ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

MAKOTO

   

c1d7d9c1.jpg友人と日本映画「MAKOTO」を観てきました。
この映画はこの世にメッセージを残している存在達を見ることができるサイキックな監察医であるMAKOTOを主人公とした作品で、深いスピリチュアルなメッセージが込められている映画でした。
MAKOTOは様々な事件を通して、自分の愛する妻が残したメッセージを解明していきますが、そのプロセスに大きな生きるための知恵があると感じました。

いわゆる霊というスピリット達は、4次元の存在であり、エゴや葛藤が残ったままこの世を去ると4次元の世界で生き続けます。4次元の世界では、想念がそのまま投影され現実化がスムーズに行われるので、死んだことに気付かないまま生活し、あるタイミングでエゴや葛藤に気付くことで次のサイクルに入っていきます。これは映画のシックスセンスでも描いている点だと感じます。

MAKOTOでは、主人公がエゴや葛藤を気付かせてあげる役割を持ちつつ、いかに今この瞬間をエンジョイするかということに気付いていく映画だと感じました。このマトリックス構造を持つ社会を生き、そして卒業していく両者にとって本当に喜びで溢れた関係性でいることは大切だとこの映画から実感しました。

以前も書きましたが、今の時代、いつこの世界を旅立つか分かりません。誰と会っても別れる時はいつでも、どんなことがあっても、笑顔で見送ることが大切です。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 映画・本・演劇

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コードが映画化されたとのことで、公開初日に早速観にいってきました。さすがに上下二冊の内容を2時間30分程にまとめるのには困難があるように感じましたが、様々な映像を駆使して一つのストーリー …

イルカの島

アーサークラーク著の「イルカの島」はイルカと少年とのコミュニケーションを描いたSF作品。設定が未来というのがとても興味深く、イルカと人間、イルカとのコミュニケーション、イルカと言葉などを描いている、ど …

Signs(サイン)

ナイトシャラマン監督作品のサインはとても分かりやすい形でシンクロニシティ(共時性:意味のある偶然的な出来事)を描いた作品だと感じています。 日本語タイトルは「サイン」ですが、英語タイトルは「Signs …

アカシャ光の叡智

ゲリーの最新作「アカシャ光の叡智」が徳間書店から発売されました。これは前作の「ビュイック・ドライバー」の続編になり、ゲリー少年の幼少期の体験を元に、光の12日間やアカシャについて、そして今この瞬間を葛 …

イリュージョン

リチャードバックの作品「イリュージョン」はこの世のシステムを「ある状態」から描いた作品です。 遊覧飛行で生計を立てているリチャードが、かつては救世主だったと言うリチャード・シモダと出会うことからストー …

no image
キッド(Disney’s The Kid)

実家に帰省していた時の話ですが、夜中1時過ぎ頃になっていて、そろそろ寝なきゃと思いつつテレビつけたらブルースウィリスの何やら映画がやってました。 何気に見ていたらだんだん面白くなってきてとうとう最後は …

The Abyss(アビス)

ジェームズキャメロン監督の名作「アビス」は意識を大きく揺さぶられた映画です。人間のエゴや葛藤から作り出された現実により、自ら危機を作り出している時、「彼ら」は人類に警告を発するためにあるメッセージを送 …

火の鳥 太陽編

手塚治のライフワークとも呼べる大作「火の鳥」。火の鳥は、宇宙の私達を作った存在や、宇宙エネルギーを象徴する鳥として描かれており、火の鳥はヤマト編や宇宙・生命編など、様々なタイトルがあります。その中でも …

Cocoon(コクーン)

85年に製作されたデイヴィッド・サパーステイン原作、ロン・ハワード監督の映画「Cocoon(コクーン)」をDVDで観ました。 この映画は昔よくテレビでやっていて観るチャンスは結構あったんですが、なぜか …

no image
Matrix Revolutions観ました。

先日、マトリックスレボリューションズを観てきました。とても驚きました。なかなか1回観ただけでは全てを理解できた訳ではないのですが、多くの気付きがありました。私達の想念やイマジネーションや夢の現実化、そ …