ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

浄化のもう1つの見方

   

スピリチュアルな概念では様々な場面で「浄化」というキーワードが出てきます。一般的に浄化とは、「不要なエネルギーを純粋なエネルギーに変換する」「汚れたエネルギーを綺麗にする」といような意味合いで使われています。確かにこのようなことはもちろん浄化という意味になると思いますが、もう1つの重要な意味が浄化にはあると感じています。

それは、「拡大した意識を自分らしいエネルギーに適応させる」という点です。人間には葛藤やエゴがあり、それが様々な目に見える物質や目には見えていないエネルギーと共鳴した瞬間、分かりやすい形で葛藤やエゴを見せられます。そして、そのエゴや葛藤に気付いて解放が起きた時、意識は拡大し新しいエネルギーに順応します。そして、本当の私たちの本質に近づいてきます。この段階が既に浄化となります。

人間は既に「気付いた」古いエネルギーをいつまでも持っているとは限りません。気付いて何らかの出来事や直感等で既に解放されたことを感じます。しかし、慣れということもあり、同じ感情や葛藤等に執着する傾向があるようです。浄化について出会ったとき、古いものが出て行くという意図もありますが、本当の自分の本質に必要なエネルギーが受信されているんだという意図を持ってみることも大切だと感じます。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ネイリストの妹との自信についての対話から

ワールドブルー内でネイルサロン925を行っているネイリストの妹が先日ふとこんな質問をしました。 「自分が上手いと思い込めば、本当にうまくなるのかなぁ」と。その裏には、妹は他のネイリストと比べると遅咲き …

答えを探さず謎を創る人生

  アウェイクニングプログラム4期のシャーマニックリチュアルの旅から無事に戻ってきました。帰国してから明日で1週間。正直、まだ少々体調が回復しておらずのんびりと過ごしているところです。明日は …

不思議な縁

昨年7月に僕の人生の教師である一緒にアカシックレコードの第一人者でありビジネスコンサルタントでもあるゲリーボーネル氏に会いにフロリダのネープルズというところに仲間達と行って来ました。一緒に行った仲間た …

思考から言葉へ

日々の日常で私たちが使っている言葉。言霊という言葉が日本にはあるように、声に出した事にはエネルギーが宿り、それがやがて目の前に現れてくるものです。 そもそも、私たちが使う言葉には、無意識に話したとして …

センチメンタルから抜けて自由になるために

私たちは日々の生活の中で文化や社会という集合意識と触れ合いながら生きています。その影響は心身の内側と外側に大きく影響を受け、バランスが取れていないと心身に不具合が生じてしまい、自分の正体を見失ったり、 …

「いけない」という恐れからの脱却

ついつい使う言葉「~しなきゃいけない」 日々の生活の中で私たちは様々な情報に触れています。日々、情報量は倍増していますね。その情報に飲み込まれてしまうと、様々な「いけない」という概念が付きまといます。 …

自分を信頼する力はいつもある

誰もが自分自身を信頼することができます。自分を信頼することがずっとできていれば、どんな風が吹いても嵐が来ても、地震が来たとしても、大丈夫という状態でいられるものです。また、ある意味、この世界に私たちが …

no image
イルカのような遊び心

2012年になりましたね。10年位前は、まだまだと思っていたのに、気付いたらもう2012年。時の経つのは早いものですね。 年末はエリーと一緒に僕の実家の信州松本で過ごし、正月2日にはエリーの実家の新潟 …

3年B組金八先生シリーズ5

最近ふと気になり昔録画しておいた3年B組金八先生のシリーズ5を観ました。毎回金八先生は教育問題や社会問題を大きく取り上げていますが、第5シリーズは主に家庭についての問題も取り上げています。引きこもりの …

内側に隠してある抑圧をリリースすると人は自然になる

私たちは幼少期からの過去の記憶で様々な行動パターンや思考パターン、つまりは生きるための術を身に着けます。今、目の前に起こっている大抵の問題や不安は、そこからやってきています。   その思考パ …