「好き」という言葉

例えば人を好きになる時、疑いなく、そして躊躇い無く「好き」という言葉を使っています。でも、実際に心から出る「好き」には言葉にすることができない想いがあると感じています。音楽を聴いて好きになる時、食べ物を食べて好きになる時なども同じです。

「好き」の逆は言葉的には「嫌い」ですが、躊躇い無く、判断すること無く好きという言葉が出た瞬間、その言葉は二元性の枠を超えて「嫌い」という意味は含まれていません。
例えば、「信じる」という言葉があります。もちろん躊躇い無い場合はそんなことはないと思いますが、「信じる」には「疑う」がたいていの場合伴います。現実化のワークやリモートビューイングのワークで言葉を使いますが、信じるではなく、「知る(Knowing)」を使うことがキーになります。「知る」は私たちの存在を象徴している言葉ですね。

物事を個人的に判断や分析しない状態での「好き」には心からのメッセージがあると感じます。

「あいのり」の話になりますが、一昨日、ヒデが告白した女性のアヤは
「気持ちを言葉にするのって私はそんなに重要な事じゃないんだと思う。自分の気持ちの大きさなんて自分にしか分からないし、自分の本能がその人を選ぶんだと思う。」
ということを言いました。まさに「好き」はこのことだと感じます。
本能、つまりは「魂」「心」が説明無く、理由なく惹かれることを「知っている」状態が「好き」の本質じゃないかなって。

頭で分析したり、人の話や情報をそのまま聞いて判断した「好き」「嫌い」は個人的な判断に過ぎないと感じます。言葉にするのは難いけど、あいのりのアヤの言葉には判断の無い「好き」を上手に表現していてぐっとくるものがありました。

あいのりって結構深いなぁって思いました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

画像をアップロード

ENJOY NOW CLUB

ENJOY NOW CLUBでは「ワクワクする人生をゲットするための情報」をテーマにした会員限定コンテンツをお届けしております。
様々なテーマでの会員限定動画や会員限定メッセージがご覧いただけます。会員登録は無料です。お気軽にご登録ください。

画像をアップロード

アウェイクニングプログラム

シャーマニズムの秘儀シャーマニックリチュアルを体験し、創造の源を知って生きるためのクイックプログラム「アウェイクニングプログラム」
現在、オンラインコースを開催中。メンバー募集中です。

画像をアップロード

ワールドブルー公式ライン

ワールドブルーのLINEアカウントでは、トミーによる「ワクワクする人生をゲットするためのワンポイントトレーニング」動画やオリジナルマンダラを随時お送りしております。QRコードや登録ボタンからご登録ください。IDは@worldblueになります。登録時にもオリジナルマンダラをお送りしております。是非お友達になりませんか?ラインからもお問合わせや質問などお気軽に。

「好き」という言葉” に対して2件のコメントがあります。

  1. ウスシックスver∞ より:

    アイルランド後のENJOY NOWは冴えまくってるね。そのとおりだね。言葉ほどあいまいなものはないよね。うちで飼ってる犬(ナッツ)の「無条件のスキ」を浴びてると、なんでボクらはこう素直に「好き」を表現できないんだろうってつくづく考えさせられるよ。前に桃井かおりがテレビで言ってたけど「人間にもしっぽが付いてたらいいのにね。そしたら嫌いといいつつしっぽ振ってたりしてね((笑)。」さすがだね、ネエさんと思いました。
    ということで、無条件の愛を差し上げます。メリークリスマス

  2. とみ より:

    ウスシックスver∞ よ、コメントありがとう。体験や本質から出てくる言葉って言葉ではなかなか表すことができないんだよね。しいて好きの気持ちを表すなら「愛おしい」って感じになるかなぁって想う。桃井かおりはネエさんって感じだよねぇ。本当に。
    ちなみに、新しいウスシックスバージョンにもあるじゃないか。無条件の愛だと、条件を認めることになる。これからは「無限の愛」だ、ウスシックスよ(^_^)ホッホッホ~、メリークリスマス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

12と21

次の記事

サンタいる派