ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

答えを探さず謎を創る人生

   

4期メンバー:コロニアグエルにて

 

アウェイクニングプログラム4期のシャーマニックリチュアルの旅から無事に戻ってきました。帰国してから明日で1週間。正直、まだ少々体調が回復しておらずのんびりと過ごしているところです。明日は5期のワークがあるので、4期メンバー有志に来てもらい早速体験のシェアリングをし、5期のための準備を早速進めていきます。

結果的に、4期は全員が創造の源を知り、これからの人生の生き方を知ることができました。これからが本当の意味で人生の始まり。どんな生き方で人生の謎を創造していくのか、これが楽しみなところです。

 

謎解き人生。これは今回のメンバーの一人がシャーマニックリチュアルを体験中に発した言葉です。創造の源・始まりの瞬間からの放射の衝動を言葉にすると謎解きという言葉になったんですね。創造の源を知ると、人生の究極の答えが分かってしまいます。シャーマニックリチュアルはある種特殊な体の感覚を伴う体験で、人生の途中のプロセスを飛ばして、最後の答えを知る体験です。映画で言うとエンディングを知る体験。ゲームで言うと最後のボスを倒した世界を知る体験。つまり、もう自分探しの旅は終わるということになるんですが、この人生でその最終ステージの答えに行き着くための体験や行動をしていくという人生になります。答えを探さずに疑問や謎を探す・創る。というニュアンス。その謎は日々の生活の中にしっかりとあります。意識的に今という瞬間を生きることがポイントになります。

 

だから、人生は能力ではなく生き方になります。もちろん必要な能力は自然と身に着けていけばいいだけで、「この能力を身に付けたら自分を知ることができる」というような幻想からは解放されて、本来の自分のシナリオや概念をただ味わって生きていくことになっていくことになります。シンプルでこの世界に存在している自分の痕跡という謎を創り、解きながら生きる生き方。これがシャーマニックリチュアル体験後の生き様。様々な概念や情報の罠に翻弄されずに、自らの個性やオリジナリティ、創造性を道標に人生を謳歌していく人生です。

 

しっかりと呼吸をして、体を味わって、好奇心と勇気で一歩進みながら生きていくこと。これが本来の人間の姿です。意識的な呼吸の中に質問と答えが存在しています。そして、呼吸の中にこの世界を創造している源がいつでも放射しています。

迷ったとき、困ったとき、心配な時はもちろん、いつでも意識的な呼吸は私たちを本当の自分へと導いてくれます。

 


アウェイニングプログラム6期2018年2月3日スタート決定

シャーマニズムに基づき、約半年で準備を行い海外にてシャーマニックリチュアルを体験し、森羅万象が始まる瞬間である「創造の源」や多次元的な世界を体感し完全に腑に落とすためのクイックプログラム「アウェイクニングプログラム」の第6期は2018年2月3日にスタートを予定しております。本当の自分の正体を知りたい方、この世界の仕組みを腑に落としたい方、そろそろ能力の人生から「どう生きるか?」の人生にしたい方、自分探しの旅をそろそろ止めて本当の人生を生きたい方のご参加お待ちしています。

第6期(予定):2018年2月3日〜2018年11月10日
詳細:http://www.w-blue.com/awakening/index.php

top_awake

アウェイクニングプログラム動画

ワールドブルーアウェイクニングプログラムに関する動画です。参加メンバーのシャーマニックリチュアル体験談やプログラムガイダンス等の動画を紹介しています。

ワールドブルー公式ライン

ワールドブルーのLINEアカウントを公開しました。下記のQRコードやバナーボタンからご登録ください。IDは@worldblueになります。登録時に、オリジナルマンダラ待受画像をお送りしております。随時、ワールドブルーの情報やメッセージなどをLINEを通じてお伝えしています。 友だち追加数
The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - シャーマン・シャーマニズム, 意識・心・気付き , ,

  関連記事

ドルフィンマインドの3要素

4/9(月)の19時より五反田JMAスペースにて第2回目のドルフィンマインドを開催しました。多くの方にご参加いただきました。ありがとうございました。 今回のドルフィンマインドは「イルカのようにチャンネ …

新潟の上越に来ています。上越の高田公園は日本三大夜桜の一つで4000本の桜が咲いています。ちょうど今日が満開。300店の屋台も出ていて賑やかです。 私たちは日々、やらなきゃならないと思ったり、考えなき …

no image
下手vs上手

日々私たちは誰かの創造力が現実化したモノと触れ合っています。パソコン、料理、ペン、映画、音楽、カメラ、机、靴・・・等など、認識しているモノは誰かの創造力から生まれたものです。日常の中で当たり前にあるも …

no image
言葉の乗り物

私達が普段使っている言葉は全て形を持っています。目には見え無いのだけども、全てに言葉の意図が入った形。例えるなら、「乗り物」ですね。 例えば、電車や飛行機。目的地が設定されていて、ちゃんと目的地まで運 …

奇跡であって奇跡じゃない

奇跡、この言葉は予想を超えて起こった素晴らしい出来事、神様が起こした超自然な出来事、あり得ないことが起こった時などに使われますよね。「これは奇跡的なことだ」というように。科学や一般常識では考えられない …

何かを新たに始めるときのポイント&LINEアカウントスタート

何かを始めるとき、それが三日坊主になってしまったり、面倒臭くなったり、億劫になったり、言い訳をしたりして、途中で止めてしまうことがあると思います。すぐに結果を求めようとしてしまうとき、そのような想いが …

恐れはパワフルに私たちの想いを増幅させる

ビクビクすることや怖いと感じることに対して、過敏に反応したり戦ったりすることで、更に対象となるものに力を与えることになります。   例えば、寺院にある仁王像などちょっと怖い顔をしている仏像。 …

自分を信頼する力はいつもある

誰もが自分自身を信頼することができます。自分を信頼することがずっとできていれば、どんな風が吹いても嵐が来ても、地震が来たとしても、大丈夫という状態でいられるものです。また、ある意味、この世界に私たちが …

鏡の法則を止める時

鏡の法則とは、自分を相手を通して見るというものですね。小説にも同じタイトルの作品があるようですが、ここでの意味は、例えば、怒りを抑圧していると、相手の中に怒りを見たり、自分自身が抱えている葛藤等を相手 …

no image
フィーリング・感情と向き合う

日々様々な出来事が起こり、その度に私たちは感情やフィーリングを体験しています。うれしさや辛さ、不安やワクワク、悲しみや抑揚感など、様々な感情やフィーリング、それがあるからこそ私たちは「生きている」実感 …