時間と情報と自分

時間の感覚はよく一点に集中するピラピッド状のスパイラル(螺旋)で表現されます。時間とはここの世界にしかない特殊な状況で、ここをエンジョイするために用意されていると言うことができると感じます。時間が無ければ「制限」という概念もなくなりますし、物理的なものや感情、他人と自分という概念さえも突然消えてしまう。その瞬間はユニティそのものであり、よく言われるワンネスという概念さえも無く、まるでそれは海の中の一滴の雫のような感覚。それは、完全な融合と調和であり、この世の全ての人が「既に知っている」。

しかし、時間があるためにそのことを「忘れている」。でもそれはそれでOK。なぜならここはそういう時間と空間で制限されているからこそ、すごく楽しい場所だから。

時間をスパイラルで表せば、今の時代はピラミッドの頂上付近、スパイラルの終わりの部分。時間がある点に向かって収束してきている段階。この段階の特徴の一つとして「情報の増大」があります。今まで分からなかった秘密的だったり隠されたりしていたことが徐々に「分かる」ようになってきます。それは直感で来たり、様々な媒体を通して訪れます。しかし、情報は情報で、正しいか間違っているかということではありません。情報が単に増えるということです。

情報とは自分の姿を移す鏡。「知る」ということを知るためのメッセージ。自分を知るためのチャンスがたくさん来ています。自分を知る旅の最終地点が訪れようとしている予感が心の奥深い部分から出てきています。情報を自分なりの視点で活用し、情報のために生きるのではなく、自分のために生きることが今の瞬間大切なことだと僕は感じます。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

時間と情報と自分” に対して1件のコメントがあります。

  1. ウスシックスver∞ より:

    そうだね、時間と空間の概念は無意識に自分の大部分を占めてるよね。さらに最近の情報量と変化といったらないね。ものすごいスピードですべてが動いてる。このまま続いたら確実に大きな動きがあると思う。でもね、時間に縛られているからそう考えるのかもしれないけど、この変化は永続的には続かないよね。いつかは終わりがくるよね。現実化もそうだけど、人間はどこへ向かってるんだろうか? 最近、胸に溜まってたストレスを取ってもらってスッキリのウスシックスでした。

  2. とみ より:

    ウスシックス、コメントありがとう。情報量の加速的な増大には本当に驚かされるね。
    確かにこの変化は永続的じゃないね。あるポイントでゆっくりなテンポになってくる感じ。どこに向かうのか。結局は自分の本質の部分に向かうということだろうね。でもそのことに気付いた瞬間は「このままでいいんだ」という納得感。実はどこにも向かっていなかったんだということに気付いてしまう感じかな。明日からヨーロッパに行ってきます。面白い報告ができればと想っているのでよろしくね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください