となりのトトロ

言わずと知れた宮崎映画の傑作の「となりのトトロ」。テレビ等でも数回観た方も多いのではないでしょうか。この作品はいつ見ても何とも言えない懐かしい感じや、ファンタジーの世界、そして心温まる家族像、古き良き時代や人との繋がりを感じさせてくれるように感じています。子供から大人までが楽しめる作品ですね。

僕が特に注目したいのが、サツキとメイがトトロやネコバスに出会うシーン達です。トトロ達のいる世界は子供にしか見れない世界という「ファンタジー」として描かれていますよね。特にサツキがトトロからもらった種を庭に巻いて、夜トトロ達と一緒にその木を大きくして、トトロの乗り物「コマ」に乗って木の上まで上っていくというシーンに僕は注目しました。サツキとメイのお父さんが書斎で原稿を書いている姿も一緒に描かれていますが、実際子供達の姿は見えていませんね。そして、子供たちは朝目覚めて、夢だったんじゃないかと最初思い庭に行くと、しっかりと種から芽が生えています。この時、サツキとメイは夢じゃなかったんだと気付きます。

実際にあのトトロの姿に出会えるかは信念によりますが、あのようなファンタジーの世界を体験することはできます。トトロがテレビで何度も放映されるのは、それなりに人気があるからでしょうけど、何故人気があるのかという点にキーがあるように僕は感じます。それは、あのような世界をみんな知っているからではないでしょうか。子供にしか体験できないように描かれているのは象徴であり、子供の頃に持っていた純粋さや無邪気さを思い出すこと、つまりは大人になって作り出した個人的な決め事や判断、分析的な思考をストップすることがあの世界を体験するためのキーですね。もちろん体験したいという意志や興味が前提ですが。最後のシーンでお母さんにとうもろこしを届けるシーンもあり得る話。

ちなみに僕の妹の話で、昔勤めていた会社の旅行で小淵沢の方に行ったそうです。その景色がまさにトトロで出てくる風景に似ていたこともあり、友人とトトロの話や宮崎作品の話をしていました。そしたら、前方から見たことがある人が歩いてきたそうです。よく見て妹はすごく驚きました。その人は宮崎駿さんでした。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

メールマガジン

ENJOY NOWでは「ワクワクした人生をゲットするための情報」をテーマにしたメールマガジンを発行します。購読は無料。お気軽にご登録ください。

となりのトトロ” に対して1件のコメントがあります。

  1. どいけん より:

    思い出させてくれてありがとう!!totoろ(時事ギャグ)は好きな映画♪あんなお父さん、あんなおばあちゃん、あんな田舎 etc.を思うとにんまりしてしまいます。種から巨木になっていくところも大好き!!あとトトロが傘におちる雨粒の音に感動するところ(笑)日々のなんでもないこと、五感で感じる全てに実はその一瞬しかないユニークさがあることを思い出させてくれる。そんな場面だなーと感じています。宮崎駿さんの映画はいろいろとヒントが詰まっているね。ナウシカからハウルの城まで。今、製作している映画も楽しみです。妹さんのお話も面白いですね。そりゃびっくりするよね(笑)

  2. パオパオ より:

    こんばんは。パオパオです。
    昨日は、ありがとうございました。とても充実した一日となりました。そしてこれからも充実した日を送らせていただきます。
    宮崎作品は好きですが、宮崎作品というと「浄化」がテーマ(悪人が最後には善人になる)ですよね。しかし、となりのトトロは子供たちが主役の作品。宮崎さんの子供時代、母親が大病で家にいなかったことから、母親への想いと母性的少女の登場となってます。穢れの無い子供心に対する宮崎さんの憧れのような気持ちも感じさせる作品ですね。うまくまとまらないんですけど、宮崎さんの作品を見ていると宮崎さんの心理状態を見ているように感じてしまいます。

  3. とみ より:

    >どいけんさん
    コメントどうもありがとうです。あの雰囲気いいですよねぇ。ほんとホノボノとしてしまいます。次回作も楽しみですね。

  4. とみ より:

    >パオパオさん
    コメントどうもありがとうございます。また、先日はセッションを受けてくださりありがとうございました。
    確かにトトロは他の宮崎作品とはちょっと違う感じですよね。
    やはり、映画やアニメもアートなので、作者のその時の気持ちやメッセージが表現されますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください