ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

余計なお世話から自由になる秘訣

   

 

今回は余計なお世話から自由になるということについてです。

 

自分にとっての天国は相手にとっての地獄

余計なお世話・お節介。それは、相手にとって親切心からよかれと思ってしたことが、相手に不愉快を与えてしまう行為。

正直、誰かを勝手に助けること、親切をしようとすることは、傲慢な行為で、相手の人生を自分の思い通りにコントロールをしようとする表れになることがあります。自分にとっての天国は相手にとっての地獄。気を付けないと、よかれと思ってしたことが、人間関係を悪化させてしまい、親切にしようと思えば思うほど、助けようと思えば思うほど、人間関係が複雑になり、簡単に傷付いてしまう人生になってしまいます。

 

相田みつをさんの言葉

相田みつをさんの有名な詩のひとつに次のようなものがあります。

親切と言う名のおせっかい

そっとしておくおもいやり

時にはそっとしておくこと、つまり相手を信頼して相手の行動に任せることが本当の意味での思いやりになります。

 

余計なお世話の根本にあるもの

余計なお世話・お節介は、他者から認められたいという他者承認から生まれています。そして、それがコントロール・操作という行動に表れます。

「私はこんなにすごいことを知っているから私が助けてあげましょう」「私はすごい能力を手に入れたからあなたに教えてあげましょう」「このエネルギーをあなたに送っておくから受け取って」・・・・

余計なお世話・お節介は、自己重要性や傲慢さは満たされていないという不満からの行為です。

 

余計なお世話から自由になる秘訣

そんな余計なお世話から自由になるために必要なことはズバリ「コミュニケーション」に尽きます。

相手との間で合意があれば、余計なお世話やお節介になりません。合意は得るためにはコミュニケーションが現実的に大切です。それが無ければ、身勝手であり傲慢なコントロールになってしまいます。明らかに相手が困っていそうな時、勝手に助けることは相手の人生に介入することになります。どんなときでもコミュニケーションが大切になります。

どうしても相手を助けたくなった際は

「あなたは今○○で困っていることはないですか?」と質問をすることです。相手がどんな反応をするか期待せずに。質問から対話が始まります。

 

では、相手から余計なお世話なことをされた時はどうすればよいでしょうか?

やはりこの時もコミュニケーションがキーです。自分の事を考えてくれたこと自体には感謝をしつつも、「私はそれを望んでいない」という事をしっかりと正直に伝えることがポイント。もちろん、怒って言ったり感情的にならずに、淡々と伝えるか、ユーモアを交えて伝えることです。

例えば、「私はそれについてはこのような考え方を持っているので今は自分の力で対処します。もしあなたの助けが必要になった際は、その時に声を掛けさせてもらいたいと思います。」

というようなイメージで正直に伝えることが相手の余計なお世話から自由になるポイントです。

 

この世界の全ての人はみんな違います。それぞれ価値観も違えば、葛藤やブロックの度合いも違うし、生き方が違います。違っていて当たり前の世界です。ただ、その中で他者がいる意義は、相手とのコミュニケーションを通じて、自分の個性や生き方を知ることができる点にあります。

もし余計なお世話をしてしまったり、されてしまったとき、それは自分の中にある不満や他者承認というものが反応しているんだと認識することも根本的なコントロールのサイクルから抜けるためのポイントです。「された」は「した」です。コントロールという罠にはまっているとき、その根源はいつも己の中にあるものです。それを認識できれば、その奥にある創造力が顔を出してきて、面白い人生展開になっていき、自然と自分の価値を自分で認めるという自己承認になっていきます。

 

もちろん、コミュニケーションは生き物であり、セオリー通りにはなかなかいきません。ただ、みんな違うという世界の中で、相手と歩み寄りながら生きていくこと、相手の人生を尊重し信頼することができれば、人間関係を豊かにし、結果的に他者のために無理に何かをしなくても、ただこの世界で自由に自己表現をしているだけで、結果的に相手の役に立ったり、資源になったりすることができます。

小さな子供が笑顔でいると、周りも笑顔に自然となります。イルカと一緒に遊んでいると、夢中になって心身が癒されます。無邪気さ、純粋さ、遊び心、コミュニケーション、これが人間関係を豊かにする秘訣だと感じています。

 

僕自身も育児真っ最中。子供に対してコントロールになっていないか、日々注意して自分を見詰めています。傲慢は人間の誰もが持っている罠なんです。

 


