ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

怒りの感情を創造力にするための方法

   

怒りの感情は創造力に変換することができます。怒りのエネルギーは使い方によっては、自分や他者を傷つけることにも使えるし、自分の創造力を引き出す原動力にも使えます。

 

そもそも、怒りだけではなく、悲しみや切なさ等も含めて、全ての感情は単なるエネルギーであり純真無垢なものです。が、長年の人類の歴史によって創造されてきた集合意識(文化、社会などによって組み立てられた枠組み)によってラベル化され、「この質の感情は怒り」「これは悲しみ」というように、様々な感情的なエネルギーが細分化されてきました。元々はシンプルだったものが、長年の歴史により複雑になってきたんですね。人口密度も高くなってきて、多様な人間関係の中で様々な感情のラベル化が促進されてきたように感じています。

 

そんな多様化された感情の中で怒りを創造力に使うためには、まずは怒りのストーリーを他者や出来事からリンクを外す必要があります。大抵の怒りは他者や外側の出来事が関わっています。「あの人にこう言う事をいわれたから怒っている」「(テレビのニュースを見たりして)なんて社会は冷たいんだ」等、外側の出来事が引き金となって、怒りという感情が湧き上がります。この他者や出来事を一旦置いておいて、ただ怒りという感情そのものを味わいます。その際、できれば五感で味わってみます。視覚、嗅覚、聴覚、味覚、触覚で直感的に怒りという感情を五感で味わいます。その際に、分析したり意味を付けたりせずに、淡々と五感を味わってみます。そうすることで、怒りというラベル化された感情が純粋な感情に変換されていきます。うまくいくと、直感的に例えばですが「ドラムを叩きたい」「ハワイが思い浮かんだ」「折り紙が思い浮かんだ」・・・等、インスピレーションが沸いてきます。そうしたら、そのインスピレーションを大切にして、何らかの行動をしていきます。これが創造力のドアが開くということに繋がります。

 

もちろん、感じている怒りのレベルによって、そんな急には五感で味わったり、行動をしたりということは難しいこともあります。しかし、そのままでは不健全で、怒りが外側に向いていては本来の創造力が発揮されず、ずっと傷付いた人生に陥ってしまいます。少しづつ、ゆっくりと怒りを純粋化して創造力や遊び心に変換していくことが一つのポイントだと感じています。あくまでも上記の方法は個人的な体験に基づくものですが参考にしてみてください。この方法や、もちろん怒りだけではなく、悲しみ等にも応用することが可能です。

 

純粋無垢なエネルギーは私たちの源・本質から流れてきているインスピレーションのシャワー。そのシャワーを体を使って表現していくことが、人生の答えです。

 


ワークショップのご案内

2017/10/22(日) アフタヌーンワークショップ シャーマニックジャーニー
シャーマニズムの体験(創造の源)から見るこの世界のシステムや個人の現実についてや、その体験談をお話させていただきます。アウェイクニングプログラムのガイダンスも行います。
2017/10/27(金) イブニングワークショップ マントラナイト
マントラとは音です。意図を込めて唱える事で、意図した事が結果として 表れます。参加者の皆様で 一緒に唱え、リラックス&エナジャイズしていきます。
2017/11/29(水) イブニングワークショップ シャーマニックジャーニー
シャーマニズムの体験(創造の源)から見るこの世界のシステムや個人の現実についてや、その体験談をお話させていただきます。アウェイクニングプログラムのガイダンスも行います。
2017/12/17(日) イブニングワークショップ 冬至のマントラマラソンナイト
冬至を意図し、マントラを唱え続けるマントラマラソンナイト。参加者全員で唱える1時間のマントラ詠唱マラソンは圧巻!是非、その音を体感しに来てください。無料イベント。イベント後は忘年会を行います。

