ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

痛みについてのエトセトラ

   

starlight

どこが痛いにせよ、痛みがあると私たちは気持ちも落ち込むし、何をするにも気力も失い、ストレスで、不快で、完全な自分でいられなくなります。僕がいつもワークショップやセッションでお伝えしていることの大前提の言葉は「健康第一」です。

 

 

痛みとは体の反応で、神経、筋肉、骨、精神など様々な要因から起こるセンセーションです。痛みを尺度で表すことは非常に難しく、痛みは主観的なものです。(痛みをスケールで表した研究もありますが)。

 
神秘の考えでは「痛みは幻想 Pain is illustion」という言葉があります。病は気からという言葉が日本語にあるように、気持ちで痛みも表れているという考え方です。また、苦行としてあえて痛みを味わい、そこから個の解放を目指す修行もあります。

 

僕は痛みを感じたとき、その痛みのセンセーションだけに集中をしたことがあります。最初はとても不快な痛みだったのですが、痛みそのものを味わうと「痛み」というジャンルから離れて、「単なる一つの感覚」へと変化しました。その後、それを別の感覚、例えば「暖かみ」を意図して味わうと、暖かみの感覚へと変化をしました。この体験から、痛みとは長年慣れ親しんできた反応の一つに過ぎないということに気付きました。つまり、私たちの体が生きる為に反応しているパターンです。

 

しかし、実際、痛みはリアルであり、痛みが幻想だとはなかなか思えないことが多いと思います。現実的に、ヒーリングをしたり、薬を飲んだり、病院へ行ったりと、様々な痛みを緩和する方法があるので、必要に応じて自分に合った方法で癒して行く必要があるでしょう。

 

ただ、その痛みの一つの根源は幼少期の体験にも関係があります。子供の頃はまだ感覚にラベルがありません。日々の体験で学習をしていき、様々な感覚を覚えていきます。例えば、どこかで頭を打ったとしましょう。子供は「打つとこういう感覚なんだ」ということを体で覚えていますが、その時に母親が慌てて「大丈夫?痛かったねぇ」と心配をしてぎゅっと抱きしめたとすれば、子供は自分で痛みを処理するのではなく、母親の愛で処理をします。これは幼少期の承認欲求を満たそうとした結果の行動で、痛み=愛の象徴、というような図式が出来上がり、痛みを味わって愛を求める・外側(親)に自分を認めてもらう、ということが潜在的な行動パターンの中に埋め込まれてしまうこともあります。また、両親が痛みのストレスを日常的に持っていて、痛みの概念が家族の中にあると、痛みを持っていた方が家族の中でうまく生きていけると子供なりに受け取り、痛みが生きる為の戦略になるということもあります。更に、出産時に母親が不快な痛みを持って生むと、その痛みのストレスが、子供に痛みの影響を与えることもあり得ます。

 

様々な要因があると思いますが、痛みがあった際、その痛みのメリットは何なのか?痛みを持っていると誰から認められるのか?そもそもその痛みは本当に必要なのか?・・・などを痛みそのものに聴いてみるということも役に立ちます。また、痛みは一つの感覚なので、痛みという感覚を暖かみという感覚にして意識的に味わってみることもできるかもしれません。

 

もちろん痛みは個人差があります。なので、無理をせず、痛みの元は根深くて、すぐに別の感覚に変換することは難しいこともあるので、先ほども書きましたが、無理せず穏やかに適切な方法で接していくことをおすすめします。何事も焦らず、健康第一です。

 

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 健康・ヒーリング

  関連記事

no image
右半身がおかしい!?

うーん、今日は右半身がおかしいです。痛みが右足、右腕、首と頭の右側に痛みがあります。ズキズキする痛みで、昨夜は痛みで目が覚めるほど・・・・こんな経験は初めてで・・・ 今後起こる出来事の象徴的な肉体的変 …

浄化と始まり

4月になりました。4月になり新たな場所や環境でスタートする方も多いのではないでしょうか。3月末頃から、風邪を引いている方いませんか? という僕も、昨夜から急に喉が痛くなり(>_

美容にも役立つ体外離脱!?

体外離脱と聞くと、「危ない」「怖い」「恐ろしい」「やばい」・・・なんていう声が世の中的にはまだあるようですが、それはもはや古い概念。実際はその逆。なぜならば、人間本来の自然な体験だからです。何も特別な …

サウンドワークショップシリーズ販売スタート♪

サウンドワークショップシリーズCDの販売をスタートしました。 ただ、聴くだけではなく、使うためのサウンドCDになります。自宅でできるサウンドワークショップです。 チャクラのバランスや活性化を意図した「 …

通勤は運動にならない?

セッションやワークショップでお越しになる方に運動は最近されているかをお聞きすると「会社に行く際に歩いて行っています」という声をよく聞きます。   しかし、残念ながら通勤では運動にはならない事 …

no image
体のバランス

現実的な生活面でバランスを取ることはとても大切です。特に体のバランスは私たちが意識的にも無意識的にも受け取る気の流れに影響します。 自分の体の中心を感じて意識的に体のバランスを調整するだけでも、現実レ …

体の表現でワクワクライフ

この世界ので一人一人が様々な表現をして日々を暮らしています。ある意味、表現をすることがこの世界で個性という花を咲かせて、生きるための実を育てているような感じがしています。そうして、自分の力で自分の価値 …

1日7分のエクササイズのススメ

ワクワクと過ごすためのコツは体のケアを行うことです。それもできれば毎日のケアがおすすめです。   最近の研究では、1日7分運動をすれば、健やかな気持ちで日々を過ごせるという話があります。7分 …

グラウンディング

グラウンディングとは「地に足をしっかりと着ける」という意味があります。グラウンディングが出来ていないと、フワフワしてしまったり、ぼーっとしてしまったり、現実的に様々な問題やブロックを味わうことが起こり …

呼吸の必要性

毎日している呼吸。いつも無意識になりがちですが、呼吸には非常に優れたパワーがあります。体内のエネルギーは食事として認識されがちですが、ほとんどのエネルギーは呼吸から吸収されています。体温を一定に保つの …