現実化の一歩手前で・・・

あともう少しってところで諦めてしまい、続けていれば望んでいた事が現実になっていたのにって事がよくあります。これは、どのような場面でも当てはまります。あともう少しでってところで、私達の反応として、それをリリースしてしまうんです。もちろん、あるタイミングではそれを現実に手に入れる事になりますが、それまで回り道をしたり、躊躇したり、逃げたり。自分が望んでいた事なのに手に入れない事ってあるんです。

その影響は子供の時の家庭内での影響が大きいかもしれません。そこで戦略を作ります。簡単に言うと、自分に罰を与えることです。ある意味これは、とても贅沢な事でもあるんです。そして、自分が望むチャンスが来たとき、贅沢をして手に入れないという戦略を使います。

体が持つ意識は予知能力を持っています。体はこれから先に起こることが分かるんですね。この意味で、体が持つ「生き残り」の意識から、自分が受け取る事に対して「恐怖」を感じる戦略を使い、手放してしまいます。

続けていると確かに結果が出ずに焦る事ってあると思います。でも、この世界は必ず時間と空間が作用している以上、時間は必ず掛かります。もちろん、ある状態になれば瞬時に現実化させることもできますが、それまでは時間について知る事は大切だと感じます。「継続は力なり」という言葉もあるように、意図と意思を明確にしていれば必ず現実化させることができます。贅沢な時間を過ごしたいか、自分を知り自己実現したいか。これは意思次第です。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

現実化の一歩手前で・・・” に対して1件のコメントがあります。

  1. モノ より:

    背筋が凍りました。
    今の自分の状況を言われてるようです(笑
    私にもある願いがあり、只今その実現に向けて
    動いている最中です。
    しかし良くも悪くも色々な出来事があり、
    自分のペースが乱れ、心もとない感覚が身体中を占め、もう逃げたいです・・・
    続けなければ現実化しないとわかっているので動き続けますが、泣きそうな毎日です。
    逃げてしまえば平穏な毎日が帰ってくるのに、
    とか思ってしまいます。
    でも頑張って、もう少し続けてみます。
    ありがとうございました。

  2. はっしー。 より:

    毎度ありがとうございます。
    贅沢な時間、、そろそろ飽きてきたので止めにしようかな。

  3. miku より:

    うわ~っ。
    タイムリーな天の声をありがとう。
    また、贅沢を行なってしまうところでした(笑)。

  4. とみ より:

    >モノさん
    コメントありがとうございます。人間の体の意識は未来を予知します。そのため、結果を知っていて習慣から離れる恐怖を感じて、抵抗することがあります。もし辛くなったら体をいたわってくださいね。そうすることで新しい発見があるかもしれませんよ。

  5. とみ より:

    >はっしー
    コメントありがとう。お互い贅沢をストップして羽ばたいて行きましょう。

  6. とみ より:

    >miku
    コメントありがとう。タイムリーでよかったです。ダイレクトに行こうじゃありませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください