽を楽しむために・・・私たちは時間を活用しています。寝ている時以外は、私たちは時間と常に …

no image
暗号化と複合化

私たちの住む世界。それは夢の世界も含めて、全て認識している時空間には何らかの情報があります。それは、いつでも利用可能であって、無意識的にも意識的にも日々その情報を私たちは使っています。 ふとしたヒラメ …

シンボルに包まれて

私たちはたくさんのシンボルに囲まれています。例えば、文字。文字自体はある意味単なるシンボルです。文字と文字の組み合わせが文章となり、そこに書いた人の意図が入ります。そして、読み手側の知性や感情などによ …

no image
タイムトラベルの夢

タイムトラベルは人類の長年の夢的なイベントとして映画や書籍などで取り上げられていますよね。映画では「Back to the Future」シリーズが有名ですよね。 アインシュタインやホーキング等の現代 …

AOLに参加せずに本質を生きるために

私たちは過去の経験から様々なストーリーを身に着けてきています。その過去のデータから、未来を予測したりリハーサルしたりして、なるべく安全に生きていたいと思うのが人間の本能的なアイデアです。その逆に、私た …