自分を知るための感情

one_feeling

私たちは体を使って日々の日常を体験しています。皆がそれぞれのペースとアプローチで人生を進めていますが、私たちは「完全に己を知る」という旅をしています。

日々味わう感情・フィーリング。悲しみや喜び、不安や楽しさ、怒りや安堵など、いろんな感情・フィーリングを味わっています。全ての感情は一つの純粋なエネルギーから始まっています。そのエネルギーが、この世界に投影された際、様々な歴史や文化、社会意識、集合意識によって様々な概念として細分化しています。

この意味で、どんな感情の中にも純粋なエネルギーに繋がる事ができるものです。ある意味、全ての感情を十分に体験し尽くす事ができれば、完了します。そうなると、肉体を持たずとも純粋な意識体として自由に旅をすることができるようになるでしょう。

しかし、人生の経験や体験によって、「怒りは悪」「喜びは善」のように感情に意味を付けてしまうと、エネルギーを十分に味わえず部分的になり、その感情の波にのまれてしまいます。

ポイントは自分が体験している感情を無視したり誰かのせいにしたり、意味を付けずに、ただ味わうことです。意味を付けてしまうと、いつものパターンにハマってしまい、部分的な体験になりがち。

「己を知る」ためには感情・フィーリングをフルに味わう体験が伴います。あるポイントで全ての感情が純粋なエネルギーとなり、「個」さえもその中に解けていき「全」になっていきます。

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください