ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

これをしたら自分の想いが相手に伝わらないたったひとつのポイント

   

今回はコミュニケーション、特に自分の気持ちを相手に伝える際に、これをしてしまったらコミュニケーションはおかしくなり、人間関係に歪みが生じてしまうことについて書いてみたいと思います。

 

このリアリティの真理はコミュニケーションにある

この世界、「わたし」がいて「あなた」がいて、時間と空間のある現実世界での真理はコミュケーションにあります。言葉でのコミュニケーションはもちろんですが、自分の気持ちを伝える手段としてはコミュニケーションは言葉や文字のみでは無くて、態度や行動もコミュニケーションということが言えます。

他者とのコミュニケーションを通して、私たちは自分の真実に気付くことができるし、表現をすることもでき、ほしいものを現実化したり、なりたい自分になっていきます。結局は自分の本質へと繋がっていきます。この世界は決して一人では生きていく事ができず、様々な形で他者との交流が関わってきます。

 

コミュニケーションが現実化に繋がる

そんなコミュニケーションの世界で、自分の気持ちや意図を表現していったり、伝えていくことは、大切な意義だと感じます。それをしなければ、この世界でプログラムしている体験がなかなか現実化してこなかったり、時間が掛かります。また、シャーマニズムの視点から捉えると、コミュニケーションを通して、「私」という証・刻印という、パズルで例えるとピースをこの世界で創ることができ、世界というパズルが完成していきます。人間一人一人は必要な存在であり、貴重な存在。

ただ、長年の歴史の中でも「こうすれば絶対にうまくいく」というようなコミュニケーションのテクニックや方法は存在しませんし、科学的や心理学的にも解明はされていません。なぜならば、この世界の一人ひとりはみんなユニークな存在ですし、環境、文化、社会、体験によってもコミュニケーションは変動します。コミュニケーションはライブです。毎回毎回が新鮮な場面です。

しかし、コミュニケーションは一人一人の葛藤やブロックなどの偏見が入ると、正直で率直なコミュニケーションにはならないということは言えます。

 

コミュニケーションで大切なたった一つのポイント

では、どうすればコミュニケーションはスムーズになり、更に自分の気持ちを正直に伝える事ができるか?

それはシンプルなたった一つのポイントになります。それは、

 

相手を絶対に変えようとしない

 

という事です。

 

純粋に素直に自分の想いを伝えればいいのですが、自分の気持ちを相手にわかってほしいという点が優先してしまい、その結果相手を説得しようとしてしまったり、相手の間違いを指摘して正そうとしたり、相手の気持ちを否定しようとしてしまう事が起こります。

 

この世界はみんな違います。「誰も正しくないし、誰も間違っていない」

 

相手を説得しようとしたり、無理やり自分の気持ちを理解してもらおうとすればするほど、相手のガードは強くなってしまうことがあります。北風と太陽の北風です。

 

太陽になるためには、自分のパッションや意図を素直に伝えることにフォーカスすることです。他者には他者の考え方や価値観があり、それをいきなり変えようとすることはコントロールであり傲慢なことです。

 

「わたしはこう思いますが、あなたはどう思いますか?」という中立なコミュニケーション。これが自分の意図をこの世界に表現するためのコミュニケーションです。これができてくると、相手を変えようとしなくても、大丈夫ということが分かりますし、相手がどうであれ自分をこの世界に表現できるようになってきます。

 

相手を変えようとするコミュニケーションをしてしまうと、自分の想いは相手に伝わりません。更には感情的になったり喧嘩や争いになったりしてしまうこともあります。

相手を包み込む・認める視点がコミュニケーション、更にはこの世界を豊かに生きていくためのポイントだと感じています。

 


ワークショップのご案内

2018/7/18(水) マンダラナイト
~創造力を活性化し、今に必要なメッセージを知るために
このワークショップでは、曼荼羅(マンダラ)にフォーカスします。マンダラとは私たちの本質をシンボルや絵に表したもので、言葉になる前の私たちの心の情景やメッセージを受け取れるツールです。マンダラを描き自分自身へのメッセージを受け取るためのワークです。
2018/7/25(水) シャーマニックジャーニー
シャーマニズムの体験(創造の源)から見るこの世界のシステムや個人の現実についてや、その体験談をお話させていただきます。アウェイクニングプログラムのガイダンスも行います。
2018/7/28(土)7/29(日) シャーマニックアカシックレコードワークショップ
~アカシックレコードを活用して自分を知る
シャーマニズムの視点からアカシックレコードを活用して本当の自分を生きるためのワークショップ。よりよい人生の在り方をアカシックから読み解きます。
2018/8/4(土) 体外離脱ワークショップ
~8つのシンプルなテクニックで意識的な体外離脱をマスターする
意識的な体外離脱・幽体離脱を行うワークショップ。多次元的な自分に体外離脱を通して気付きます。

