ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

五感+感情がキーになる

   

私たちには五感、そして感情があります。どんな時でも五感や感情は活躍していますが、十分に味わい切れていないケースがよくあるものです。ある意味、この世界に存在している一つの理由は五感や感情を味わう事にあるとも言えるほどです。

スピリチュアルにフォーカスしていると「見える」というワードが結構出てきます。瞑想をしていると○○が見えた、あなたの後ろに○○が見える!など・・・
またメディアの様々な情報でも、やはり「見る」という事にフォーカスが当たるため、そのような情報で何かを見ようとする傾向があります。もちろん、視覚も大切ですが、五感の中でも、やはり視覚が優位であり、どうしても傾向として視覚に頼りがちな面もあります。

もちろん視覚からは様々な情報を得ることができますが、それだけではまさに視野が狭くなり、フルに情報を得ることができないケースもあります。
感情もそうですね。あの人がこうだから私は怒りを持っているとか、私はこうだから悲しい。というように、感情へ外側の意味を付けてしまい、感情というエネルギーそのものを味わったり、または別の形に応用せずに体内に保持してしまう傾向もあります。

五感、そして感情をフルに味わうことで、人生のゲートがもっとオープンになってくるものです。また、情報の流れをより深く感じることもできるように感じます。どんなビジョン、それは現実化させたい事、手に入れたい事、達成したい事など、には全ての五感と感情が入り、具現化されていきます。
もし抑圧している感情があったりすると、フルに欲しいものが手に入らずに、外側に手に入れなくてもよいという証拠等を探したりなど様々な戦略を使い自分自身を元の状態におしとどめます。体の怖さなんですよね。

日常に五感と感情をうまく活用することが自己実現への道のように感じています。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Comment

  1. megu より:

    9月にお目にかかって以来です。
    長いトンネルは抜けたと言っていただいたのですが、自分の感性に従うことでしか開けていかないことが、実感としてわかるようになってきました。車輪がやっと回りだした感じです。
    いい意味でネジがゆるんできました。この流れに乗って、トミーさんに言われたことを、現実に数年内にやろうと思います。
    生姜も飲みますし。

  2. とみ より:

    > meguさん
    こんにちは。メッセージありがとうございます。いい感じになってきたようで、私も嬉しいです。是非、この調子でいろんな事を楽しみながら体感していきましょう。生姜もグッドですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
矛盾の世界

日常の中の矛盾点に目を向けること。これが、今この瞬間をエンジョイヒントになっている場合が多いものです。矛盾とは、「あなたはあなただけど、私である」や「ああでもなければ、こうでもない」ということなど。つ …

no image
カタチの変化

この世の中は時間の速度は違えど、ずっと同じ形ではいられず時と共に変わっていきます。自然界は「創造→維持→破壊」のサイクルを繰り返しています。無常という言葉もありますが、常なものは無いと言えますね。 こ …

no image
暗号を解く

本日のニュースで第二次大戦中にナチス・ドイツが暗号機のエニグマを使って発信した暗号文の未解読となっていたものが解読できたというものがありました。 http://headlines.yahoo.co.j …

恐れや嫉妬のループから出るために

外側に対して不満や恐れなどがある場合、大抵それは自分の中にある抑圧やブロック、葛藤や固定概念や思考・行動パターンなどが潜んでいることがよくあります。その部分が外側の刺激によって活性化され、対象に対して …

全ての道は自分の答えには繋がっていない理由

本日は全ての道は自分の答えには繋がっていないことについて書きます。   この世界には様々な「道」が用意されています。様々な実践やテクニック、考え方や概念、信仰や信念体系など、自分を知るための …

no image
バーチャルリアリティ

この世界はバーチャルリアリティー(仮想空間)な世界だと個人的な体験から感じています。 例えるなら、テーマパーク等にあるバーチャルリアリティを映し出す装置や3Dのマシン。それは、どんな体験でも始めに自由 …

本質の情報を得るために

アカシックレコードやリモートビューイング、チャネリング等、様々な五感を超えていく情報を得る事は誰しもができる能力ですし、無意識的にも行っています。ふとした直感や気付き、誰かの事を思うとその人から電話が …

どのような概念の世界を生きるか?

この世界は概念(意味・創造)でできています。元々はすべての概念が無いソースから何らかの意図やビジョンにより個を含めたすべての概念が生み出されて、私たちの住む世界が成り立っています。概念が無ければ、人と …

イリュージョン

私たちが見ているこの世界は、私たちが見たいように見ている世界。感じたいと思った体験・意図が、この時空間に投影され現実として創造されていきます。 私たちの本質にあるものは、様々な可能性を可能な限り観察し …

動と静のバランスに響く自分の正体

自分らしさ、自分の本質を生きるためには動と静のバランスが大切です。   動というのは、運動をする、表現をするなどの体を動的に動かすこと。現実を生きるために必要なのが動です。 静とは、リラック …