アウェイニングプログラム6期2018年2月3日スタート決定

シャーマニズムに基づき、約半年で準備を行い海外にてシャーマニックリチュアルを体験し、森羅万象が始まる瞬間である「創造の源」や多次元的な世界を体感し完全に腑に落とすためのクイックプログラム「アウェイクニングプログラム」の第6期は2018年2月3日にスタートを予定しております。本当の自分の正体を知りたい方、この世界の仕組みを腑に落としたい方、そろそろ能力の人生から「どう生きるか?」の人生にしたい方、自分探しの旅をそろそろ止めて本当の人生を生きたい方のご参加お待ちしています。

第6期(予定):2018年2月3日〜2018年11月10日
詳細:http://www.w-blue.com/awakening/index.php

top_awake

アウェイクニングプログラム動画

ワールドブルーアウェイクニングプログラムに関する動画です。参加メンバーのシャーマニックリチュアル体験談やプログラムガイダンス等の動画を紹介しています。

ワールドブルー公式ライン

ワールドブルーのLINEアカウントを公開しました。下記のQRコードやバナーボタンからご登録ください。IDは@worldblueになります。登録時に、オリジナルマンダラ待受画像をお送りしております。随時、ワールドブルーの情報やメッセージなどをLINEを通じてお伝えしています。 友だち追加数
The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き , ,

  関連記事

no image
他力本願で行こう!

他力本願・・・この言葉はよく聞きますよね。よく使われている意味は、「他人に依存して物事を行なうこと」というような意味で使われていますが、これは本来の意味とは異なった誤用です。 他力本願という言葉は仏教 …

認識している世界は一つの箱の中にいるようなもの

  今認識している世界は一つの箱の中にいるようなものです。ある種の境界線を作り、その先には行けずに、この箱の中で完結しているようなイメージです。   意識を拡大させる、もしくは拡大 …

全てはあなたを愛している

この世界の森羅万象は全てあなたのエッセンスの表れと表現することができるように感じています。目の前に表れているモノ、人、出来事、全ては「あなた」です。そして、全てのベースにあるのは感謝であり喜びそのもの …

感情を内側で味わうと創造性、個性、インスピレーションに繋がる

感情は体のレベルで味わうと、喜怒哀楽のようにラベルが付けられて理解されます。これは人類の歴史や文化や社会などの集合的な意識によって生み出された味わい方です。   そもそも、感情の源は、純粋な …

no image
好き・嫌いを捨てるとは?

レストランに行って何を食べるか選ぶ時、買い物に行って服を買う時、聞きたい音楽を選ぶ時など、日常の様々な場面で私達は「選択」に出会います。「何を食べようか?」「どんな色にしようか?」「どの曲を聴こうか? …

暗黒物質の探索

宇宙の23%ほどを占めると言われている暗黒物質(ダークマター)。ニュースによるとこの物質を検出する操作が行われるとの事。非物質的物質で人間の目では観察ができず仮説に留まっているものですね。 神秘主義的 …

no image
今にするか後にするか

受け入れられない事を受け入れる事が、次のステップへと進むキーになっているように感じています。 でも、次のステップに進む前の出来事は今までの自分にとって解決できないんじゃないかと思うような「プラスアルフ …

他者と比較すればするほど現実化が遅くなる理由

私たちは本当の自分の姿を知る旅をしています。そして、本当の自分の姿を知るために必要になるのが他者の存在。他者は必要であるし、あなたは他者にとって大切な存在です。   しかし、不満や葛藤、抑圧 …

あなたが存在しなければ他者は存在できない

この世界は多様的であり、本当にたくさんの概念が存在し、様々なことを体験をすることができます。でも、それはあまりにもたくさんありすぎて、あなた一人で全部の体験をすることができません。でも、私たちはなるべ …

no image
Stupidvideos.com

世界中の面白ビデオ満載サイトのご紹介。 その名も「Stupidvideos.com」 あまり深く考えずシンプルに笑いを追及したサイトですね。 僕のおすすめは下のビデオです。昨年、ゲリー・ボーネル氏の家 …