ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

音の世界

   

この世界は全て音で出来ています。別の言葉に代えれば「色」「形」「エネルギー」「周波数」等・・・というように認識することもできます。

全てが音で出来ているとするならば、私達が発している言葉にも音や色があり、形があり、エネルギーがあります。

僕が日々実践しているマントラのチャンティングは音で、描いているマンダラは色というように認識することができます。

また目に見えている人々、車、机、パソコン、石、食べ物、動物・・・なんでも形として認識されているものは、音であり色でもあります。

もっと言えば、五感で体感しているもの全ては、自分自身の本質の音や色が形となって現れているとも言えます。音=色=形です。

目に見えないものも、同じ音・色・形です。心・頭の中で考えている思考・想念、イマジネーションもそうですし、天使的な存在やガイドスピリットと呼ばれる存在もそうです。

日々考えている事や、発している言葉も音・色・形。そもそも、想念を作っている価値観・信念・心が、現実を作っているということになります。

もし今の日常が希望していない事だったり、何かが「違う」と感じている場合、本来望んでいる音や色・形を思い出す必要があるかもしれません。それをビジョンと言うこともできるように感じています。

日々使っている言葉、聴いている音、食べているもの、見ているもの、飲んでいるもの、行っている場所・・・全てが現実を形作っています。

イブニングワーク「曼荼羅の夜」
自分自身へのメッセージをマンダラを通して受け取るワークショップ。現実化のために今何が必要なのかマンダラを使ってみませんか?
日程:3月29日(木)
時間:19:00-21:00
料金:3,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)

詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/evening/evening126.html

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き, 現実化・シンクロ(共時性)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

節分で自然を感じる

今日2月3日は節分ですね。節分とは季節の分かれ目の節で、特に立春の前の日。   つまりは、暦の上では春ということで、カレンダー上ではなくて季節上の大晦日的な日ということですね。今日は東京はと …

多次元的な私に気付くために

今こうしている時にも私たちの意識は様々なレベルに存在しています。言葉を変えれば、いろいろなところを旅をしていると言えます。多次元的な私、ここだけではない私という存在と誰しもが気付くチャンスがいつでもあ …

プリン

プリンを分解すれば、牛乳と卵に分けられます。しかし、プリンとして成り立たせるためには、その二つが見事に融合していないと美味しいプリンにはなりません。 美味しいプリンは牛乳と卵の絶妙なバランスが大切でし …

no image
概念が作る世界

私たちが過ごしている日常。この世界、この日常には、たくさんの概念が存在しています。それは、家族、学校や会社、社会、地域、国という、大小に関わらずどんなコミュニティにおいて、他者とのコミュニケーションを …

浄化のストーリー

浄化という概念があります。浄化とは、「アンバランスな状態をバランスの取れた状態にする」というようなニュアンスで、様々なストーリーが浄化の周りには存在しています。 浄化をすることは「悪い」事ではありませ …

世界が見せている「私」の世界

今、目の前に表れている世界はリアルな世界として存在していますが、シャーマニズムの世界から見ると、例えるならば、バーチャルリアリティ的であり、ある種のプログラミングによって見せられている世界とも言えます …

他者を通して知るこの世界のシステムの正体

私たちは、人と人との交流の中で生かされるシステムを持っています。そのシステム自体、実は私たちの意識が自ら創り出したバーチャルリアリティのようなもので、時空を持っているプログラムです。このプログラムの中 …

no image
意識のシンポジウムに参加しました。

昨日の話になりますが、心が開く新時代と題したシンポジウムに参加してきました。大学の教授、科学者、弁護士、ヒーラー、意識研究家、カウンセラーなどなど様々な分野からの講師の講演やパネルディスカッションなど …

コントロールで再び眠りに落ちることも

最近の時代傾向として、自分自身の本質に目覚め始めやすい反面、元の眠った状態へと戻ろうとする傾向も同時に強くなってきているように感じています。相反する力が働くというようなイメージですね。   …

no image
想い=現実

結局、この世の中で見ている世界は自分が想像(創造)している世界です。そして、それは個人個人ユニークな世界になっています。だから、他人と比較することは正直あまり価値は無いことです。なぜならば、一人一人が …