アウェイニングプログラム7期2018年8月25日スタート

シャーマニズムに基づき、約半年で準備を行い海外にてシャーマニックリチュアルを体験し、森羅万象が始まる瞬間である「創造の源」や多次元的な世界を体感し完全に腑に落とすためのクイックプログラム「アウェイクニングプログラム」の第7期は2018年8月25日にスタートを予定しております。本当の自分の正体を知りたい方、この世界の仕組みを腑に落としたい方、そろそろ能力の人生から「どう生きるか?」の人生にしたい方、自分探しの旅をそろそろ止めて本当の人生を生きたい方のご参加お待ちしています。通学、セミ通信、自己認識のみに特化したセルフディスカバリーコースの3コースご用意しております。

第7期(予定):2018年8月25日〜2019年5月11日(海外リトリート 4/12~)
詳細:http://www.awakening-program.com

アウェイクニングプログラム

動画コーナー

アウェイクニングプログラム

ワールドブルーアウェイクニングプログラムに関する動画です。参加メンバーのシャーマニックリチュアル体験談やプログラムガイダンス等の動画を紹介しています。

ワールドブルーチャンネル

ワールドブルーチャンネルは毎回様々なロケーションやテーマでワールドブルーのトミーやエリーがお送りするシュールな動画ニュースです。 毎回お馴染みのお葉書コーナーもあります。

ワールドブルー公式ライン

ワールドブルーのLINEアカウントを公開しました。下記のQRコードやバナーボタンからご登録ください。IDは@worldblueになります。登録時に、オリジナルマンダラ待受画像をお送りしております。随時、ワールドブルーの情報やメッセージなどをLINEを通じてお伝えしています。 友だち追加数
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き, 現実化・シンクロ(共時性) ,

  関連記事

想えば存在する世界でどう生きるかを知る

いよいよアウェイクニングプログラム4期の最終ステージになるシャーマニックリチュアルの旅に明日出発します。先日は4期の壮行会を行い、1期から5期までのメンバーが集まり、4期の激励や懇親を深めました。4期 …

能力ではなく生き方

  誰しもがユニークであり貴重な存在としてこの世界で自分自身を表現しています。そして、その表現方法を通して自分自身を知るという体験をすることになります。   徐々に自分自身について …

no image
エネルギー充電

何か怒りや批判や恨みのようなものを受けたとき、電池で言うと充電している状態になります。そして、その怒りや批判や恨みに対して、同じ動作で、つまり怒りや批判や恨みで返すと、同じ土俵に立つ事になります。充電 …

no image
新年に想うこと

あけましておめでとうございます。昨年は大変お世話になり本当にありがとうございました。今年も多くの方に今を生きる楽しさと素晴らしさをもっともっと伝えていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。 …

月へ帰ろう

今年9月に日比谷野外音楽堂で行なわれた杉山清貴20周年記念ライブのDVDが発売されました。8月に一度杉山さんの不調で中止となり、再演されたライブでしたが、超満員で改めて杉山さんのエネルギーの高さと、歌 …

no image
World Blue Channel Vol.8 「Maharoty’sにて~動物と人間について」

長らくお待たせしておりましたが新しいワールドブルーチャンネルが完成しました。今回は自由が丘のドッグトリミングサロン「Maharoty’s(マハロティーズ)」にて、オーナーのめぇたん(川口め …

現実は永遠のパズルの1ピース

昨夜は友人とヨーロッパ企画の演劇「出てこようとしているトロンプルイユ」という作品を観てきました。パリを舞台にしたトロンプルイユ(いわゆるだまし絵)をテーマにした作品でしたが、その内容はまさにシャーマニ …

no image
流れ

流れに任せる、流れに乗る等「流れ」という言葉は日常よく使われる言葉ですよね。では流れとはどのような意図がある言葉でしょうか。場面によって日本語での使われ方はいろいろありますが、よく使われる意味としては …

世界の真理はコミュニケーション

私たちが生きているこの世界の真理の一つはコミュニケーション。   自分の気持ちを正直に、素直に、率直に他者に言葉として伝え、他者の気持ちを聴くこと。その上で、更に疑問や聴きたい事があれば聴く …

no image
過去と現在と未来

私たちの体はタイムラインを直線上に見て進化しています。つまりは、過去→現在→未来へという流れの中で生活しています。この視点が無ければ生きることはできませんし、他者とのコミュニケーションもできなくなって …