ワークショップのご案内

2018/2/22(木) みるみる自信がパワーアップするヨガ
自己の本来のパワーに気付き、自分自身を認め、自信を持ってパワフルに生きていくためのヨガ。
2018/2/24(土) シャーマニックジャーニー
シャーマニズムの体験(創造の源)から見るこの世界のシステムや個人の現実についてや、その体験談をお話させていただきます。アウェイクニングプログラムのガイダンスも行います。
2018/2/25(日) 映画『マトリックス』から分かる次元を超える旅
~Beyond the space/time
臨死的な体験・シャーマニズムから見るこの世界のシステムを映画『マトリックス』を中心に様々奈映画の世界から知るワーク。多次元的な視点で今を生きるためのワークショップ。
2018/2/27(火) 現実化メディテーション
古いものを手放し、欲しいものや状況を得るために役立つ瞑想やビジュアライゼーションをとことん行います。
2018/2/28(水) 夜のエンジョイナウ座談会
~ワクワク生きるためのミニ座談会
夜に開催するオンラインのミニ座談会。日頃感じている疑問や抱えている不安、現実化、体外離脱や幽体離脱、自分を知ること、恋愛などみなさんの質問にトミーが創造の源の視点から答えます。オンライン受講。
オンラインワークショップ
2018/3/2(金) シャーマンズゲート
シャーマニズムの体験から見るこの世界のシステムや個人の現実を解説。多次元的な視点で今を生きるためのワークショップ。
2018/3/7(水) シータ波になるためのワークショップ
シータ波とは一般的に「夢を見ている状態」この時、問題解決、サイキックゲート、クリエイティビティが発揮されます。この状態を意識的に作るためのパワフルワーク!
2018/3/10(土)3/11(日) リモートビューイングワークショップin東京
~イルカのようにクリアに生きるために
イルカのように明晰に、そしてクリアーに生きるためのワーク。思い込みや先入観を捨てて、別の時空を体感します。ゲリーボーネル氏との共同開発プログラム。
2018/3/21(祝) 春分のマントラマラソン
春分を意図し、恒例のマントラを唱え続けるマントラマラソン。参加者全員で唱える1時間のマントラ詠唱マラソンは圧巻!是非、その音を体感しに来てください。無料イベント。
2018/3/21(祝) 春分の日の現実化サウンドワークショップ
春分の日の現実化イベント。これから夏至に向かってパワフルに自分の意図を現実化させるため「音」にテーマを搾り、特殊なサウンドやマントラを使って、現実化を行うためのリチュアルワークショップ。
2018/3/24(土) 体外離脱ワークショップ
~体外離脱への旅
意識的な体外離脱・幽体離脱を行うワークショップ。多次元的な自分に体外離脱を通して気付きます。

アウェイニングプログラム6期2018年4月7日スタート

シャーマニズムに基づき、約半年で準備を行い海外にてシャーマニックリチュアルを体験し、森羅万象が始まる瞬間である「創造の源」や多次元的な世界を体感し完全に腑に落とすためのクイックプログラム「アウェイクニングプログラム」の第6期は2018年4月7日にスタートを予定しております。本当の自分の正体を知りたい方、この世界の仕組みを腑に落としたい方、そろそろ能力の人生から「どう生きるか?」の人生にしたい方、自分探しの旅をそろそろ止めて本当の人生を生きたい方のご参加お待ちしています。通学、セミ通信、自己認識のみに特化したセルフディスカバリーコースの3コースご用意しております。

第6期(予定):2018年4月7日〜2019年1月12日(海外リトリート 12/7~)
詳細:http://www.awakening-program.com

アウェイクニングプログラム

アウェイクニングプログラム動画

ワールドブルーアウェイクニングプログラムに関する動画です。参加メンバーのシャーマニックリチュアル体験談やプログラムガイダンス等の動画を紹介しています。

ワールドブルー公式ライン

ワールドブルーのLINEアカウントを公開しました。下記のQRコードやバナーボタンからご登録ください。IDは@worldblueになります。登録時に、オリジナルマンダラ待受画像をお送りしております。随時、ワールドブルーの情報やメッセージなどをLINEを通じてお伝えしています。 友だち追加数

 

 

 

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き ,

  関連記事

no image
先祖とDNA

台風22号の情報は凄かったですね。実家の信州松本で3連休を過ごしましたが、今回はラッキーでした。8日の夜に帰省しましたが、次の日は中央線が運休で、松本行きの特急「あずさ」は完全にストップしてしまってま …

no image
挨拶から始まるストーリー

挨拶はパワフルな言葉のコミュニケーション。朝にコンビニの店員さんに「おはようございます」と挨拶するだけで、その影響が20000人にも及ぶという話があります。忙しい朝の清々しい挨拶で店員さんは元気付けら …

制限のある世界で自分を自由に創造していくポイント

もちろん、この世界は他者との共存で成立しているので、前提としてモラルや世の中の法律を破るという意図ではないのですが、そんな制限のある時空の中でも自由に自分らしい現実を作り出すことができます。 &nbs …

ブロックをリリースした後に何を入れるか?

暖かい季節になってきましたね。ワールドブルーアウェイクングプログラムも4月末にスタートし、また音声(ポッドキャスト)を使ったワールドブルーラジオもスタートし、ワールドブルーは春から新しい挑戦が始まって …

「覚醒したい」「悟りたい」だけでは不十分なこの世界の旅

アウェイクニングプログラムもお陰様で2/20(土)にスタートし、先週末はセクション2でブロックのリリースの1日でした。これからの旅が楽しみです。2期はいよいよ創造の源を知るためのリチュアルが迫ってきま …

答えを探さず謎を創る人生

  アウェイクニングプログラム4期のシャーマニックリチュアルの旅から無事に戻ってきました。帰国してから明日で1週間。正直、まだ少々体調が回復しておらずのんびりと過ごしているところです。明日は …

no image
Double Star

Double Star(二重星)とは肉眼で見ると一つの星なのに、詳しく調べてみると重なり合っていたり、接近している恒星のことです。いつも輝いて見えている一つの星が実は二つの星だったりするんです。僕が知 …

どこかで会ったことがある感覚

初対面なのに、どこかで会ったことがあるような感覚がしたり、「会ったことありますよね?」みたいに言われたりすることってありますよね。 この「知っている」という感覚、これは私たちの意識が拡大している証の一 …

no image
寝る前の3つの事

夢って面白いですよね。現実的な夢だったり、映画のようだったり、またとてもシュールだったり、メッセージ性があったり、リアルだったり。夢の時って、全ての意識が繋がっているところに魂の意識は行っています。で …

プリン

プリンを分解すれば、牛乳と卵に分けられます。しかし、プリンとして成り立たせるためには、その二つが見事に融合していないと美味しいプリンにはなりません。 美味しいプリンは牛乳と卵の絶妙なバランスが大切でし …