ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

ワールドブルーチャンネル Vol.10 「2012年」

      2013/12/03

2012年最初のワールドブルーチャンネルVol.10「2012年」を公開しました。今回は雪深い新潟県上越市の山の中からお届けしています。2012年はどんな年になるか?どのように過ごせばよいか?等についてお話させていただきました。恒例のお葉書コーナーもありです。

P.S. 昨年10月にフロリダに行った際にもワールドブルーチャンネルを撮影しておりますが、編集が間に合わず次回に公開したいと思います。

▼2012年をテーマにしたCDのご案内 by Atlatiamusic.com

2012 ASCENSION HARMONICS アセンションハーモニクス
/ Jonathan Goldman

意識に変容を与えてくれる作品を作るジョナサン・ゴールドマンの作品。オーバートーン(倍音)、チベタンベルやチベタンボール等の私たちの意識へと共鳴さ せるサウンドが印象的な作品です。アセンションとは次元上昇と呼ばれ2012年にそのピークを迎えると様々なソースで言われていますが、私たちの肉体の周波数が高まる、つまりは葛藤や迷い等が無い純粋な状態となるイベント。このサウンドは、深い瞑想状態へと誘い、私たちの中にある葛藤をリリースさせるよう に感じます。是非、ヘッドフォンで聞いてみてください。
ジョナサン・ゴールドマンの意図としては、ハートから上のチャクラを活性化させるサウンドとのことです

emergence 2012
/ Alex Theory Daniel pinchbeck

南米のシャーマンの世界を体現している作品のようにも感じる作品で、まさに「向こう側」の世界、タイムラインを超えたところに存在する世界、多次元的世界 への融合を音の世界で表しているような作品のように感じました。2012年12月20日でマヤの暦が終わり次のサイクルへと入るという見方があり、諸説 様々ありますが、個人的には物質的な世界から、精神的な世界、分離の世界から統合の世界へと移り変わるピークのタイミングではないかと感じています。いず れにしても、この作品はマヤの暦で活用されているツォルキンという概念を導入し、周波数をツォルキンに変換して精妙に作られています。2012年のイベン トには人々の恐れから生まれる説もありますが、作者の一人Alexは恐れから決して作ってはおらず、私たちの呼吸が吸う息から吐く息、吐く息から吸う息へ と自然に変わるような、2012年への移行をヘルプし、しっかりとセンタリングできるような意図を込めて作られているアルバムです。マヤの暦、シャーマ ン、2012年のシフト等に興味ある方に特におすすめしたい一枚です。

 

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - ワールドブルーチャンネル, 映像・動画

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ワールドブルーチャンネル Vol.4「リモートビューイングの可能性」

2010年9月25日26日に行ったゲリーボーネル氏との共同開発プログラム「リモートビューイングワークショップ」に参加いただいた方々のご感想を元にRVの可能性や意図をご説明。そして、毎度お馴染みのお葉書 …

no image
世界で音楽

世界の各地で音を重ねて一つの作品を作っています。僕も今年はこのような作品を作りたいなぁと思っています。今フィンランドで作った作品を編集中。間もなく公開予定です。 The following two t …

no image
コネクション

人と人との繋がり、もっと言えば魂と魂の繋がりはこの世界では切ることができません。極端な話、1人で山に篭ったとしても無理です。どんな環境にいても、私たちは意識的にも無意識的にも他の人々と繋がっているもの …

no image
ワールドブルーチャンネル Vol.3「八景島プレイショップ」

9月4日(土)5日(日)の2日間、八景島シーパラダイスにてイルカと泳ぐプレイショップを行いました。実際にシロイルカやバンドウイルカ・クジラと触れ合い、葛藤やブロックをリリースしたり、本来の自分と繋がっ …

no image
イルカと猫

動物たちの世界は調和が保たれていて、人間が持っている思い込みや先入観、葛藤などアンバランスなものを存在させることができません。調和された状態、バランスが取れた状態というのを自然界から私たちは気付かされ …

no image
イリュージョン

ゲリーに紹介してもらったフランスのJerome Muratによるとても美しくエレガントで面白いイリュージョン作品です。このようなイリュージョンは見るだけで何かワクワクしますよね。きっと意識のどこかで毎 …

オススメ映画「キサラギ」から分かる人との繋がり

僕のオススメ映画の一つが日本映画の「キサラギ」です。もう30回以上は観ているんじゃないかなぁ、という程何度も観ています。 元々は舞台だったものを映画化した作品で、密室コメディドラマです。展開も早くて、 …

no image
動画で紹介。アウェイクニングプログラム概要+体験談

いよいよ8月1日からワールドブルーアウェイクニングプログラムの第二期がスタートします。公開が少し遅くなりましたが、アウェイクニングプログラムの 概要と、プレプログラムで創造の源を体験した空間プロデュー …

no image
イルカのアイデア

フロリダのバンドウイルカが考えた捕食方法。一匹のメスイルカが作り出す泥によって作られたリング。その中に集まる魚を群れで捕食するという斬新でありアート的でもありますね。 The following tw …

no image
イノセントの中に

子供の中に私たちが本来持っている葛藤の無い無邪気さ(イノセント)を見ることができます。そんなイノセントな部分は全ての人の中に存在していて常にこの瞬間にあります。それを隠しているのが葛藤です。 子供たち …