ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

受け取ることの大切さ

   

スピリチュアルなアイデアとして「与えること」はとても大切であるとよく言われています。それは宇宙の法則で「与えたものは全て自分に返ってくる」という法則があるためです。

確かにこれは一理あります。この現実が私達の心(意識)の投影であるとすれば、与えたこと=受け取ることということがある意識レベルまでは成り立ちます。

しかし、多くのアイデアが「与えること」ばかりにフォーカスしているように感じています。特に日本人には多いように感じますが、受け取ることがあまり得意ではないようです。せっかく宇宙の法則に従って、様々な愛や選択に関することや物を与えていて、返ってきているのに受け取ることができていないかなぁと思います。
これには、「私はこれを受け取るに値しない」という集合意識があるのかもしれません。しかし、私達はどんなものも受け取るのに十分値する存在ですし、受け取るものや出来事などは全て私たちの意識が現実化させているに過ぎません。

受け取ることが上手になることが意識レベルを高めていく一つのポイントであると感じます。受け取る時は感謝とジョイを持って受け取ることです。
何か与えられた時、それは今まで与えたものが帰ってきた証であり、ステップアップのゲートが開いた時ですね。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Comment

  1. さかけん より:

    >「私はこれを受け取るに値しない」という集合意識があるのかもしれません。>しかし、私達はどんなものも受け取るのに十分値する存在ですし、受け取るも>のや出来事などは全て私たちの意識が現実化させているに過ぎません。
    本当そうなんだなぁと感じます。まだまだ有効に上記のことを使い切っていない感じがする。しかし、それもあと少しの感じも・・・する(笑)
    「おいらは受け取り上手だぁ!!」と宣誓♪
    ついでに
    「楽しみ上手だぁ!!」

  2. より:

    > さかけんさん
    そうですね。宣言しちゃうことですね。
    そうすると、どんどんと受け取ることもできるようになるし、
    結局は受け取る・与える、ということを考えなくても、
    自然のサイクルにいることが分かりますしね。
    エンジョイそのものになるだけですねヽ(^o^)丿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
人と人との繋がり

私達がこの世界にいるには、他者がいなければなりません。そうでなければ、私達一人ひとりが元々持っている価値・エッセンスというものに気付く事ができないからです。あのご存知金八先生も言っていたように「人とは …

no image
別れも必要なエネルギー

「与えること=受け取ること」これは、「宇宙の法則」と言えることで、全ての出来事や出会いは私たちの意識の鏡であり、私たち自身で作り出しているということです。最近、思うことは人と人との繋がりですね。ちょっ …

no image
A Thausand Years

スティングの1999年に発売されたアルバム「 Brand New Dayには神秘的な曲が収録されていて僕のお気に入りの一枚です。アラビアのマントラを使ったデザートローズ(Desrt Rose)もオスス …

2014年の新春ワーク 2014年のキーポイント

本日は2014年度の新春ワーク-ビギニング2014-を開催しました。毎年恒例になっている年初めのイベントです。ワールドブルーのワークショップ始めでもあります。   今年の流れをお話させていた …

no image
ミトコンドリアDNAから分かること

ちょっと今日の日記はコラム的な感じになるかもしれませんが、メモ感覚で書きます。最近様々な気付きが多いのですが、本日の気付きは感動ものでした。 人間の進化の過程を考えるとき、スピリチュアル的には前世や来 …

no image
「疑い」から「質問」へ

「疑う事」がエネルギーの流れを止めるのに一番早い方法です。パフォーマンス不安や集中力の欠如にも関わるけど、「自分はちゃんとできているのだろうか?」という疑いや不安。これが、自分の進む方向にストップを掛 …

no image
イルカのような無邪気さで♪

イルカの目や姿を見ると、時間が無い空間に入ったような感じになり、まさに今この瞬間に存在できる、そんな体験をすることができます。 そこにはイルカの行動や動き、愛嬌のある姿を見ることで、子供のような遊び心 …

no image
世界の見方

私たちは私たちが「そうでありたい」「そうであろう」という世界を日々、今こうしている時も見ています。 「こういう状況になったら、必ずこうなる」「こうなったら、絶対に無理だ」というような想いが、まさにその …

思考から言葉へ

日々の日常で私たちが使っている言葉。言霊という言葉が日本にはあるように、声に出した事にはエネルギーが宿り、それがやがて目の前に現れてくるものです。 そもそも、私たちが使う言葉には、無意識に話したとして …

自分にとっての天国は相手にとっての地獄

自分自身が望む事を、必ずしも相手が望んでいるとは限りません。よかれと思ったり、いろいろな情報を教えてあげたいという気持ちから、そこからコントロールの問題が生じることがよくあります。   「自 …