余計なお世話から自由になる秘訣

 

今回は余計なお世話から自由になるということについてです。

 

自分にとっての天国は相手にとっての地獄

余計なお世話・お節介。それは、相手にとって親切心からよかれと思ってしたことが、相手に不愉快を与えてしまう行為。

正直、誰かを勝手に助けること、親切をしようとすることは、傲慢な行為で、相手の人生を自分の思い通りにコントロールをしようとする表れになることがあります。自分にとっての天国は相手にとっての地獄。気を付けないと、よかれと思ってしたことが、人間関係を悪化させてしまい、親切にしようと思えば思うほど、助けようと思えば思うほど、人間関係が複雑になり、簡単に傷付いてしまう人生になってしまいます。

 

相田みつをさんの言葉

相田みつをさんの有名な詩のひとつに次のようなものがあります。

親切と言う名のおせっかい

そっとしておくおもいやり

時にはそっとしておくこと、つまり相手を信頼して相手の行動に任せることが本当の意味での思いやりになります。

 

余計なお世話の根本にあるもの

余計なお世話・お節介は、他者から認められたいという他者承認から生まれています。そして、それがコントロール・操作という行動に表れます。

「私はこんなにすごいことを知っているから私が助けてあげましょう」「私はすごい能力を手に入れたからあなたに教えてあげましょう」「このエネルギーをあなたに送っておくから受け取って」・・・・

余計なお世話・お節介は、自己重要性や傲慢さは満たされていないという不満からの行為です。

 

余計なお世話から自由になる秘訣

そんな余計なお世話から自由になるために必要なことはズバリ「コミュニケーション」に尽きます。

相手との間で合意があれば、余計なお世話やお節介になりません。合意は得るためにはコミュニケーションが現実的に大切です。それが無ければ、身勝手であり傲慢なコントロールになってしまいます。明らかに相手が困っていそうな時、勝手に助けることは相手の人生に介入することになります。どんなときでもコミュニケーションが大切になります。

どうしても相手を助けたくなった際は

「あなたは今○○で困っていることはないですか?」と質問をすることです。相手がどんな反応をするか期待せずに。質問から対話が始まります。

 

では、相手から余計なお世話なことをされた時はどうすればよいでしょうか?

やはりこの時もコミュニケーションがキーです。自分の事を考えてくれたこと自体には感謝をしつつも、「私はそれを望んでいない」という事をしっかりと正直に伝えることがポイント。もちろん、怒って言ったり感情的にならずに、淡々と伝えるか、ユーモアを交えて伝えることです。

例えば、「私はそれについてはこのような考え方を持っているので今は自分の力で対処します。もしあなたの助けが必要になった際は、その時に声を掛けさせてもらいたいと思います。」

というようなイメージで正直に伝えることが相手の余計なお世話から自由になるポイントです。

 

この世界の全ての人はみんな違います。それぞれ価値観も違えば、葛藤やブロックの度合いも違うし、生き方が違います。違っていて当たり前の世界です。ただ、その中で他者がいる意義は、相手とのコミュニケーションを通じて、自分の個性や生き方を知ることができる点にあります。

もし余計なお世話をしてしまったり、されてしまったとき、それは自分の中にある不満や他者承認というものが反応しているんだと認識することも根本的なコントロールのサイクルから抜けるためのポイントです。「された」は「した」です。コントロールという罠にはまっているとき、その根源はいつも己の中にあるものです。それを認識できれば、その奥にある創造力が顔を出してきて、面白い人生展開になっていき、自然と自分の価値を自分で認めるという自己承認になっていきます。

 

もちろん、コミュニケーションは生き物であり、セオリー通りにはなかなかいきません。ただ、みんな違うという世界の中で、相手と歩み寄りながら生きていくこと、相手の人生を尊重し信頼することができれば、人間関係を豊かにし、結果的に他者のために無理に何かをしなくても、ただこの世界で自由に自己表現をしているだけで、結果的に相手の役に立ったり、資源になったりすることができます。

小さな子供が笑顔でいると、周りも笑顔に自然となります。イルカと一緒に遊んでいると、夢中になって心身が癒されます。無邪気さ、純粋さ、遊び心、コミュニケーション、これが人間関係を豊かにする秘訣だと感じています。

 

僕自身も育児真っ最中。子供に対してコントロールになっていないか、日々注意して自分を見詰めています。傲慢は人間の誰もが持っている罠なんです。

 


ワークショップのご案内

2018/9/23(土・祝) アクティブアカシックレコードリーディング
~アカシックレコードを活用してビジョンを現実化させる
シャーマニズムの視点からアカシックレコードを活用してビジョンを豊かに現実化させるためのワークショップ。よりよい人生を創造するための情報をアカシックで知ります。
2018/9/25(火) 満月のマントラナイト
満月の夜、マントラで心身を健やかに、そしてパワフルにしませんか?マントラとは音です。意図を込めて唱える事で、意図した事が結果として 表れます。参加者の皆様で 一緒に唱え、リラックス&エナジャイズしていきます。
2018/9/29(土)30(日) リモートビューイングワークショップin東京
~イルカのようにクリアに生きるために
イルカのように明晰に、そしてクリアーに生きるためのワーク。思い込みや先入観を捨てて、別の時空を体感します。ゲリーボーネル氏との共同開発プログラム。

オンラインセミナー(ウェビナー)


アウェイニングプログラム7期2018年10月27日スタート

シャーマニズムに基づき、約半年で準備を行い海外にてシャーマニックリチュアルを体験し、森羅万象が始まる瞬間である「創造の源」や多次元的な世界を体感し完全に腑に落とし自己覚醒のためのクイックプログラム「アウェイクニングプログラム」の第7期は2018年10月27日にスタートを予定しております。本当の自分の正体を知りたい方、この世界の仕組みを腑に落としたい方、そろそろ能力の人生から「どう生きるか?」の人生にしたい方、自分探しの旅をそろそろ止めて本当の人生を生きたい方のご参加お待ちしています。通学、通信、自己認識のみに特化したセルフディスカバリーコースの3コースご用意しております。

第7期(予定):2018年10月27日〜2019年7月13日(海外リトリート 6/14~)
詳細:http://www.awakening-program.com

アウェイクニングプログラム

動画コーナー

アウェイクニングプログラム

ワールドブルーアウェイクニングプログラムに関する動画です。参加メンバーのシャーマニックリチュアル体験談やプログラムガイダンス等の動画を紹介しています。

ワールドブルーチャンネル

ワールドブルーチャンネルは毎回様々なロケーションやテーマでワールドブルーのトミーやエリーがお送りするシュールな動画ニュースです。 毎回お馴染みのお葉書コーナーもあります。

ワールドブルー公式ライン

ワールドブルーのLINEアカウントでは、トミーによる「ワクワクする人生をゲットするためのワンポイントトレーニング」動画を限定配信+オリジナルマンダラをお送りしております。下記のQRコードやバナーボタンからご登録ください。IDは@worldblueになります。登録時にも、オリジナルマンダラ待受画像をお送りしております。是非お友達になりませんか?ラインからもお問合わせや質問などお気軽に。 友だち追加数
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。