ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

Game within Game

   

僕は小学生の頃のファミコンブームに乗り、幼少期からよくファミコンに代表されるTVゲームをよくやってました。特に好きだったのがサッカー等のスポーツ系やドラゴンクエスト等のRPG系です。特にRPG系の世界観はまさにファンタジーでありスピリチュアルな世界のようです。TVゲームやパソコンゲームはプログラム言語で書かれています。以前にもブログで書いた記憶がありますが、プログラムの基本はインプット→処理→アウトプットです。何かの動きを指令して、それを解釈して、ある結果を出します。どんなプログラムもこうなっているはずです。結局は「何かの指令」があって、プログラムは動き、必ず結果を出します。

これを現実の世界に当てはめれば、

インプット=指令・意図・意志
プログラムの動き=自然、様々な存在達の力、エージェント達の介入、行動、反応
アウトプット=物質、形、現実、事象、夢

のようになると僕は思います。結局は、指令や意図が無ければ、何も生まれないという事ですね。ゲームの場合、何かの条件をクリアしないと次のステージに行けなかったり、新しいイベントに出会わず、同じ場面を何度も繰り返す事がよくあります。現実の世界でもこれは同じ。同じ現実が繰り返す場合は、同じ事をやっても何も変わりません。今までと違った体験をしたい場合は、違う反応をする必要があるでしょう。

そして、ゲームの中に巻き込まれているか、それともプレーヤーとなって「これはゲームだ」とルールや操作を知って観察しながら現実を生きるか。どちらの場合でも、現実は存在します。ルールを知って周りの現実は全て自分の意図が作り出したプログラムのようなものだと知ると生き方はどうなるでしょうか。
この状態になると、ゲームで言う裏技?が使えたり、プログラマーの視点に立てたり、ゲームを動かしているソースにアクセスできるかもしれません。
でも何度も繰り返しますが、創り出した現実は存在しています。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き, 現実化・シンクロ(共時性)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

現実は永遠のパズルの1ピース

昨夜は友人とヨーロッパ企画の演劇「出てこようとしているトロンプルイユ」という作品を観てきました。パリを舞台にしたトロンプルイユ(いわゆるだまし絵)をテーマにした作品でしたが、その内容はまさにシャーマニ …

no image
Heart Sutra–祈りのマントラ

Heart Sutra(ハートスートラ)というマントラがあります。日本では般若心経として伝わっているマントラです。実際はご存知の通り長いお経ですが、サンスクリット語としては下記の般若心経の一節がよく唱 …

「私が世界を創っている」と「世界が私を創っている」

  私たちの意識は全てを創造しています。この世界で言うとその源は想いの力が意図となり、現実に投影されて目の前に様々な形で表現されています。今こうしているときにも、ある瞬間に意図したことが現実 …

no image
リモートビューイングの可能性

今月の21日22日に仙台からスタートするリモートビューイングのワークショップにお問い合わせをいただいておりますが、やはり多いご質問がリモートビューイングを実際に日常にどのように役立てることができるのか …

2012冬至を迎える

2012年の冬至が間もなくやってきます。今年の冬至は12月21日20:12です。いよいよ分離の時代よりだったのが、ユニティ(合一・統合)の時代へと入り、これから500年程掛けてユニティへと移行していき …

no image
今から始まるストーリー

今この瞬間に人生の第一幕が終わって、第二幕が始まるとしたら、どんな脚本を書くでしょうか?どんな五感や感情を感じていくでしょうか。 これからの未来(実際は過去さえも)は今この瞬間の意図で決まります。誰し …

ビジョンが響き渡る日常

  どんな状況であっても、今の現実は感情と五感を通して味わっています。それをビジョンと呼ぶことができます。ビジョンと言うと、視覚的なイマジネーションを連想することが多いですが、ビジョンとは五 …

新潟の上越に来ています。上越の高田公園は日本三大夜桜の一つで4000本の桜が咲いています。ちょうど今日が満開。300店の屋台も出ていて賑やかです。 私たちは日々、やらなきゃならないと思ったり、考えなき …

no image
夢と期待

夢と期待。言葉のニュアンスによりますが、夢も期待に繋がります。 つまりは、「実現不可能な幻想」としての夢の場合は「夢物語」として現実化はしません。例えば、「総理大臣になれたらなぁ」というのは夢になると …

複雑からシンプルへ

この世の中には複雑な事や困難で入り組んだ事などがあります。そこに私たちはどっぷり浸ると、心配や不安、嫉妬や傲慢、苦労など自分自身の可能性を抑圧してしまう要素が生まれてきます。 しかし、どんな物事もよく …