ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

できるvsできない

   

何かに興味を持って進んでいる時、何かの問題が起こった時、何かの壁にぶつかった時、等様々な状況で「できる」「できない」ということがテーマになってきます。これは人生で必ず浮上することで、成功・失敗と大きく関わってきます。

そして、特に「できない」というネガティブな見方に人はフォーカスしてしまう傾向があるようです。例えば何かを目指している時、問題を解決するとき、0がスタートラン、つまりは「できない」で、10がフィニッシュ、つまりは「できる」とすると、既にスタートをきっているにも関わらず、「できない」という0にいつまでもフォーカスしてしまいます。

何かを始めた時点である意味「できる」状態に進んでいるのではないでしょうか。例えそれが1や2であっても「できる」状態に近づきつつあります。それなのに、10という姿が見えないため、0ばかりを見てしまいます。これは成功・失敗というパターンにはまっている状態で、成功していなければダメという概念に関わっていて、「完璧」でないと全ては失敗。つまり0のスタートラインにフォーカスしてしまうことになります。

興味を持った瞬間に既にスタートしています。ポイントは「できない」というスタート地点にフォーカスするのではなく、既に走り出している事や興味にフォーカスすることです。そうすると、成功・失敗という事は必要なくなってきます。どんな事もかならずゴールへと繋がっています。たとえそれが一見失敗したように感じても、まさに「失敗は成功の元」ですが、ポジティブに作用しています。

また比較という問題もあります。「あの人のようになりたい」とか「あのような状態になりたい」と思いますが、それは不可能です。なぜならばこの世の人は皆ユニークだからです。もちろん一つのモデルとして他人を認識し参考にするのはとても効果的ですが、全く同じにする・なる必要性は無いように僕は感じています。自分らしい、自分にしか出来ない表現方法ややり方がきっとあるはずです。そのために人は生まれてきていると言えるかもしれません。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 現実化・シンクロ(共時性)

Comment

  1. ウスシックスremix より:

    ミュージックストアオープンおめでとう! 次から次へと楽しそうな幅が広がって、ものすごい快進撃ですね先輩! すばらしい。まさに“できるvsできない”だね。
    前になんかで読んだ経済学者の話なんだけど、毎日「昨日より0.2%成長しよう」と努力する。たった0.2%だけかもしれないけれど、これが1年積み重なったら尋常じゃない成長率になるんだって。進んでいくことが大事なんだね。
    ボクはトミックスになりたい(笑)。また呑みにいきまっしょい。
     

  2. ははっち より:

    う~ん、わかりやすいですねえ。
    確かに何かが好きでやり始めたとしても、世の中一般の考えにひっかかっちゃうと“そんなことやっててもお金にならない”とか、“その世界で食べていけるようになる人なんてほんの少ししかいないんだから・・・”とか、「食っていけない=失敗」が付きまといますよね・・・。そうなると「やっぱりできない」を結論にしてしまうし、「好きで始めた」もどこかへ行っちゃうんですねえ。
    私もかつて「何かを始めたい」→「誰かに認められたい」→「そうすれば自分で自分を認められる」にはまり続け、いつの間にか“好きなことをやりたい”ではなく“認められるために何をやるか”からスタートするようになってたりして・・・。ワケわからなくなっちゃいますね!

  3. とみ より:

    >ウスシックス
    コメントいつもThank you!!同じ音楽ラバーとして音楽サイトもヨロシク!
    そうそう、人の思考って日々そんなに変わらないんだよね。同じ繰り返しをしてしまう。0.2%でもそれはすごい進化に繋がるよね。
    是非アジア系に行こう!

  4. とみ より:

    >ははっちさん
    コメントありがとうございます。鋭い洞察ですね。まさにその通りだと思います。「認められたい」ために外に証を見つけようとするんですよね。でも、それは外を探しても無いんですよね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

意図が明確になると後悔や失敗が消える理由

「あの時こうしたらどうなったんだろうか?」「あの時こうした方がよかったかな?」   このような後悔に時間を割くことは時間の無駄と言えます。なぜならば、全ての出来事は完璧だからです。パズルのピ …

多次元的につながっているパラレルワールド

オランダでのスペシャルリトリートが終わり、本日はスペインのバルセロナにやってきました。気候は今の東京と同じ位ですね。オランダより暖かい印象。参加いただいた皆さまは個人差はあるもののリチュアルでは言葉で …

蜘蛛の巣

私たちの世界はまるで蜘蛛の巣のようです。それも、平面的にできている蜘蛛の巣ではなくて、中央から放射しているような蜘蛛の巣をイメージしています。 中央にある本質・源・はじまりの瞬間が、放射していきます。 …

コマンディング

コマンディング(指示をする・指令を下す)とは私達のハートの望みを現実化するための一つのキーです。指令をする、と聞くとちょっとキツイ表現に聞こえますが、コマンディングとは「ためらいなく意図や気持ちを言う …

no image
創造力から現実化へ

昨日のツイッターから、 具体的に創造力を使う活動とは、どんな活動ですか?という質問がありましたので、ちょっと書きたいと思います。 創造力を使った活動とは自分のオリジナルのアイデアが伴う活動です。自分自 …

no image
共時性

自分の周りで起こる出来事は本当に自分自身で作り出しているんだなぁ、と実感しています。最近、自分の周りでシンクロニシティー(共時性)が頻繁に起こっておりますが、その共時性の影響が本当に早く次の共時性に繋 …

no image
先入観から始まるストーリー

地球は丸い。これは今の時代は当然の常識となっています。 しかし、むかーしは地球は平らであるというのが常識でした。 その時代に地球は丸いなんて言ったら、おかしな人と思われてしまいます。 しかし、本当に地 …

no image
世界の見方

私たちは私たちが「そうでありたい」「そうであろう」という世界を日々、今こうしている時も見ています。 「こういう状況になったら、必ずこうなる」「こうなったら、絶対に無理だ」というような想いが、まさにその …

no image
ゆっくりと

ゆっくりと歩くことはとても大切です。この世界には時間がありますよね。種を蒔いて実を成らすには時間が必要です。私たちは肉体を持ってこの神秘的な空間を楽しんでいます。 自分自身が本当にやりたいことや望んで …

信じている事を一旦止めることでワクワクした人生が手に入る理由

私たちの周りには様々な概念、情報が存在しています。現代は、インターネット・SNSなどのネットワークの進化が著しく、まさに情報社会。その発展によっても、昔では触れられなかったような情報が簡単に入手できる …