豊かな正夢を見るために

Dream Scape

ある意味、全ての夢は正夢と捉える事ができると感じています。

私達は寝ている間、様々なタイムラインや領域へと旅をしています。その領域はここと同様にリアルです。多次元的な領域です。過去や未来というタイムラインやアストラルと呼ばれる領域などまで意識が拡大しています。

そして、朝起きた時、拡大していた意識はこの現実へとフォーカスして、「夢」として認識します。そして、現実の体が行ってきた体験や記憶が夢での体験の内容を歪ませ、分かりやすい内容へとすり替わります。その時に体が協力的になっていると夢の歪みは小さくなり、そのままを覚えていられます。一般的な正夢とは、まさにこの夢で、体の危険を回避したり、何らかの問題などの解決策として見たりします。

より豊かな正夢を体感する、つまりは危険回避以外で正夢を体験するためのヒントとして、まずは日常的に体を安心させてあげたり、不安や葛藤をリリースすることがポイントです。日々のエクササイズも有効ですし、クリエイティブな活動も効果的。体が不安がっていたり心配した状態であると、夢の内容も不安や心配な面から解釈をしたり、正夢も危険回避のみにしか使えません。

意識がここだけでなく、多次元的に拡大していることに気付けば夢が正夢や明晰夢になるなど、体験が豊かになってきます。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください