ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

方言

   

日常で当然のように使っている言葉が実は方言だったと判明することがあります。つまり、信州松本を離れてから通じていなかった言葉が結構あったということですよね。同じ日本語という言語を使っていても、通じない事は結構あるものだなって感じました。最近発覚した方言は、

こずむ

ボタンをかう

こずむは「沈殿する」ことで、例えば、粉状で溶かすスープを飲み終わったときにまだ粉が残っていたり具が残っていたときに、「こずんじゃってた」等と言います。
ボタンをかうは「ボタンを掛ける」ってことです。今になって気付きました。

いろいろな人がいれば、いろいろな言葉があるもので、それでいいんだと感じています。特に日本だけではなく、世界に目を向ければたくさんの言葉がありますしね。そして、未来や過去、違う体系を持つ場所に意識を向ければ言葉では理解できない場合も。コミュニケーションで大切なのは、相手の話を自分の意見と比較せずに純粋に聞くことだと感じます。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Comment

  1. はら より:

    花に水をくれる、なんてありますね。
    中には辞書に載ってる言葉なのに聞いた人が知らなかっただけで、方言認定される、というようなことも、よくありました(笑)

  2. とおる より:

    いかにも標準語だと思って使ってたのが
    「いただきました」の意味のごちそう様
    学校で給食を食った後 みんな声を合わせて
    方言を叫んでたんだね(笑)

  3. とみ より:

    >はらちゃん
    コメントありがとう。「花に水をくれる」も方言だったのか。気付かなかったな。
    確かに辞書に載っているのに方言認定語ってあるよね。例えば寒いときに「今日はしみるわ」とか。あまり若者は言わないけど(^_^;)

  4. とみ より:

    >とおる君
    コメントありがとう。
    やっぱ「いただきました」だよね。
    未だに「ご馳走様」って言うのに抵抗があるなぁ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

怒りの感情を創造力にするための方法

怒りの感情は創造力に変換することができます。怒りのエネルギーは使い方によっては、自分や他者を傷つけることにも使えるし、自分の創造力を引き出す原動力にも使えます。   そもそも、怒りだけではな …

no image
UFOを見た日

昨夜深夜1時頃、大井町方面上空に青い光の点滅を見ました。 それは瞬間的であったものの、とても綺麗なブルーの光でした。 残念ながら写真を持っていず、また瞬間だったため撮影はできませんでした。 そして夢は …

Shantih Shantih Shantih

3.11。あれから3年経ちます。多くの他界された人々、愛する方を失われた人々、未だ困難な日々を過ごしていられる方々へ健やかな祈りを捧げたいと想います。   祈りとは、バランスのエネルギーです …

no image
コネクション

人と人との繋がり、もっと言えば魂と魂の繋がりはこの世界では切ることができません。極端な話、1人で山に篭ったとしても無理です。どんな環境にいても、私たちは意識的にも無意識的にも他の人々と繋がっているもの …

2012冬至を迎える

2012年の冬至が間もなくやってきます。今年の冬至は12月21日20:12です。いよいよ分離の時代よりだったのが、ユニティ(合一・統合)の時代へと入り、これから500年程掛けてユニティへと移行していき …

no image
人との出会い

人と人との出会いは突然やってきます。そしてその出会いは新しいゲートが開くことに繋がっている場合が多いと実感しております。本日は非常に意志が高く、「新しい」エネルギーを持っている方とお会いしました。本当 …

no image
いつもと違う事を

自分の中に眠っている力を目覚めさせたり、日常のマンネリ化した状態から脱したり、自分が目指している夢や現実を求めるのであれば、いつもとは違う事(反応)をする必要があります。今までなかなか上手く行かないこ …

子供に戻ってクリエイティブ

クリエイティビティ(創造力)は誰しもが持っているもの。それをどのように発揮していくかは興味やライフスタイルで様々ですが、誰しもが小さい頃から持っています。 例えば、小さいお子様にペンを渡せば、誰のマネ …

誰も傷付けないこと cause no harm

私たちは今いる大きな意義の一つが、古から伝わる言葉「汝自身を知れ」ということです。私たちの本質の正体を知る事が、アプローチはそれぞれであっても、日々の中で、また時空を越えたところで、これを実践していま …

答えは生きることそのものの中に響いている

何か特別な存在にならなくても私たち一人ひとりは特別な存在であり、生きる証を日々の中で表現してまさに生きています。   それは普遍的に広がっている意識そのものの表現の一つで、個性やオリジナリテ …